fc2ブログ

うづらのたまご

2022年11月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2023年01月

ソフトクリームと月と音楽と

おつかれっしたっ


どれにしよう
キャラキャラとした曲の始まり
ボーカルとマンドリンの融合が
たまらない
『Oh ! ベンガル・ガール』は外せない
昼休みに作った
このプレイリストには
『大切な人』
が入っているんだから
絶対これ
ソフトクリームを買って
イヤフォン装着
外に出たら月が笑ってて



2022120618283994c.jpeg

さーてバス停ふたつ歩こう
日記 | Comments(-) | Trackbacks(-)

しつけ

出勤途中ー
20221207175730870.jpeg


毎日見てると 正確に言えば視界に存在している
案外変化に気づかぬもので
昨年の健康診断から
勝手に12Kg育っていたらしい世帯主 いつの間になにを食ってるのかゆーてみそ
家族のキビシイ眼差しよりもなによりも
会社で有無を言わさず連行される保健指導が辛いらしく あははは
心機一転
スポーツジムに入会したそうな *スイミングクラブは1回で行かなくなった前科者
いいだろう
いいココロガケだ


仕事帰りー
2022120717281536d.jpeg


2日目、今日は行ってきたの?
「行った」

晩ごはんはさ、『スポーツジムに行った日は食べていい』にしたら?
「それって、しつけ?」 by 世帯主

しつかんないからそうなっとるんじゃろーココロノツブヤキ
日記 | Comments(-) | Trackbacks(-)

monmon

身体が真っ白で
顔の真ん中が濃いい色の
成猫と2匹の子猫がおりましてんな
うちの坂の上の上
てっぺんにある駐車場に
めーんこい猫が3匹おりましてん
日向ぼっこ的空模様ではないし
ちょっとこの荷物置いて
大きめの空リュック背負って
見に行ってみようかな


「それきっとシャムネコ。
『猫探しています』の貼り紙だらけになったらどうするの。
やめてね(´・_・`)」
 by 大1娘

行かないもんもん
日記 | Comments(-) | Trackbacks(-)

釜利谷珈琲店

『ナポリタンが自慢』的
幟を目にした行きの道

駅に向かって帰り道
ぺっこぺこなお腹

さっきの場所で
はためいていた幟


これっしょ
20221204155734179.jpeg
かーーー


案内されたカウンター
「フライパンの油がはねたから、テーブル拭いてあげて」

きれいなテーブルに着いて
いただくビールは美味しくて


ランチのサラダ&コーヒーゼリー
20221204155742de7.jpeg


店内全体を見渡して
的確な指示を出す店主さん

決して威圧的でない
言葉と伝えかた

ほんのすこし間違うと
殺伐としてしまうであろう空間

店主さんとスタッフさんの対応で
溢れるお客さんたちの笑顔


ナポリタン
20221204155751536.jpeg
これは濃厚でうまし


コーヒー
202212041558001c3.jpeg
目の前で淹れてくださってた


「『いつ休んでるんですか』って、通りがかりの女子高生に聞かれちゃってさ。
朝も晩も、その子通るたびオレいるんだろうね」 by 店主さんがゆーてた


釜利谷珈琲店
20221204155809888.jpeg
おいしかったー


ごちそうさまでした、また。
ちょっとそこまで | Comments(-) | Trackbacks(-)

『鎌倉殿の信任あつかった畠山重忠』

金沢文庫駅集合
20221204162815f58.jpeg
9:00くらい


今日はクリバヤシガイドさん&10名でGO!てくてくてくてくてくてくててくてくてくてく


人工の『宮川』
20221204162832d1a.jpeg
『宿広場』前 海だった船着き場の名残なんじゃと


手子神社
20221204162851ab2.jpeg
1473年釜利谷の領主であった伊丹左京亮が、瀬戸神社の御分霊を宮ケ谷の地に勧請した・伝


手子神社拝殿
202212041629077a8.jpeg
朱塗りだっちゃ


「かあちゃーん」
2022120416292312b.jpeg


千尋の谷から這い上がる子とじっと待つ親という、珍しい狛犬


「こっちだよ」
20221204162931b39.jpeg


釜利谷地区センターでちょい休憩


かなくそ
20221204162952449.jpeg
『たたら』といわれた釜で、鉄を製錬するときに出たカスが固まったもの
重忠は、秩父地方から釜利谷に鉄職人集団を連れてきたと言われてるんだそうな
良質の鉄は武器、その他は農具になったとか ほおお



ああー鯉♪
202212041630122cf.jpeg


釜利谷小川アメニティ てくてくてくてくてくてくててくてくてくてく
20221204163040a3b.jpeg
繁るクレソン


竹嵓山禅林寺
20221204163112f4d.jpeg
ちりひとつない見事な手入れにどでんした


畠山重忠の嫡男重保は、禅林寺の境外墓地に祀られているんじゃと
20221204163100594.jpeg


え?これにも意味が?
20221204163126098.jpeg
「これは、『ハ・マ』という文字をデザインしたんだそうです」  
知らんかったー、何年住んでんねん横浜に


「真っ赤な紅葉も見事ですが、色のグラデーションを楽しんでください。赤いところまで冷気がきたんだな、って」
2022120416313644c.jpeg
なるほどー


六郎橋
20221204163156f22.jpeg


漂う畠山六郎重保感


白山道六郎ケ谷ろくろうがやつ公園
20221204163209256.jpeg
「『谷』を『やつ』と読むのは、鎌倉周辺の特徴のようですね」


畠山六郎重保公廟所 畠山重忠公ご子息
20221204163226802.jpeg
こちらの下で


てくてくてくてくてくてくててくてくてくてく


「『鎌倉殿の13人』では、中川大志さんという私によく似た俳優さんが素晴らしかったですね。
畠山重忠公の供養塔があるのがこちら」
あははははは おもいっきし笑ってしもたよ


畠山庄司次郎重忠公 供養塔
20221204163243d72.jpeg
いいお寺さんで


白山東光禅寺
20221204163300ec4.jpeg
畠山重忠公の御位牌があるのです


法事中
20221204163317090.jpeg


まだお若いご住職
法事の合間に我々のため
あちらこちらと急ぎ足
お寺の歴史と
畠山公のお話を
現代的表現で分かりやすく説明
『鎌倉殿の13人』をこよなく愛するあまり
「20回は観ました、妻が呆れてました」と
あの、
畠山公の首桶を携え北条時政に詰め寄る
小栗小四郎の泣ける長台詞
完璧に再現されちゃあ
本堂拍手喝采ですわ 小四郎にしか見えんかったとです ブラボーっす


本堂大天井
20221204163333d55.jpeg
日本画僧海豪法師


あー楽しかったー てくてくてくてくてくてくててくてくてくてく


「桜は『向水性』『向地性』の植物なんですね。こんなに枝が下がってくる木なんてないでしょう」
20221204163344f57.jpeg
て、行きに教えていただいた


調べればワカルことではなくて、
そのひとだから知ってることを教えて頂けるのが楽しいのっさ


とかおもった、NPO法人横濱シティガイド協会の皆様、ありがとうございました。
ちょっとそこまで | Comments(-) | Trackbacks(-)

スワッグ・三冬月

いつからだろう
駅前スーパーで
クリスマスとお正月の商品が
一緒に陳列されるように
なっちゃったのは




とか考えながら
202212042220518a0.jpeg
道路側から
つくる | Comments(-) | Trackbacks(-)

南京亭

庭にやってくる
猫の話をする先生
困った風だけど
お世話してる様子はとても楽しそう

かの国の困ったひとびとの話
「みんながみんなじゃないんだろうけどね」 by 先生
ふたりで納得
馴染みの漢方薬を処方していただく



てくてくてくてくてくてくててくてくてくてくてくてくてくてくてくてくててくてくてくてく
てくてくてくてくてくてくててくてくてくてくてくてくてくてくてくてくててくてくてくてく
おーなーかーすいたー




ラーメン
20221202220356566.jpeg
ずぞっ すこしにんにくの風味が うましー


通りがかると必ずと言っていいほど
長い行列
遠目に観ながら
「なにがおいしいお店なんだろう」
ずいぶんと昔からある
今風に表現するなら
『町中華』屋さん
珍しく行列なし
行っちゃう?
行っちゃうっしょ
調理場がガラス張りになった
ながーいカウンターと
テーブル席がいくつか
このお店を有名にしたのは
サンマーメンなのだと
知ってはいたけど
一目見て諦めた
たぶん、食べきれない


南京亭さん
20221202220407658.jpeg
誰かを連れてきて取り分けて食べる案次回採用



てくてくてくてくてくてくててくてくてくてくてくてくてくてくてくてくててくてくてくてく
てくてくてくてくてくてくててくてくてくてくてくてくてくてくてくてくててくてくてくてく



いちょうが
202212022204182ae.jpeg


駅の階段下りたら
20221202220432e20.jpeg
こんにちは
ちょっとそこまで | Comments(-) | Trackbacks(-)

指のり文鳥

「ふっふっふっふっ(´・_・`)」 by 大1娘
おかいりー


「じゃーん(´・_・`)」
202211302158453b8.jpeg
やめてーかわいすぎるーやめれーどこで見つけたの?


昨日のことじゃった


「ふっふっふっふっ(´・_・`)」 by 大1娘
おかいりー


「じゃあああああん(´・_・`)」 増えてる首傾げ文鳥
202212042242182d3.jpeg
あきゃー


今日文鳥のがちゃがちゃしに駅前スーパーまで行ったのに、何しに来たのか忘れて、普通に買い物してきちゃったの思いだした件
日記 | Comments(-) | Trackbacks(-)

家系総本山 吉村家

「『時雨』は食ったことあったわ、コレットマーレに入ってるしょ」 by 大陶器市に合流した息子氏
『鶏喰』は食べたことなかったよね

「じゃあ鶏喰に行くか」
がしかし、我々はいつかあの店に行かねばならないよね

「あそこか」
宿題だよな

「ちょっと、前通ってみて決めるか」
そうだな


即決
20221130220459fe5.jpeg
けらけら


いつ見ても大行列
「並んでみようかな」
そんなきもちが木端微塵になるほどの
大行列
が、しかし
今日に限って
今に限って
「いけんじゃね?」的小行列 一瞬のタイミングや
店内、店外
上手に回す司令塔的
感じのいいお兄さん
「はい、ではここまでの方おはいりください」
ぞろぞろと一列に並んで入場する様は
卒業式的イメージ
そこはかとない緊張に支配され
右手右足一緒に行進しそうじゃあーりませんか
カウンターから見る
それぞれの仕事の役割に
やたらわくわく
なにこの楽しい感じ


ラーメン+味玉
202211302205095dd.jpeg
脂少なめ


家系総本山 吉村家さん
20221130220519264.jpeg


くっそー、悔しいけどおいしかったよう しくしく なんで悔しいのかわからないよう


吉村家はラーメン界のテーマパークだっ‼ *極個人の感想につき
ちょっとそこまで | Comments(-) | Trackbacks(-)

大陶器市

『瞑想』
20221130220253644.jpeg
オーギュスト・ロダン


大通り公園 大陶器市
202211302203387eb.jpeg


さあさあやってまいりました
大陶器市
ずらり立ち並ぶお店から
探し出すは
割ってしまったお気に入りの
千鳥が描かれた蕎麦猪口ひとつ
GO!


端っこのお店から
20221130220304b2e.jpeg


ないないないないないないないないないない
ここにもない
ないないないないないないないないないない
ここにも売ってない
ないないないないないないないないないない
ないー
ないないないないないないないないないない
あー
ない
ないないないないないないないないないない
ないかー
ネットで探したほうがよかったかー
ごそごそごそごそごそ
ん?
え、
これ
あのっ
あのっ
これください

「このコーナー3つで1000円ですけど?」 by お店のおにーさん

ひとつでは?
「440円です」

ひとつで


うえーい
20221130220316e35.jpeg
この千鳥は1個しか見つけられなかったとです 赤いのは波佐見焼
日記 | Comments(-) | Trackbacks(-)