うづらのたまご

2017年07月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2017年09月
TOP ≫ CATEGORY ≫ ちょっとそこまで
CATEGORY ≫ ちょっとそこまで
       次ページ ≫

『cheese cafe』

なんか肌つやつやしてね?
「そりゃそうさ」 by 先月退職した 元相方

やっぱ解放感ってやつ?
「コラーゲン飲んできたからさ」

早くね?効果、早くね?即効性半端なくね?
「昨日の夜に飲んださ」

昨日にしたってあーた 即効性すげくね?


先月退職した元相方の送別会パートⅡ。パートⅢまで予定されとるんじゃよ 『親分』だったから
『送別会前にちょいと茶ーでもしばこうぜ』的、早めに待ち合わせ。

キャラメルなんちゃら
相方の


どう、ゆっくりしてる?
「それがさあ」

うん。 コーヒーずずず
「犬がおしっこ漏らすようになっちゃてさ」

え、何歳だっけ。
「7歳。こっち見て変な顔してるから見に行ったら、失敗しててさ」

夜も?
「あたしにお尻くっつけて寝るのさ、犬。
寝てたらさあ、あたしの脇の下から変なにおいがしてきてさ。
パジャマびしょびしょになっててさ。
おねしょしちゃうんだよね」


今までそんなことなかったのにね。
「今日ここ来る前に病院行って相談してきたさ。
避妊手術の後遺症か、ホルモンバランスの乱れかなーって。
ホルモンバランスの乱れって他人事じゃなくてさ。
『あんたもかい』ってかわいそうになっちゃった」

え、じゃあ『夢の朝寝』は?
「今までどうり5時起床 しくしく」

今までどうりかい。
「しょっちゅうトイレに連れてって。失敗するとシャンプーして。なんか仕事倍増した気がする」

神様お願い 元相方に穏やかな日々を 3日くらい いや1日でいっか




『cheese cafe』 さん
7人でお邪魔ー

ビール


サラダ


チーズフォンデュ
初めて食べたかも


私服での会話は
ちょっと照れ臭い気がしたけれど
約1か月ぶりに会った相方は
少し頬がふっくらとして
でもあのままの相方だった
ちょっとそこまで | Comments(-) | Trackbacks(-)

『マツザキ商店』

Tシャツが欲しくて
仕事の帰りに何度か足を運んだのだけれど
毎回ぴったりと閉まっているシャッター。
こんなことはよくあることなのだけれど あたし的人生の中では
Tシャツがやっぱり欲しくって。
ネット検索ぐるぐるぐる。

えー引っ越ししちゃうの
あの場所便利だったんだけどな
ちょ待てよ


数度しかお会いしたことはないけれど
実に気さくで誠実なお人柄。
人柄そのままのブログに綴られた
引っ越し先のDIYジジョーは
なんちゃらリホームという
これまたお気に入り番組の如く。
毎日の進展具合にわくわく。


『マツザキ商店』さん
ミリタリーウェア・ミリタリー雑貨・ワークウェアのお店


わー
踏みそうになってしもたよ


あ、前のお店の看板だ
あ、これブログに載ってた
カウンターかっけー

内装ガン見。


ちゃうちゃうTシャツTシャツ
あ、ここ。
平積みにされた
それでも几帳面なTシャツたちの山。
1枚1枚そーっとめくる。
めくるめくるめくるめくるめくるめくるめくるめくる・・・・・延々えんえん。

大1息子とブーツ物色
あーでもなーこーでもなー なんちゃらかんんちゃらなんちゃらかんちゃら。
「すみません、お構いもしませんで」
by 店長さん いや店長さんは店の前にいる亀ではナカッタカ
こんな感じー、お伝えしーのあちゃこちゃ試着させていただきーの
「ちょっとお待ちください。あっちの段ボールの中見てみます。
あ、これどうですか」

かーらーの、大1息子即決。

あの、実はですね。
ブログ拝見していたのですが。
引っ越し作業が実に大変そうなときに
ネットでTシャツを注文してしまいまして。
申し訳ありませんでした。てへぺろ
「あ、『Blue Angels』のですか?」
はいーごめんちゃい。 よく覚えていらっしゃる




Tシャツと一緒に入っていたのは
感謝と気遣いの言葉で埋め尽くされた
黄色いメッセージカード。

ハハも買ってしもたよ
ブーツの季節がマチドオシイ

「次行くとき、また誘って」
帰り道、大1息子が言った。
なんか買うてくれるんかのう
ちょっとそこまで | Comments(-) | Trackbacks(-)

『Nostalgia』

初めてオダさんに会ったのは
友人の誘いで覗いた
商店街プロレス
緑色のニューバランスが
なぜかとても印象的
二部制の試合の合間
小一時間ほどの休憩時間
プロレスつながりの4人の輪の中に
プロレスのことはよくワカラナイけれど
ちまっとお邪魔
なんとも言えない居心地のよさを
居酒屋で感じ
今年も同じような時間を共有したワケで
人懐っこい笑顔で
実に軽やかにツッコミをかわす
このひとの世界を観てみたく


ネオゼネレイタープロジェクト2017 『Nostalgia』 ~あなたがいないあの場所で~
15016340490.jpeg

うち捨てられた都市の片隅にある、廃墟となった図書館。
失踪した男を探す人々が辿りついたその『場所』には、一組の姉妹と不可思議な人々が住んでいた。

作・演出  大西一郎さん
出演    猪俣俊明さん 右門青寿さん 瑛蓮さん 織田裕之さん 芝崎知花子さん
      槁本真実さん 畑中葉子さん 松岡洋子さん 吉田寛さん 渡辺克己さん(五十音順)        


下北沢 『劇』 小劇場


『好き』だけでは生きてはいけないのかもしれないけれど
『好き』の力は断然人生を彩る




夜は家族各々いつもの中華屋さんに集合ー。

なに食べる?

「いつもの」 by 大1息子

『天津飯セット』ね。

「一度も食ったことねーし」

ちゃんと聞いてるもんだな




下北名物『みそパン』
アンジェリカさん7月31日で閉店につき食べ納め

横浜頂食堂

あそっか
こういう場合は、こっちから連絡したほうがいいに決まってる
「息子大学進学で家出てった」
LINEくれて去年一緒に昼ごはん食べたんだった


「そろそろ遊ぼー。なんとか大学生になったよ」 サイトーさんにLINEを送ったのは6月29日。


『横浜頂食堂』さん



『10食限定! 週替わり なないろGOZEN』 んなななこの『頂』感 はんぱねー

マグロハラミの煮付け 自家製鶏つくね 葉山産ゴールドラッシュごはん 葉山産カボチャの冷製ポタージュ 地野菜バーニャカウダ 
地魚と地野菜の蒸しあげ 玉葱と人参のグリル 地野菜テリーヌ 三浦地卵のクリームブリュレ


「元気だった?」 by サイトーさん
うん。どうも今年はずっとうねっている気がする。

「あたしも。どうも『大殺界』らしいんだ」
あ、あたしも。もぐもぐ うましー

「もしかして『金星人マイナス』?」
うん。 もぐもぐ うましー

「同じなんだ。なんか色々続くとつい読んじゃうね、占い系」
だね、12年前もうねってて『大殺界』って書いてあって、納得した。

「大殺界だから『じっとしてなさい』って書いてあったのに引っ越す自分」
あはは。 もぐもぐ

「引っ越すとどんなことが起こるんだろうとか、ちょっとワクワクしてる自分」
あはは。 もぐもぐ

「なんか『キンキ』の催しがあるらしくって、おばさんいっぱいいたよ」
ジャニーズ好きなひと多いもんね。辞めちゃったけど、職場の相方『相葉クン』好きだったよ。

「『相葉クン』って年上女性からすごい人気だもんね」
そうなんだ。 もぐもぐ

「あたしなら『ニノ』かな」
同じだ。 もぐもぐ

「ちょっと面倒くさそうな感じがいい、LINEとか来ても『すぐ読まないぞ』的な。
『そっちがそうならこっちだって読まないぞ』的な。
でもなんかちょっと気になっちゃったりなんかして、悶々としちゃうみたいな。
意外と乙女な自分」 *ごくごく小市民の個人的見解につき

どМだな。あはは


あ、セミだ



「おいしかったね、どっかで飲む?」
夕方スクーター乗るかもだからやめとくわ。

「じゃ、コーヒー行こ」
うん。

「休みの日はちょっと東京通っててさ。うん、勉強。
今のままでも別に働けないことはないんだけど、専門的知識深めたいとおもって」


一年くらい会わなくても全然フツー。
どちらかの気が向いて、会いたい気分が合致したとき時間を共有。
『好きなこと』というよりは『好きではないこと』が似通って。
こんなサイトーさんとの、1対1の友人関係は実にありがたく。

「各々、行きたいとこ探しておいて、次は遊び行こ」
OK。
で、解散。





「楽しかった。方程式がわかった。通いたい。(´・_・`)」
目力きらーん by 中2娘

できなくてもそんなに困ることはないよ。
方程式なんて大人になったら使わないかもしれない。
かあさんは使ってない。
でも、やらないで諦めてしまうのはちょっともったいない気がするんだ。
今日は、数学を勉強しに行くのではないよ。
どんな先生か会いに行ってごらん。
『自分には合わないな』とおもったら、それから考えよう。塾までご案内

気乗りしない風(´・_・`)『体験入塾』

「あのね、すんごくわかりやすかった。
『なんだ、できるんじゃん』だって。
『ひとつひとつ丁寧に計算するのがあなたのいいところ』って言われた。
間違っても怒られない。
とうさんだと間違うと『ああん?』って顔される。
『ここ通えばすぐにできるようになるよ』って、これは宣伝だなとおもった。あはははは
あの先生好き。
ここで頑張りたい(´・_・`)」


スクーターをやめたワケは
お行儀は悪いけれど ふたりで歩きながらつつく ソフトクリーム
ちょっとそこまで | Comments(-) | Trackbacks(-)

『VEGTABLE』

さあ、仕事仕事。

おはよう、とちのき
14986282080.jpeg




もうすぐ退職相方と
気が合う同僚4人で
『VEGTABLE』さん
待っているのは

「ごめんなさい、遅くなって」
来た来た
元同僚『いつでもどこでも誰にでも物申す年下女子』
到着

資格取得のため
社会人枠で受験
見事合格
4月から花の女子学生

「勉強がすっごく大変で
レポートに追われてます
A判定もらったの
みんなに教えなくっちゃと思って」

「明日テストがあるんだけど
今日は絶対行くんだって
クラスメイトに言ったら
『ねーさんヨユーっすね』って言われたけど大丈夫」


相変わらずの飲みっぷり
14986282340.jpeg
ボトルは夏休みにな


『VEGTABLE』さん
14986282500.jpeg
からの景色


「いやー
今になってやっとわかったワケです
わたしはすごいひとたちと仕事をしていたんだなって」
「今か」 4人同時 あはは


デザート しか写真撮ってナカッタヨ
14986282650.jpeg
食べていいよ
「わーい」


短く切りそろえられた爪
ハイヒールはスニーカーに
「またねー」
ずんずん歩く背中のリュックサックが
やたらまぶしくて

四捨五入

今日は仕事?写経に行くけど。 
「行きたーい。何時出発?」 by 我が家から100歩ほど坂の下の住人 ゆみちゃん


「途中で気持ちよくなっちゃって。あちゃこちゃ点々になっちゃったー」 by ゆみちゃん

あはは、あたしお腹空いちゃってぐーぐー鳴ってた


「すっきりしたー」 by ゆみちゃん
うん


「『本日に限り再入場できます』って書いてある。すごいひとだもんね」 by ゆみちゃん
『あじさい路』の整理番号『407番』だ。

「なんか食べてから戻ってこようか」
うん。

「ねね、ここいいんじゃない。日替わり弁当だって」
あ、おいしそ。



『スエ亭』さん
『本日のスエ弁』750円 
豚肉と真竹のオイスター炒め 人参ときのこのナムル オクラとエリンギの黒胡麻よごし 
ナス・厚揚げ・しいたけの煮物・赤カブの酢づけ・ふかし芋 きゅうり ごはん 卵やき


「座ってるだけで毎日こういうの出てくるといいのに」 by ゆみちゃん
あはは、だあねー。なんか思いついた『四字熟語』←この『どこでもドア』的妙技反復練習中につき言ってみ。

「四捨五入」
あはははは。

「次男、高校で軽音部入って、ドラムやることになった。なんか楽しそうなんだ毎日」
よかったね、いいなあドラム。



なんか長谷寺の観音様っていつも『ぬーん』って見える
「すこしお太りになられたんじゃない?」 by ゆみちゃん
あははは



息子が使ってたの切れたの、持ってきた
「身代わりになってくれたんだね」 by ゆみちゃん



なんか『あじさい路』すごいことになってる
「うちのあじさい見るからいいや」 by ゆみちゃん
あははは



「はい、これ(´・_・`)中2娘に」
わー喜ぶありがとう


巣鴨行ったときより顔色よかったのは『四捨五入』したからか

右端最後列
この席が
いちばん

葉の形の小匙
二杯とすこし
硯に水

しゅいしゅいしゅい
広がる墨香
伸びる背筋

墨の後を追うように
一瞬生まれる
硯に線

一画目のはらい
墨を含んだ穂先を
ただそこだけに







14986221290.jpeg

『リトルアジア』

へい仕事だぜ。


おはよーとちのき どどーーん

なんか写真を サム寝入る 『さむねいる』というのにするの忘れていたらしい まいっか


昼飯食おーぜ会 もうすぐ退職相方&おいら


『リトルアジア』さん
14983149930.jpeg
ランチ 2種類カレーセット 『ナン』お食い初め うましー


「こないださー、友達が なんちゃらかんちゃらなんちゃらかんちゃら・・・」 by 相方

それって、
あーたが『酸辣湯』飲んでむせてる時に電話かけてきて
「水飲んだコップ見たら欠けてて、もしかしたら破片飲んじゃったかもしれないんだけどどうしよう」
って言われて
「病院行ったほうがいいんじゃね?」
って電話切って
「酸辣湯であたしのが死にそうだったのに」って、朝一であたしに言った友達?

「そうそうその子。そんなことあったね。それいつの話?」
仕事始めて5日目くらいかな。 約4年前

「ふーん。こないださ」
うん。もぐもぐ

「家の猟犬がさ鼻血出しててびっくりしてさ」
犬が鼻血・・・うん。もぐもぐ

「いつも世話してる義理の妹が猟犬羽交い絞めにして、軽トラックで病院行ったさ」
羽交い絞めにされる猟犬・・・うん。もぐもぐ

「犬の鼻血って初めて見たさ」
うん、見たことないね。あーたが鼻血出してるのは見たことあるけど。もぐもぐ

「うそ」
ほんと。もぐもぐ

「いつ?」

んー、仕事始めて2日目んとき。
てんてこまいまいの日でさ。
こっちかたで仕事してたら
あーた向こうの仕事終わして手洗いに来たんじゃないのかな。
鼻の下なんだろとおもったら鼻血でさ。
「あの『鼻血』出てます」って言ったらさ
「ああん?」って鏡の前行ってティッシュ丸めて鼻に突っ込んで
そのまま仕事再開してさ。
どえらいとこに来ちゃったな っておもったさ。

「えー、そんなことあった?」
うん。

「よく覚えてるね」
忘れたくても忘れられない。もっと大事なことに脳みそを使うべきではなかろうか。脳みその無駄遣い甚だしい。もぐもぐ
なんでもいいから『四字熟語』言ってみ。

「『馬耳東風』かな」
あはははは。




「ズッキーニ好きでしょ」 by 相方
覚えててくれたんだ わーいありがとう


そっこー『ピクルス』
14983150600.jpeg
楽しみー

商店街プロレスⅢ

今日の予定は?
「何もない」by 世帯主 ココロノナカ限定よーしよしよしよしムツゴロウさん風

じゃあプロレス行ってくるー。
「かあさんプロレスやる(´・_・`)?」 by 中2娘

見る方見る方。




『6月3日プロレス開催です。観覧希望します』
友人からメールが来たのは5月5日。
1年ぶりの『商店街プロレス』


キクタ選手に恋い焦がれていた友人。
キクタ選手の前では、いつものちゃきちゃきキャラとは別物完全乙女
だったのにだったのに。
育てても育ててもなかなか芽が出ないじれったさからか。
あの憧れだったキクタ選手を前に完全おかんモードに変貌を遂げ。あはは


どの世界にも詳しいひとってのがいるもんで。
商店街プロレスの魅力について実に面白く語り。
これまた実に絶妙なタイミングで選手に声援。
初めて観た商店街プロレスですっかりファンになってしまった。 そっちかい
やぎさん めええ いやそっちでなくてな ハスキーボイス男性。
やぎさんの奥さん。
全身からなんとも不思議なオーラを放出男性オダさん。
昨年と同じメンバーで観戦。


第一部
ひえー 痛そー


ひょこひょこと現れたおばあちゃんに

「あ、どうぞどうぞ、オレたちそんなにプロレス好きじゃないんで」
by やぎさん&オダさん
場所を譲る男性陣ふたり。


「いいんですか?」
「嬉しいわあ」


「あなたプロレス好きなの?
そう。
私、力道山が大好きでね。
こないだ家の近くでプロレスやってるの観てね。
初めて観たのよ、本物のプロレスって。
あなた、何でここまで?
あ、同じね。
私も電車に乗らないといけないからどうしようかとおもったんだけど。
やっぱり観たいから来ちゃった。
だって、すごいじゃない本物ってやっぱり」


一部終了後 かんぱーい
『かもん』さん


「いーんだよ、オレ達はいつも観てるんだから。
こどもとかさ、お年寄りとかさ、観たことないひとに観てほしいんだよ。
だって、それが『商店街プロレス』じゃん」 by やぎさん めええではなくてな


昨年この場所で自称俳優的なことを言っていたオダさん。
いただいた名刺には『ワタリダロケット』なる劇団の主宰??
え、劇団の主宰?

「あ、劇団っつってもこいつひとりだから。『劇団ひとり』 みたいなもんだよ」 by やぎさん

え、『大橋トリオ』みたいな感じ?

「あはははは」×5人

すんごい仲良しやぎさん&オダさん


第二部



試合を終えた覆面レスラーさん。
パイプ椅子に座って観覧。
若いママさんの膝の上のちびっこが。
びっくりして泣きださないように。
様子を伺いながらそーっと接近。


つばめも子育てしながら
観戦中


耳を劈くゴング。
身体がぶつかり合う音。
次第に赤さを増す皮膚。
流れ落ちる汗。
観客の悲鳴、声援、笑い。
若者たちのやさしさ。
そして、たまたま隣合わせたおばあちゃんの嬉しそうな顔。



あたしが観た商店街プロレス。



さーて今晩は世帯主の好きなすき焼にしようかなー
我が家のゴングは明朝鳴り響く
はず

満願寺 ~結願

『衣笠城址』バス停下車。てくてくてくてくてくてくてくてくてくてくてくてくてくてくてくてくてくてくてくてくてく

あ、びわ
14958917300.jpeg
おいしそう


あとすこし。


あ、見っけ
14958917560.jpeg


「暑かったでしょう。まずはそこ座って冷たいお茶飲んで。今、氷入れたばっかりだから。お菓子も食べてね」
by ご住職

わーい、いただきます
14958917980.jpeg
ああ、おいしい


最初から決めていた。
『三浦不動尊霊場御開帳』のパンフレット
名前を見つけたときから
結願はこちらで。

3年前。
電車の中吊りで偶然見つけた『三浦三十三観音本開帳』
筋がね入りの方向音痴
へとへとでたどり着いたこのお寺。

ほわりとした笑顔のご住職。
「大変だったでしょう。はい、これご褒美」
渡されたのは
ぺこちゃんのぺろぺろキャンディーで。

「えー歩いて回ってるの、すごいね、僕なんかできないとおもうな」
ぼやきを挟みつつ
それでもなにかほわりと包みこむような
そんなご住職のお人柄。

手に取った一冊の本『無心のすすめ』 *無心=フレッシュマインドと訳されて
裏表紙裏に書いてくださったのは『無尽蔵』
おしつけがましくないその本は
いつでも手に取れる場所に。


ここで結願なの?
14958918210.jpeg
嬉しいこと言ってくれるじゃない さらさらさら 結願の証いただいちゃったよよよ ひゃー


岩戸山 『満願寺』
14958918480.jpeg
鎌倉時代創建、三浦一族ゆかりの寺で、佐原十郎義連公を開基とする。
不動明王はじめ、伝、運慶の仏像群は圧巻。


なんのお花かな
14958918910.jpeg


さわさわさわ
14958919100.jpeg


栴檀の香り
14958919720.jpeg


吹き抜ける風
14958919910.jpeg


ここから見える空
14958920180.jpeg


3年前と同じ場所に座って
あのときと同じ笑顔と噛み砕いたお話
そしてこの空間
居心地の良さはあの時のまま。

新しい本購入、裏表紙裏に『山中無暦日』
「さわりのない生き方がしたいなあ」 *いいことにもわるいことにもあまりとらわれない的
そうつぶやいた永井宗直ご住職。
言葉のオクリモノをココロに刻む。


14958920660.jpeg

ありがとうございました。

三浦不動尊霊場酉年大開帳 五日目

空、かっこーん。

行くしかないっしょ。
14958932600.jpeg



守護山 『玉蔵院』
14958932850.jpeg
良弁僧正の開基で、葉山最古の寺。
明治37年、歌人の若山牧水が療養のために一か月滞在。

御朱印いただきに引き戸がらがら。
ん?あれ?

あの、こちらのご住職でいらっしゃいますか?
「いえ、今日は結婚式があるとかで、留守番を頼まれまして。いつもは『仙光院』に」 by 黒縁めがねのお坊さん

やっぱり。昨日『浪子不動』への行き方を教えていただいた者です。あ、すんません、帽子ちら
「あ、本当だ」

びっくりー。なんとか、無事に着きました。
「よかったです。昨日とうって変わって暑いですね。今日も歩きですか?」

はいー。
「ここから先には、僕はもういませんよ」

あはははは。 いたりして



あ、富士山
14958933110.jpeg



R134ひたすらてくてくてくてくてくてくてくてくてくてくてくてくてくてくてくてくてくてくてくてくてくてくてくてく



海上山 『圓乗院』
14958933360.jpeg
正慶元年、朝賢僧正が開山。
諸病などの災い(業)を除去すると伝えられる『へちま加持』は、仲秋満月の日に執り行われる。

堂内たくさんのひと。
ご住職の前に並ぶ御朱印帖。



『立石不動院』
14958933580.jpeg
景勝地として有名な立石のほど近く。
境内には高さ6mほどの滝や、珍しい福徳神の宇賀弁財天などがある。

「はいはいはい、今日は特別ライトアップサービスですよ」by 元気なご婦人
あ、お不動様がよく見えて嬉しいです。

「ほかの日はやってませんよ、今日だけ特別サービスですからねー。なんちゃらかんちゃら
あははは、ありがとうございます。

「あ、そちらの紳士!ライトアップサービスですよーなんちゃらかんちゃら

御朱印お願い正座をしたら、椅子に座ったお接待のおばあちゃん
「ありゃ『口にまめ』できるねえ」ぼそ
あはは。



金剛山 『浄楽寺』
14958933840.jpeg
和田義盛が建立した阿弥陀堂を鎌倉光明寺の二世寂恵が中興。
運慶による仏像5体を所蔵。
『郵便の父』前島密の墓もある。

おばあちゃまと小学生のお孫さんかな。
おばあちゃまのお話、よく聞いていて感心なり。



あ、パン屋さん発見、おいしいそうだけどおにぎり持ってきちゃったからなー。
てくてくてくてくてくてくてくてくてくてくてくてくてくてくてくてくてくてくてくてくてくてくてくてく
だいぶ進みーの。
やっぱパン食べたい。
戻る途中、もうすこしでパン屋さんの信号のところで車の衝突事故かな。バンパー持った男性。
けがはなさそうだな。ちょいとよそ見した

「ごきりゅ」

左足首からすごい音 足挫いたともいう とととりあえずパパパン屋さん。



『芦名ベーカリー』さん
14958934130.jpeg
しらすピザ うましーぱくぱく

あれだよな
もしかしたら
さっきの左足方面の出来事は夢の中の話
ベンチに座ってしらすピザを食べてる間に
あら不思議
元総理ではなくてもとどうり


なワケないっしょ。
ちょいっっと立ってみーの、ちょいっっと歩いてみーの。
行けるかな、行ってみるか。


てくてくてくてくてくてくてくてくてくてくてくてくてくてくてくてくてくてくてくてくてくてくてくてく



降鏡山 『福本寺』
14958934390.jpeg
開基を清涼道心、開山を方誉岸了上人と伝えているが、明治26年の火災により古記録を焼失しているため、詳細不明。
檀家の役7割が福本姓なので、福本一族の氏寺として創立したと考えられる。

本堂、軍服姿の若者19人の写真。
そのうち、10枚が福本姓。
額に入った戦死を知らせる通知。
これを受け取ったのはどなたであったのか。
たったこの紙一枚で。



佐島ー
14958934810.jpeg


乱視すすんだかとおもった看板
14958935040.jpeg
あはは びっくりしたでござる



禅林山 『正住寺』
14958935250.jpeg
銀閣寺を建立した足利義政公を開基とする由緒正しき寺。
義政公の守り本尊と伝えられる。

気のよさそうなおじさま3人がお接待。みなさんものっそ早口

あの、ここ(横須賀市林)から『岩戸』まで歩いたらどのくらいかかりますか?
「あははははははは」 ×3人のおじさま

あはははははは もう一緒に笑っちゃえーい

やんわり説得していただき納得。 左足方面のジジョーもね
最寄りバス停への行き方説明してくださる。


お世話になったみなさま、ありがとうございました。

三浦不動尊霊場酉年大開帳 四日目

午前勤務。

おはよう、とちのき
14958945920.jpeg



かーらーのー

黄雲山 『延命寺』
14958946150.jpeg
奈良時代に行基菩薩が開基。
平安時代に弘法大師が立ち寄り、地蔵尊を安置する厨子を設け、以来一帯が『厨子(逗子)』と呼ばれるように。

お預けしておいた御朱印を受け取っているとき、聞き覚えのある声。
振り向くと、え?うそ?

あの、先日衣笠で一緒にバスに乗った方ではありませんか? *5月23日 日記
「え、やだー。今、このひと(同行されている女性)に、あなたの話をしていたところなのよ」

ウソみたーい。×3人

「きっとご縁なんですね」 by にこにこ延命寺の女性
今日の巡り方、地図にピンクのマーカー実に丁寧に教えてくださる。



『六代御前不動院』
14958946420.jpeg
平家最後の直系嫡子である六代御前。
平家一門が壇の浦の戦で滅びたとき、12歳ほどだった六代は幕府に捕らえられる。
伊豆に流されていた頃から源頼朝と親しい間柄であった、高尾山神護寺の法師文覚が、幼い六代を哀れにおもい、弟子にする条件で助命嘆願。
六代は名を『妙覚』と改め、仏道に入り静かに暮らしていた。
頼朝の滅後、謀叛の容疑で目前を流れる田越川のほとりで処刑。
その際、墓所に供養の為に建てられたお堂、別當は神武寺が務める。

「夏に祭礼があるので、よかったらいらしてください。琵琶の演奏もありますよ」by 対応してくださった3人の男性

『こどもは親を選んで生まれてくる』とは言うけれど。
まだ26歳。
抗うことのかなわなかった運命をおもう。

この景色 見えるのでしょうか 六代御前
14958946630.jpeg
やたら滲む



景政山 『長運寺』
14958946910.jpeg
大永年間に開山。
桓武平家の武士『鎌倉権五郎景政』供養の為に建立。

御朱印帖を持ったまま書かれるご住職初めて拝見、達筆なり。
お若く、仲睦まじいご住職ご夫妻。




14958947170.jpeg
ピンクのランドセル4個 賑やかな笑い声 抜きつ抜かれつ



長谷山 『仙光院』
14958947400.jpeg
永正年中、長覺阿闍梨が開基。
戦火や山火事により二度火災、現在の本堂は大正2年に再建。

あの、こちらから『浪子不動』はかなり歩きますか?
「そうですね、『長運寺』さんは行かれましたか?」 by 黒縁めがねのお若いご住職?かな?

あ、はい。
「では『延命寺』さんは?」

今日は延命寺さんから歩き始めまして、最後が『浪子不動』さんなのです。
「なるほど。えっと歩きでしたら1時間あればなんとか」

こここっからの1時間とな ココロノツブヤキ がんばります。

道順実に丁寧に教えてくださる。



5時までに間に合うかなー。てくてくてくてくてくてくてくてく
なんだろなー。てくてくてくてくてくてくてくてく
なんか急激にさみしくなってきちゃったなー。てくてくてくてくてくてくてくてく
あ、おなか空いたんだ。
コンビニお邪魔ー。
フランクフルトにチーズケーキ、あったかいコーヒー、うーん、炭酸どうしよう。 やっぱおなか空いてたらしい

くださーい。
「あ、くじ1枚ひけるのでどうぞ」 by にっこり店員さん

はーい、じゃあこれ。
「あ、『モンスターエナジー』が当たりました。何味がいいですか?」

あの、飲んだことないんですけど。
「私も飲んだことないんですけど、うちの高校生の息子テスト前とかに飲むと『効くー』って言ってます」

元気でるんですかね。
「どうなんでしょうね。でもなんか『効く』らしいんです。テスト前になると買ってくるように言われます」

今(16:00ころ)飲んで夜に元気出ちゃったら、テスト勉強しちゃいますかね。なんのテスト
「ぜひ、試してください。あははー

ふつーのチョイス
14958948980.jpeg
あはは テスト勉強したくないから ワンショルダーに


てくてくてくてくてくてくてくてくてくてくてくてくてくてくてくてくてくてくてくててくてくてくてくてくてくてく


14958949170.jpeg


てくてくてくてくてくてくてくてくてくてくてくてくてくてくてくてくてくてくてくてくてくてくてくてくてくてく



白瀧山 『浪子不動』
14958949650.jpeg
弘法大師が東国行脚の際、この地の岩窟に2尺余の不動明王を安置し開山。
小説『不如帰』の舞台となり、主人公の片岡浪子にあやかり『浪子不動』と呼ばれるように。

留守番を頼まれたという会社員風30代かなめがねの男性が対応してくださる。

「すみません、私あまり詳しくないんですけれど、こちらは天井の絵がすごいらしいんです」 by 男性
うわあああ。すごいですね、これ、写真はダメですよね。うわあああああ。

「ちょっと待ってくださいね、ご住職に電話して聞いてみます。あ、いいそうですよ」
ひえええ、いいんですか、ほんとにいいんですね。 ブログのっけていいか確認するのワスレタてへぺろ

はー
14958949430.jpeg
風 気持ちいー

ここから『花火』はよく見えるのでしょうか。
「はい。でも、天井のススがぱらぱら落ちてくるらしいです」

あははー。



今日は『逗子花火大会』の日
14958949830.jpeg
みんなわちゃわちゃ忙しそう


逗子海岸に向かう
おいしそうなものをいっぱい抱えたひとの波
逆行して駅に。

お世話になったみなさま、ありがとうございました。

三浦不動尊霊場酉年大開帳 三日目

空、かっこーん。

断然行くっしょ
14959004470.jpeg


高尾山 『長光寺』
14959004950.jpeg
戦国時代末期、現在の八王子に開山するも明治時代大火により焼失。
大正4年、高尾山薬王院の横須賀出張所として現在の地に。

蛙かな?鳴き声。
「次はどちらに?
『みさきまぐろ切符』をうまく利用している方が多いですよ。
あはは、僕は使ったことないんですけどね」 by ご住職
道順を実に丁寧に教えてくださる。
お接待の飴、ごちそうさまでした。


豊川山 『徳壽院』
14959005670.jpeg
成田山新勝寺の分霊所で、不動尊は成田山大聖不動明王。
古文書によると三浦義同により開基。

堂内、おじいちゃんおばあちゃんたちのあたたかなお接待。
淹れたてのお茶、パインアメごちそうさまでした。

東京から通って4日目か5日目 どっちだったかな 60代くらいのご夫婦。
帰りの下り階段、奥様を写真に収めるところ。
あ、すみません、よけますー。急いで階段下りようとしたら
「一緒に写ってー、旅の思い出だから」 by ご主人
奥様と一緒に写真撮影。ご夫婦を撮影して差し上げればヨカッタ あとで気づく


星谷山 『浄蓮寺』

ビデオ撮影になってて写真がないーしくしく

開祖浄蓮房日充聖人が法華経弘通の道場としても利用。
幕末には寺子屋も開いていた。

公郷学校跡 ここなの
14962889190.jpeg
ここなの しくしく


てくてくてくてくてくてくてくてくてくてくてくてくてくてくてくてくてくてくてくてくてくてくてくてくてくてくてくてくてくてくてくてくてくてくてくてくてくてくてくてくてくてく ほらきた


「あの、すみません『堀之内』の駅って」

「そこ」 by バイク屋さんか自転車屋さん前ふたりの紳士
『目と鼻の先』っつーか『目玉と睫毛の先』感満載 ちーん ありがとうございますー


放光山 『常福寺』
14959006030.jpeg
鎌倉光明寺の圓蓮社教譽上人が開創。

「あなた、両方(『薬師如来』『不動明王』)回ってるの?」 4人組高齢紳士
お不動さんですー。

「へー変わってるね」
あははー、そうですか?今年は酉年ですからー。


14959006530.jpeg

今日はしゃけおにぎりー
14959006760.jpeg
ああ、おなかが空いたよう ぱくぱく

14959006990.jpeg
『常福寺』さん浦賀の紺屋町 このへん歩いたよー


さあ、こっからが本番。
ここ最後にしないと、へろへろになってしまうからのう。
どどーん『武山』 200m登る
ではまいりますか、てくてくてくてくてくてくてくてく

後ろから軽トラック、端っこに避けたら

「お不動さんに来たの?」 by 軽トラック運転紳士
あ、はい。

「じゃあ乗って」
は?

「乗って乗って」
へ?

「御朱印の手伝いの休憩で、下行ってたの。
戻るとこだから乗って乗って」

えええええ。


「冬のほうが富士山きれいに見えるんだけど。
どうだろう、あ、すこし見えるね。
今日はね、朝5時に起きてここの道掃除したんだ。
お不動さんに来るひとたちいっぱいいるから。
やっぱりきれいなほうが気持ちいいもんね。
ここは昨日草を抜いたんだ、きれいでしょ。
55歳で定年退職してから20年、ずっとここの手伝いしてるの。
いやー若くないよ。
あ、そういうことか。
じゃあご利益ってことだな。
あはは、ズルじゃないよ。
これはご縁なんだよ。
あ、着いた、ゆっくりしてって。
じゃあ、帰り御朱印寄ってね」


龍塚山 『武山不動院』
14959007290.jpeg
応永4年、奈良東大寺の沙門、萬務大阿闍利が彫刻したのが現在の本尊。
天和3年、修験僧讃与見隋が山麓の横枕から現在の山頂に移安。

あのー、先ほどはありがとうございました。御朱印…

「あ、よかったらコーラ飲んで」
は?

「あ、ポテトも食べて」
へ?

「さっき4人分買ってきたんだけど、ひとり帰っちゃたから」
えええええ

「ここだと食べにくいか、じゃああそこで食べて」

あそこで食べるの図
14959007500.jpeg
あはははは もうおかしくって仕方ない

「せっかくだもんね、話ししよう」
軽トラ紳士、ベンチお隣に座って武山不動尊の解説してくださる。
ポテト&コーラいただきつつ。ふむふむ 図々しいにも程がある
その時、車で参拝にいらした一人の女性がお帰りになるもよう。

「よくここまで車で来ましたね」by 軽トラ紳士
「スマホのナビでなんとか来たんですけど。帰り、すれ違いの車があったらどうしようかと思って」 by 女性

「あ、今ね『このひと』下まで送ってくから、僕の後ついておいで」
は? 『このひと』=おいらでアッテル?

「もう手伝い終わったから、乗ってきな」
いえいえいえいえ、あとは下るだけですし。

「家バス停のほうだから、ついでだよ」
えええええ。

「なにかのご縁なんだから。
また遊びにいらっしゃい。
また会えるような気がするから、じゃあね」
右手ひらひらさせながら走り去る軽トラ紳士を見送るバス停前 ほんとにありがとうございましたー


こここの難関を上げ膳据え膳ちょと意味チガウカ、まさかのコーラ&ポテトつき。
笑いっぱなし。
今日はここが最後の予定だったけれど。


衣笠山 『大善寺』
14959007750.jpeg
行基が金峯蔵王権現と不動明王を祀り、その別当。
本尊の不動明王は、戦役で三浦為継を敵の矢から守ったと言われ『矢取不動』と呼ばれる。

「ありがたいことに檀家の皆さんからいただきものするでしょう。
うどんとかそうめんとか。
そういうのは手をつけるんじゃないって、家族に言ってあるんです。
東日本大震災あったでしょう。
ああいうときのために、とっておくべきなんです。
寺ってのはそういう役割もあるんです」


そんなご住職のお話。
お寺が大好きという70代くらいのご婦人と一緒に。
『衣笠城址』からご婦人の降車バス停『衣笠十字路』までお寺談義。
「では、お気をつけて」
そう言ってバスを降りて
見えなくなるまで手を振ってくれた。

お世話になったみなさま、ありがとうございました。

三浦不動尊霊場酉年大開帳 二日目

空かっこーん。


行くっしょ。
14949980740.jpeg


がしかし。
電車に乗って気づく。
今日は生協さんの配達日なのになのに。
次回の注文用紙ドアノブにかけてくるの忘れちゃったよ。
2時までに帰れるかなあ。


安戸山 『荘厳寺』
14949980950.jpeg
希少な胎籠不動明王像

ご住職不在。
先に来ていたふたりの女性、写真撮影忙しそう。


YRP野比駅で駅員さんに「あの」と声をかけたらすぐに「最宝寺ですね」
地図いただく。


あ、びわ
14949981190.jpeg
びわ好きー


ん?
14949981440.jpeg
『尻こすり坂』とな


五明山 『最宝寺』
14949981630.jpeg
後鳥羽天皇より薬師如来像を賜った源頼朝公が本尊として鎌倉に最宝寺を建立、その後野比に移転

法要の準備中
御朱印おふたりのご高齢紳士が対応してくださる。
「ここから久里浜まで結構歩きますか?」
聞いたなら
「結構歩くよー。野比駅のほうが近い。そこのスーパー前のバス停は久里浜行きバス通るけど、一時間に2本だけだからなー」
ありがとうございますー


え?え?
14949981900.jpeg
バス来たー乗っちゃうー ぐったいみーん


道端で『肺炎球菌』について熱く語るご高齢婦人おふたり。


真宝山 『宗圓寺』
14949982130.jpeg
浄土宗大本山鎌倉光明寺の末寺のひとつ


失明した武将が自らを慰め世の中の盲人を救うため、手探りで彫り上げたと伝えられる両面地蔵尊十尊。
眼病平癒の対象とされている。


亀養山 『長安寺』
14949982410.jpeg
久村村山の不動堂で祀られていた不動明王を現在地に移安した記録がある

御朱印待ち中、オカメインコちゃんびっくりさせてごめんね。
「道に迷って、道を知る」 嬉しいお言葉ー


御霊山 『正業寺』
14949982730.jpeg
光明院の教光法師が「この地に光輝くものが現れる」と告げた翌日、不動尊が出現していたと伝えられている


マックィーン
14949984650.jpeg
持ち主さんとこに帰れるといいね


バスを教えていただけて、生協さん間に合ったーー。
お世話になったみなさまありがとうございました

『くぬぎ屋』

はい、仕事ー。


おはよう、とちのき
14949987580.jpeg
およ、なんか実がアルネ


わちゃわちゃ午前勤務終了。
これじゃあしんどいよね。
たまにはご飯でも食べよっか?
常勤さんたちに留守番お願い、相方と脱出。
一件目のパスタ屋さんは煙草の煙で撤退。
どうしよっか。うろうろうろうろ
あ、あそこどうよ。

ワンタンスープ専門店 『くぬぎ屋』さん
14956299880.jpeg
いつの間にできた?


ミックスワンタンスープ塩(相方)・醤油(あたし)&鶏そぼろ飯(小)
14949987820.jpeg
ななな大根入りワンタン はしっこぴろぴろ やさしいお味でうましー


「昨日さ、いちご狩り行ってきたんだ」by 相方
うん。ずるずる。

「2kg収穫できたのさ」
うん。

「2kgも食べられないから、ジャム作ろうとおもったんだけどさ、せっかちだとできないんだね、ジャムって」
なんで。

「とろとろになるまで混ぜることができない、あたしには」
ふーん。

「まずさ、1kgのいちごに対して砂糖何g入れていいかわかんないからとりあえず100g入れてみたわけ」
ちょちょちょ、初挑戦でいきなりいちご1kgジャムにしたの?

「だって、半分ジャム作ろうとおもって」
え、1kgってどのくらい?

「えっとね、これ」 スマホの写真きらーん
こここんな立派ないちごでジャム作ったの。

「だって、食べきれないんだもん」
あそう。

「じぶじぶするまで混ぜてらんなくてさ。
もういいやって瓶に詰めて。
パンケーキ焼いて、ジャムもどき乗っけて。
アイスのっけてかなり満足写真きらーん
あ、おいしそう。

「娘(大学2年生)帰ってきたから見せたら作り直された。
砂糖の量が全然足りないって、ざばざば入れちゃうの。
じゃあ、瓶洗おうかなとおもったら『触らないで』って怒られてさ。 びくびく
娘が作ったの食べたらおいしくって。
もっかい自分の食べたらすっぱくて倒れそうだった」
あははは。

ママの顔の相方は実にかわいい。
午後勤ふぁいとだよー。またねー



ただいまー。
お?
14949988290.jpeg
こないだの子…だと嬉しさ倍増


ヒメツルソバ
14946580030.jpeg
こっちも咲いてるよー






「はいこれ」 by 大1息子

チーズケーキ2種
14949986430.jpeg

え?いいの?ふたつも?
「食べたいって言ってたから」

わーい。

話してるそばからフォーク持って待機中2娘(´・_・`)。

参加するんですか?するんですね。あなたは誰のおかあさん?
おいしかったね、ありがとう。(´・_・`)も言うのですお兄ちゃんに。

「あらすんごい久しぶりじゃない。どうしてるかとおもってたのよー」 by オーモリさん


洗濯機の後ろ窓
目隠しに使っている白い暖簾
定期的に洗ってはいるけれど
そろそろ取り替え時かな
生地を買いにオーモリさんがいるお店屋さん
前回お邪魔したのは
確か息子が高校生になったときだから、3年ぶり


病院帰りにたまたま覗いたそのお店
その日の店員さんがオーモリさんだったのは
ラッキーとしか言いようがなく
実に几帳面に作られた作品は
どれもこれもため息が出るほどウツクシク
「できる時でいいのよ、自由にやってごらんなさい」
こんなに時間があいてもふらっと立ち寄れるのは、その言葉のおかげ


やはりオーモリさんの魅力に惹きつけられた
81歳のご婦人が先客で
テーブルの上にはこれまたきっちり細編みの編み棒入れ
「もったいなくて捨てられないの」
端切れは全てくるみボタンに
手に取るモノ全てが手作り
何より驚いたのが手作りの『糸の見本帳』 のけぞるほどおでれーた


続けて2人の70代ご婦人がやってきて
パッチワーク・七宝焼き・着物をリメイクして作った小物たちetc
「あらこの七宝焼きはネックレスにいいんじゃない」
「そうおもって作ってみたんだけど」 by 81歳のご婦人
素材はわからないけれど
オソロシク細い糸で鎖編みにされたチェーンに全員絶賛ため息


「みなさんね、やることをきっちりやってきた方ばかりなのよ。
こども育てて、仕事して、親看取って、ご主人看取ってね。
今が楽しいって、みなさん言ってる。
やっぱり好きなことがあるのって違うとおもうの。
楽しんだ方がいいとおもうのよ。
せっかくなんだから楽しまなっくっちゃもったいないわ」


オーモリさんと話している間も
あーでもなーこーでもなーと
作品を研究するご婦人たちは
実に楽しそうで


「あなた、ご主人はいるの?じゃあ、これ食べて」お名前失念 3番目に登場のご婦人
ありがとうございます 抹茶味の手作りシフォン うましー


生地を2メートル購入。
「またいらっしゃいねーー」ご婦人たちに見送られ。
どんな暖簾にしよっかな。
考えるのもまた、楽。

三浦不動尊霊場酉年大開帳 一日目

どうしようかな
始めてしまうと最後までやりたくなっちゃうから
今日は一日うねうねしていようかな うねうね
でもな、お不動様と手を繋げるちゃーんすなのに
どうしようかな ぐずぐずぐずぐずぐず
あそっか
『三浦不動尊霊場専用の御朱印帖がまだ手に入るなら行く』でどうよ
ぐっだいでぃあ
『十劫寺』さんに電話
あ、ありますか?ありがとうございますー



断然行く
14940513900.jpeg
御朱印帖(予備)・小銭入れ×2 ・水・おにぎりふたつ


三浦海岸駅から てくてくてくてく


正覚山 『十劫寺』
14940513720.jpeg
不動尊は室町期の仏師、法眼泉円の作

本堂右手。
25人の若い兵隊さんと、ひとりの女性(殉死と書かれて)の写真。

御朱印待ち中

「ここで何か所目なんですか?ああここから始めるんですか。私は12箇所目になります、ええ車で。
昨日は一泊して、自転車で回るって関西の男の子がいたわよ。すごいわよねー」by 後からいらした70歳前後の女性


牛込山 『永楽寺』
14940513390.jpeg
山号にちなみ『牛込不動』と称される

艶やかなうぐいすの「ホーホケキョ」

「こちらで何か所目ですか?僕は14箇所目になります。
すぐそこのバス停から剣崎まで、バスで一気に行ってから攻めようかと。
仕事あるんで時間なくて、土日までになんとか回りたいんです」 by ベージュのキャップ、デニムっぽいリュック50代男性



一旦三浦海岸方面に戻りーの
134号線をずんずんとだな ずんずんずんずんどこ♪
下宮田の急坂んとこを曲がって
てくてくてくてくてくてくてくてくてくてくてくてくてくてくてくてくてくてくてくてくてくてくてくてくてくてくてくてく

?ん?あれ?
道を尋ねようにもひとっこひとりいねえ。
あ、軽トラ発見

「え?『妙音寺』ですか?ちょっと聞いたことがないな。あ、地図いいですか?」 by 30代くらいのセーネン
あ、後ろから車が来たようなので、大丈夫です。ありがとうございますー。


あ、あそこに赤い幟発見ーー。
てくてくてくてくてくてくてくてくてくてくてくてくてくてくてくてくてくてくてくてくてくてくてくてくてくてくてくてく

大回りして 『永楽寺』に戻ったという衝撃。ちーん。

ココロ落ち着かせて地図とにらめっこ。
下宮田を右折かい。ココロノ大きなつぶやき 左折しちまったやうだね。

てくてくてくてくてくてくてくてくてくてくてくてくてくてくてくてくてくてくてくてくてくてくてくてくてくてくてくてく

はい、下宮田右折。

てくてくてくてくてくてくてくてくてくてくてくてくてくてくてくてくてくてくてくてくてくてくてくてくてくてくてくてく

はい、すっかり迷う あはは

「あ、こっちまできちゃだめなんだよ、そこの道ずっと下がっていくと、看板いっぱい出てるから」
by 木の枝をたくさん抱えて捨てに来た60代くらいの男性


飯盛山 『妙音寺』
14940512910.jpeg
室町時代三浦同寸作 まな板に乗った珍しい尊像

「『十劫寺』から始めて、ここで三か所目か。気を付けて行くんだよ」 by にっこりご住職


次は『小網代の森』に来たときに見つけたところだから、すぐわかる。


荒井山 『真光院』
14940512550.jpeg
冠束帯姿の義同父子の像


龍潜庵 『本瑞寺』
14940512340.jpeg
海上安全や大漁祈願の不動尊






三崎港でラガー
14940512150.jpeg
うましー

港前のバス停長蛇の列につき、ひとつ先の『仲崎』バス停まで歩く。

イヤホン装着、おにぎり食べてたら頭の真上なにかが通過。
バス停で整列していた四人家族のお父さんに「とんびですー」教えていただく。
息子さんぼそっと「やりよるな」



あ、きれー
14940511960.jpeg
帰りの電車

お世話になった皆様ありがとうございました。

道後

朝もはよから『勝山』GO
14936912820.jpeg
がたたんがたたん


あの『1dayチケット』今買えますか?
14936913420.jpeg
「大丈夫ですよ、あ、削ってあげますね。10円玉でこしこし いいですよ、時間あるから」
by 運転手さん  ありがとうございますー


『伊予鉄道市内線』 
14936919470.jpeg
みかんいろがかわええ


『道後温泉』
14936913640.jpeg
白鷺があちゃこちゃに


『神の湯』おばあちゃんたち、かわいいお国ことば


『坊ちゃん団子』
14936913830.jpeg
ぱくぱく


風気持ちいー
14936914250.jpeg
ねむたいけど、おじゃましましたー お、ちょ待てよ、出口でコーヒー牛乳ぐびぐび 手は腰に


ぴちちちちちぴちち♪
14936914450.jpeg
お店の呼び出し音と勘違い つばめっこ


『松山市立子規記念博物館』
14936914660.jpeg
『子規・漱石・極堂生誕150年記念第63回特別企画展』開催中


『伊佐爾波神社』
14936914890.jpeg
外国の方、コスプレ絶賛写真撮影中



14936915070.jpeg
『杉玉』 初めて見たー


時宗・一遍上人誕生の地とされる 豊国山『宝厳寺』
14936915280.jpeg
平成25年8月10日本堂から火の手が上がり、本堂全焼  平成28年5月14日 再建


大悲山『円満寺』
14936915470.jpeg
お嬢さんふたり お結び玉で秘密の願い事中


『湯神社』
14936915700.jpeg
温泉の湯が止まったとき祈祷を捧げると再び湯が湧いたそうな


『六時屋』さん
14936915900.jpeg
お抹茶セットタルト付き うましー


『道後亭』さん
14936916070.jpeg
じゃこ天うどん んなっなにこのじゃこ天て うましー


降車ブザー
14936916300.jpeg
思いがけないかわいい音


『愛媛県庁』
14936916450.jpeg
車内から


『松山空港』
14936916630.jpeg
みかんジュース うましー




昨日の朝まで行けるかわからない旅だった
こどもたち
義父・義母・父・母
めまぐるしい変化の時期

「今度松山でLIVEがあるんだ。無理だなー松山は」
職場で呟いたら
「あたしも一緒に行っていい?」
以前あった藤沢のインストアライブ
一緒に嘉風くんを見た相方が
PCで松山行きを速攻検索
「チャンスがないと行けないじゃん。ねえ、これどうかな」
画面を指さした
法事の予定が判明した相方は
結局断念したのだけれど
帰宅してPC画面とにらめっこ
行けなかったらそういうご縁
人差し指で『ぽち』



窓際の席から見えたのは
日本のふちどりと
青と白の境目
オレンジ色の夕焼け
思いがけず出会ったことば
『楽、黙々の中にあり』 正岡子規『病牀譫語』 より

きっかけをくれたうたをうたうひと。
背中を押してくれた相方。
旅先で出会ったひと。
「行ってくれば」そう言ってくれた家族。
みんなにココロから感謝。



ただいまー。
明日朝練弁当?掃除?洗濯?はいー喜んでー。

*ぐっどなタイミングで道後記事 『悠』さん ありがとうございましたー。

松山

来ちゃった。 ココロノツブヤキ



『東雲神社』
14937288980.jpeg
もみじの花ー あー来ちゃった

『東雲神社』左手
14937289210.jpeg
あ、こっち行くのか ほんとに来ちゃったよ

リフト見ながら
14937289420.jpeg
けっこうな急坂 いやいやいやいや来ちゃったね

『伊予柑ソフト』
14937289630.jpeg
うましー なんでここにいるんだ

『太鼓櫓』
14937289820.jpeg
けっこうみなさんどがどがはたく 『水軍太鼓』?彼女さんの前ではたいてる男性あり

ほけー
14937290030.jpeg
ここ四国だよね

ほけー
14937290230.jpeg
ほんとに来ちゃったね

石垣
14937290460.jpeg
ほえー 本物の松山城だよ



来ちゃった、松山。

あはは、相方の予言当たったさー

『不信~彼女が嘘をつく理由』

「隣に越してきたカトーでございますー」 関西風


息子を授かり引っ越したのは、賃貸の一軒家。
隣に住んでいたのは。
朝早くから夜遅くまで不在の、共働きご夫婦と小学生の兄妹の四人家族。
2年ほどで新居を構え、風のように引っ越し。
しばらく続いた空き家の時期。
新しく隣人となったのが『カトーさん』だったワケで。


ピンポーン♪
玄関ドアを開けたら。
小柄で痩せ型、ショートカットに化粧っ気のない尖った顎。
ぞろりとしたロングスカート。
腕には柴犬。


「初めまして、よろしくお願いします。
こどもが小さいのでご迷惑をおかけするかとおもいます。
何かありましたら、言ってくださるとありがたいです」

言ったなら

「いえいえいえいえ、こちらこそよろしくお願いします。
この子『フォグ』言います。『フォグランプ』の『フォグ』です、なあ、フォグちゃん。
んなっ、『フォグちゃん』言うたら『はい』言わなあきまへんやろ、あぷちゃんですねー」
結構目がテン


どーん、どーん、どーん、どーん。
んななな、なにが始まった?
しばらく続く何かを打ち付ける音。
大工仕事?
しばらくの静寂。
ピンポーン♪
「隣のカトーでございますー。パン焼きましてんうふふふよろしかったら」
ああ、パンツ食ってたのか パン作ってたのね


どーん、どーんが始まると。
もれなくパンのおすそ分け。
ぞろりとしたロングスカートと低音で笑う「うふふふふ」
転勤族で定年間近のご主人と、ふたり暮らしのそのワケは。
まだ幼かった娘さんを病で亡くしたのだと。
フォグちゃんを撫でながら話してくれたのは。
新しい土地に転勤が決まったという挨拶にいらしたとき。




『不信~彼女が嘘をつく理由』
14931867070.jpeg

二分した客席の間に舞台。
6個のスツールを移動することのみで場面設定を変換。
『隣人』とも言える距離感の二組の夫婦。
ある事件を発端に走り出す小さな嘘。

やさしい嘘はあっていい。

作・演出 三谷幸喜さん
出演 段田安則さん・優香さん・栗原英雄さん・戸田恵子さん



『カトーさん』は今いずこ。

巣鴨

こつこつこつこつこつこつこつこつこつこつこつこつ

3月25日。
サトコさんとの誕生会を終え急坂を上っていたら、迫りくる足音。
「いやーん、見っけて追っかけてきちゃったーぜえぜえby ゆみちゃん 高3息子の幼なじみハハ
夜遊び見つかっちったてへぺろ 仕事帰り?

「仕事の帰りにごはん食べてきたとこ。ねね、どっか行こうよ」
うん、どこがいい?

「巣鴨って行ったことないんだけど」
あ、あたしも。行こ行こ。


真言宗豊山派 『真性寺』
14908785010.jpeg

「一生懸命手合わせてて、ちっちゃくてかわいいおばあちゃんだなーって見てたら、財布がヴィトンでちょっとびっくりした」 by ゆみちゃん
あはは。


曹洞宗萬頂山 『高岩寺』
14908785340.jpeg
とげぬき地蔵


『猿田彦大神』
14908785590.jpeg
山門中まで猛スピード自転車のコナレタご高齢女性に「はいどうぞ」と言われオドロク


やきとりの『稲毛屋』さん
14908785860.jpeg
レバー うまっ

14908786030.jpeg
白モツ ななななうましー  ゆみちゃんとり団子とレバー


『フレッシュショップオガワ』さん
14908786270.jpeg
んなななな、蕗見っけー

「珍しいの揃えてるんだけどさー、ないものはいくら探してもないからねー」 by お店のおじさん
あはは。

蕗×2、ロマネスコ、わさび菜購入。

「最近もうボケちゃってさ、計算自信ないな。お釣りいる?」by お店のおじさん
あはは いります。


『近江の館』さん
14908787740.jpeg
三姉妹漬け限定30個
「これおいしいの、あたしいつも買ってるの。今日は2個買っておくわ。食べてごらん」
by 通りすがりのおばあちゃん、あたしも買っちゃったよー


『まる天』さん
14908786660.jpeg
イカ天 あっつあっつ うましー  ゆみちゃんたしか海鮮天


『原田商店』さん
14908787250.jpeg
耳かき作ってもらうー 「私も作るー」 by ゆみちゃん

「耳見せてください」 お店のお兄さん
耳の何を見るんですか?

「耳の穴の大きさです。耳の形を見ても耳かきには影響はないかと」
ですよね。
いやなんか耳の内部のうねり具合とかまで透視できる特殊な能力を兼ね備えていらっしゃるのかと。


『すがも園』さん
14908787430.jpeg
親子丼 ゆみちゃん


「なんかごめんね。私、おそば食べたいって言ってここまで戻ってきたのに、『親子丼』頼んじゃって」
ゆみちゃんは、いつも『卵』に屈するからね。あはは。


14908787580.jpeg
かも汁 あたし


入学式のスーツ買ったって、こないだしゅーちゃん(高3息子の幼なじみ)来た時言ってた。
「うーん、パパとふたりで買いに行かせたんだけどさ」

うん。
「グレンチェクのスーツに、ストライプのシャツ、斜めボーダーのネクタイって聞いて、怖くて見てない」
けっ、結構賑やかな感じ?

あははー×2



『巣鴨地蔵通商店街』
14908788070.jpeg
楽しかったー

メニューに『お赤飯』がそこここに かんぴょうののり巻きも

誕生会 2017

誕生会に行ってきます。

「誰の?」 by 世帯主

おいらの。

「いつの誕生会?」

来年の分の誕生会先取りしたら早く年取ッチャウネ。今年の誕生会。 あれは1月のことだったのう なんで昔話風

「1月にやればよかったじゃん」

ああ、あなたはいつでもどこでも平常心。この1月にうきゃうきゃ誕生会できるほど毛深い心臓が欲しくってよ。

今日なの。 にっこり



息子の小・中学時代の同級生ハハ、サトコさん。
サトコさんとは、なぜか運動会の時だけ隣り合わせで声援を送り。
運動会の一日だけを笑って過ごすという仲で。
2015年9月に初めて一緒にごはんを食べてすっかり意気投合。
忙しい家業の嫁ぎ先、お姑さんと同居、幼稚園の先生をやりつつ、三人のこどもを育てており。
生年月日をカミングアウトしたならば、たった11日違いまさかの同い年。
めでたく第2回目の誕生会が実現したワケで。


待ち合わせはサトコさんの家の前。
ぼんやり待っていたら手を振りながら近づいてくる人影。

「あはは、全然気付かないなんだもん」 by サトコさん
あ、ごめん。今日は『だいたい見える』めがねだった。

「だいたい?」
近眼まだ進んでて、乱視もあって、ローガンも出現して。
えーが観る用、スクーター用、仕事用3つ、手仕事用、本読む用とか、メガネがどえらい数になってて。
古いめがね総動員
今日は『だいたい見える』めがねだから見えなくて、ごめんにょ。

「そのうち、どれが何のめがねだかわかんなくなるかもね」

あははー ×2人



かんぱーい
14904535740.jpeg
ごくごく


「やっと大学受験終わったね」
うん。



『わかめサラダ』
14904535950.jpeg
うましー


『じゃが塩辛』
14904536120.jpeg
これ大好きー ぱくぱく



いやさ、実はちょっと困ったことがあってさ。
「どした?」

サトーさんに「何年生まれ?」って聞かれたから答えたら、それ以来すっかり敬語になっちゃって。
あははそう言えば、運動会のときカワちゃんママに年聞かれて、ふたりで答えたら『パン買ってきます』って言ってたね」

今度頼んでみよっかな「パン買ってきてください」
「いや、そこ敬語おかしいでしょ」

パン、買ってこいや。 きりっ でもなんで『パン』
「あ、それだ」あははー


お互い息子が大学受験生ではあったけれど
だからといって
なにをしたかと問われると
なにもしてないのだけれど
なにかしてやりたいけれど
なにもできない時間を経て
実に中身のない話で、あははの誕生会
こんな友人は実にありがたく


次回は『なんとなく大学通ってる風だねの会』 なんだそりゃ あはは

~第三海堡遺構

『烏帽子岩の碑』
14904562720.jpeg
追浜の砂浜が東につきる突端に存在していた。
大正7年、海軍航空隊の建設に伴う飛行場造成のため切り崩され、消滅。
昭和2年に建立。
昭和57年、旧飛行場地先を、さらに日産自動車株式会社により埋め立てられたため、現在の位置に移設。



「ここまでで、ガイドツアーは終了になりますが、『第三海堡遺構』に行かれるなら、お連れいたします」
by ガイドさん
「せっかくなので行きたいです」 ×3人

ガイドさんのお話聞きながら移動。

「では、私はここで失礼いたします」 by ガイドさん
ありがとうございましたー。×3人




関東大震災で水没した幻の海上要塞『第三海堡』

『観測所』
14904562950.jpeg
内部


14904563240.jpeg


『砲弾砲側庫』
14904563740.jpeg
内部


14904564580.jpeg
外観


『探照灯』
14904564960.jpeg
避雷針のようなものは、釣り竿を置くために作られたか説


14904565210.jpeg


14904565410.jpeg


これどこだったか失念
14904564360.jpeg









番外
14904566070.jpeg
息子にお土産 日産自動車追浜工場通りの自販機で

*海堡 洋上の人工的な要塞。
*平成12年、第三海堡の撤去工事開始。いくつかの構造物が海中から引き上げられた。

もちっと勉強して、もっかい行ってみよー

夏島

「申し訳ありません、電車乗り間違えてしまいました」

よこすかシティガイド協会の企画ガイドツアー『春の夏島貝塚見学会』
集合時間の9:00には、どうにも間に合いそうもなく、緊急連絡先に電話。

「大丈夫ですよ、待ってます」 

約3分遅れで到着。
似たようなお仲間があとおふたり。
高齢紳士のガイドさん
カーキ色のキャップの男性
リンゴのピアスをしたマダム
あたし
4人で追浜駅スタート。 先発グループは1グループ10人前後、いやもっとかな


「ここの基礎は珍しいんですよ」 by ガイドさん
14904258870.jpeg
ほー 川の中にあるー


なんか、人数少なくてお得感満載ですね。 遅刻したこの口が言いました
「ブラタモリみたいですね」 ガイドさん
あはははー×4人


『明治憲法起草地記念碑』
14904259130.jpeg
伊藤博文らが明治憲法を起草した夏島の別荘跡地に、大正15年に建立、昭和50年に現在地に移転 ほー

「伊藤博文の別荘はいくつもありまして、それぞれに女性がいたらしいです。羨ましいですな」 ガイドさん
「いやあ、羨ましいですね」 カーキのキャップ男性
あはははは。


『地下壕』
14904259520.jpeg
コンクリートで塞がれてしまったそうな


「発破かけたでしょうけど、掘るの大変だったでしょうね」
14904259940.jpeg
内部は崩落で危険


14904548660.jpeg


『夏島貝塚』
14904260300.jpeg
カキの貝殻は9500年前のものだと判明、教科書の縄文年代が大幅に書き換えられたそうな


「この煉瓦には『桜』が刻印されています」 煉瓦の積み方説明
14904260670.jpeg
あ、ほんとだ


14904260930.jpeg
砲座に残るボルト??


「階段上が『観測所』です」
14904261310.jpeg
へえ


14904261730.jpeg
半分が崩落


『弾薬庫』
14904262420.jpeg
ここまで運ぶの大変そう


「この鉄塔はね『リベット接合』って言うんです」
14904262760.jpeg
『リベット接合』って何ですか? ふむふむ


14904553300.jpeg


『夏島貝塚』入口
14904263370.jpeg
普段は施錠されてるそうな


「私、1回ではよくわからなくて、今日が2回目なんです。
位置関係とか、だいぶわかりました。
機会があったらまた来てみるといいですよ」 by カーキキャップの男性

ありがとうございます、そうします。

*夏島要塞 明治の砲台跡・昭和の戦争末期の地下壕
*秋水 太平洋戦争中に日本陸軍と日本海軍が共同で開発を進めたロケット局地戦闘機。試作機で終わる。

神武寺

ええのう。
入ってみたいのう。

『鷹取山』にお邪魔するたび
14892856360.jpeg
眺めてたんだけどだけど

ええのう お寺さんチラ見
14892856120.jpeg
『立ち入り禁止』どどーん

ちょ待てよ
14892855920.jpeg

はっやっと気づいたのは1月25日のことじゃった ちーん 今まで何度登ったか数えるのはヤメトコウ






空がかっこーん
14892854000.jpeg
行くしかないっしょー


『フリソデヤナギ』
14892854220.jpeg
かのう?


かささささささ
14892855090.jpeg
台湾リスが忙しそう


がざざざざざざ ずざざざざざ かしゅかしゅかしゅ
14892855290.jpeg
今日台湾リス多っ


天台宗『神武寺』
14892855480.jpeg
やっと会えたよ

御朱印いただき
しばしうろうろ
庭に手を入れている職人さんの声
葉っぱの揺れる音
居心地のいい空気
あとは

にゃー
14892855690.jpeg
ねこ 触りてー


『鷹取山』展望台より
14892856560.jpeg
こないだ登った『武山』『大楠山』たぶん『二子山』を望む


およ?
14892858980.jpeg


二組のご夫婦のクライミングを見つつおにぎり。
こちらによこすチラチラ視線。

おにぎりでかすぎたかな とおもったら

「トンビが狙ってますよー」 by 親切なご主人

でかかったんだよなおにぎり ともおもった


『エノシマキブシ』と『磨崖仏』
14892857450.jpeg
お邪魔しましたー 楽しかったよおお

田楽座ライブ@葛飾シンフォニーヒルズ

夏休み
母に連れられ伯母の家
日が傾きかけたころ
涼しい風に連れられたお囃子

従姉妹の浴衣をほぐし
伯母があつらえてくれた
浴衣の紫陽花は
浅縹

年の離れた洋服姿の従姉妹ふたり
右手と左手に体温が
走り出さなかったのは
決して鼻緒のせいでなく




『田楽座ライブ@葛飾シンフォニーヒルズ』
14894759710.jpeg


楽しみにしていた『田楽座お囃子(ハコ)メドレー』
浜のお囃子
海の太鼓
山のお囃子
太鼓囃子
寄せ囃子
海のお囃子

完璧すぎる形を追い求めない、独特なすきま感。
どこまでも柔らかい動き。
華美な演出はいらない。
観るものを笑顔にする、座員たちの笑顔。


『さんさ踊り』
断然好きな、盛岡の伝統さんさ『三本柳さんさ踊り』
身体の芯にある圧倒的な情熱。
決して表面に出てくることのない抑圧感が、ひりひりと。
短い夏を、全身で享受しているかのように。


腹の底に伝わる和太鼓の振動。
座員たちの、
だんだんとあがる息と、紅潮する頬
そして、汗。
漂う土の匂いに、甦る遠い昔の風景。
日本人であることを感じずにはいられなく。
さわさわと全身が鳥肌に包まれた。




14892864860.jpeg

長野県伊那市に本拠を置く芸能集団『田楽座』
1964年に旗揚げ。
座員は共同生活という日常を送りながら、舞台という非日常を描く。
日本各地の祭り・伝統行事に伝わる民俗芸能で舞台を構成。
昨年、『鳥刺し舞い』の名手といわれた、元座長の松田満男さんがご逝去。
現在、舞台に立つ座員はほとんどが20代の若い感性のチーム。

城山

バスの通路を挟んで座っていた女子学生のグループ。
乗り込んできた女子学生に「おめでとう」
そっか、今日は公立高校の合格発表か。
弾むような声を聞きながら、外を眺める。


スタートは『北根小屋』バス停。


『小網諏訪神社』
14889794060.jpeg
見晴らしよろし


きつめの階段を登り切り、山道。
前方に、蛍光色のパーカー、黒のリュック、長い枝を杖にしたおじいさん。
すこし距離をおいて。


『車坂(男坂)』
14889786920.jpeg


『太鼓曲輪』
14889787230.jpeg


『堀切』
14889787830.jpeg
よっとっとっとっと


やたっ
14889788820.jpeg


『本城曲輪』から『津久井湖』
14889789100.jpeg
ほけーーー


どこでも俳句『短冊ポスト』 *城山を歩いて一句詠んでみませんか?
14889789440.jpeg
へー こういうのあんだっちゃ


『飯縄神社』
14889789750.jpeg


津久井の名木『大杉』 のび太くんのともだちは『出木杉くん』
14889790010.jpeg
平成25年8月11日 落雷により焼失


『宝ヶ池』
14889791080.jpeg
これまで水が枯れたことがないそうな


鎖掴んで進む
14889791860.jpeg


『城山ダム』
14889792840.jpeg
重力式のコンクリートでできてるそうな ふーん


およ?
14889793070.jpeg
あそこ歩いてみたいのう それはだめじゃのう


ゴールは『城山高校前』バス停。



去年買った雑誌『YOKOHAMA Walker 神奈川山登りハイキング』に乗っかりーの
「湖・べんとー・コーヒー&ほけー」案

うづら豆

あああああ
食べたい
どしてもなんじょしても食べたい
ベッドで目が覚めた瞬間
最後に食べたのはたしか…タブレットタブレット
『磯子七福神めぐり』のときだから ごん顔面に落下タブレット
2016年1月10日
こんなとき便利じゃのう日記書いてると
こんなことしか使い道ないのかのう




断然これを食べるために午前勤務。
職場から電車・バス乗り継いで。
いや、ちょ待てよ。
歩いてけば交通費浮く。
浮いたお金で目的のブツ購入。
しかも、もれなく本日消化予定の歩数が稼げる。
二兎どころか三兎追っちゃって、うほうほうさぎハーレム。 うほうほ



道迷う 1時間20分さまよう



『はまや高木商品店』さん
14877785860.jpeg
『うづら豆ーー』 会いたかったよお 遭難したかとおもったよお 『づ』好きだよお

あの…。

「かき揚げさ、やっと揚がったーっておもうとすぐ客さん買って行っちゃうの。
も一回揚げよーって揚げるでしょ。
ここ、並べると、すぐ売れちゃうの。
でね、もっかい揚げなきゃなー。
はーってなるのよ。
買っていただいて、はーもないもんだわね。
喜ばなくっちゃだわよね。
あはははは」by お店のおばちゃん

おいしいから、お客さん狙ってるんですね。かき揚げは何曜日に揚げるんですか?
「決まってないの、適当。煮物も全部曜日決まってないの、適当」

ひー、イカッタヨアブナカッタヨ。今日ここまで放浪の挙句『うづら豆』なかったら非行にはしるとこだったよ。


『浜マーケット』
14877786020.jpeg
2007年に火災


300gくださいー
14877786180.jpeg


あああ。
ごはんみたくがぶがぶみんな食べちゃったよ。
なしてこんなにおいしいの 会えない時間が愛育てちゃったよ しくしく

瀬里奈ステーキドーム

髪を切りにカトーさんとこ。


あのさ、髪切り終わったら職場の集まりでこの店行かなきゃならないんだけど、ここから近い?
「あ、近いっすよ」

どっち方向に向かえばいい?
「馬車道の方っす」

馬車道ってどっちだっけ?
「なんで横浜住んでて馬車道知らないんすか」

絶望的に方向音痴だから。馬車道は知ってるけど、こっからの行き方がわからんのじゃよ
「方向音痴のひとって、ランドマーク(目印)を見つけるのが難しいらしいっすね」

結婚したばっかりのころかな、世帯主が運転する助手席乗ってて、一方通行ばっかの道に迷いこんじゃって。
「ああ、ありますね」

ぐるぐるぐるぐる抜け出せなくなってさ。
「はい」

「ここ、さっきも通ったよね」って聞かれたから「あのおじいちゃんさっき見た」って答えたら
「おじいちゃんは動くからね」って言われた。

「旦那さん我慢強いっすね、オレなら失神してます、間違いなく」


お店までの行き方、何度も復唱させられる。





『瀬里奈ステーキドーム』さんからの眺め
14872205840.jpeg
きれー


進学のため3月で退職予定。
いつでもどこでも誰にでも物申す年下女子たっての希望のお店。
スタッフ5人で。


「お肉のお焼き加減はどうなさいますか?」 by 料理人さん

「ミディアムで」 by あたし以外の4人

かちゃかちゃかちゃ
じゅーじゅーじゅー
かちゃかちゃかちゃ
じゅーじゅーじゅー


カウンター席で料理人さんの手さばきガン見。


「はいどうぞ」
14872206040.jpeg
あ、ちゃんと火通ってるのだ


間違えないもんですね。間違えないかなーって見てたんですけど。
「5つまでは覚えられます」料理人さん目ヂカラきらーん

あははは。





着いたよー、カトーさんありがとう。

二子山

雪残ってるー
14872230090.jpeg
きれー


14872230260.jpeg


14872230440.jpeg


14872230680.jpeg


14872230870.jpeg


14872231050.jpeg


14872231260.jpeg


わお『鷹取山』
14872231470.jpeg


14872232040.jpeg


梅花節だっちゃ
14872232310.jpeg
かわええ


ゴールは
14872232530.jpeg
『田浦梅林』


お土産は
14872232690.jpeg
ぎんなん

山歩き

『朝比奈』バス停下車
14866101490.jpeg
初めて乗ったかわいいバスー

確かバス停から50mくらい戻るんだよな ぶつぶつ

「切通しにいらしたんですか?」
へ?

「山道もあるんです」
は?

「よろしければご案内しますよ。
爺さん(82歳)だから歩くのゆっくりだし両耳補聴器だけど。
こないだは中学生案内しました」

えっと、ではお願いします。なんの展開?


しゃくしゃくしゃく
14866101730.jpeg
しゃくしゃくしゃく


「ここが『熊野神社』です」
14866101920.jpeg
わーい


「こっち『ひさかき』でこっちは『榊』なんです」
14866102190.jpeg
へー


「これね『もぐら塚』って言うんです」
14866102410.jpeg
へー『もぐらが掘った土』って言ってた


「ここで『切通し』にぶつかるんです」
14866102680.jpeg
へー


『朝夷奈切通』
14866103200.jpeg
鎌倉側


「『太刀洗い』です、ここで刀洗ったんでしょうな」
14866103460.jpeg
ひえええ


「落ちそうなら、無理をせず下を歩いてください」
14866103930.jpeg
ほーい とっとっとっとっ


「ここ綺麗に見えますよ」
14866104200.jpeg
わーい 富士山


「あなたがこの間行ったという『大楠山』はあそこです」
14866104860.jpeg
へー


「ここが『横浜市内最高地点』です」
14866104650.jpeg
あれ、さっき鎌倉歩いてた気が


「お昼は持ってきていますか?」
はい、おにぎりがあります。

「じゃあ、そこの広場で食べましょう。敷物は…あ、じゃあ草の上に座って。僕は持ってきた椅子に失礼します」
はいー。


「とんびに持ってかれないように気をつけなさい」
14872131510.jpeg
はいー。今日は炊き込みごはんおにぎりー


日本の3000m級の山は富士山以外全部登りました。
海外の山も行きました、ネパールとかね。
16歳のとき、奥多摩に行ったのが始まりでね。
うーん、それはひとそれぞれだろうけど、僕は『穂高』が忘れられないな。
もう一回行ってみたいなとおもっていたんだけどね。
木の根っこを踏まないように歩くワケです。
でも、だんだんそれができなくなってしまった。
根っこをね、よけるのが難しくなってね。
ああ、これは引退するときなんだな。
そうおもったんです。
ええ、植物が好きでね。
葉っぱを一枚ずつ持ち帰って、家で調べたんです。
95%はわかるとおもいます。
あはは、いえ、うるさくないですよ。
誰かが一緒にいるというのは、実に安心なものでね。


あの、この靴でネパールも行ったんですか
14866105080.jpeg
「あはは、そうですよ」


「あっちのほうまで行きますよ」
14866105280.jpeg
へー


「あ、『きくらげ』があるな」 ストックでかんかん
え?

「『きくらげ』知らないですか?」
『きくらげ』って木にくっついっているんですか?

「『きのこ』の一種だからね。『木の耳』と書いて『きくらげ』ってんだから」

海のクラゲを木の形に乾燥させたものだとばかりおもっていました。
結構な衝撃

「あはははは」


「木のここね『あて』って言うんです。~をあてにするの『あて』」
14866106300.jpeg
へー 『木』くらげねー


「すこし休憩しましょう」
14866106510.jpeg
へー今ここなんだ 『木の耳』ねー


「さっきご飯食べたのがあのあたりです」
14866106710.jpeg
へー 『海』と『山』じゃえらい違いだわなー


「あそこに見える山をずーっと歩いてきたワケです」 『釜利谷陸橋』
14866107110.jpeg
へえええええ 『木の耳』かぁぁぁ


『金沢動物園』
14872146460.jpeg
近くのバス停でゴール


「じゃあ、お疲れ様。気を付けて」
ありがとうございました。 まだ『きくらげ』の衝撃から立ち直れない

どこ歩いて来たのか、地図見てみよ
こくさぎ

おさる

『おさる』が野菜並べてるよ うそーん


スクーターで通り過ぎた自宅直結型野菜販売所。
視界の端っこには確かに。
おさるが大根を並べている残像。
おさるがお手伝い?
大根並べるの?

はいUターン


「はいいらっしゃーい」 by 『おさる』のかぶりものした小柄なおばあちゃん


あの、いつもそれかぶっているんですか。
「一回かぶったらあったかくてもう離せなくってー」

ちょっとびっくりしました。
「よく言われるんだけどさーあったかいのよー」

あははは×2人

しかも近くでよく見たら『おさる』部分なにゆえヒョウ柄


おさるおばあちゃんとこで購入
14866142240.jpeg
ひゃー おいしそー




『おさる』に絶賛動揺
14866142440.jpeg
本題こっちダッタヨ


シーグラス
14872048570.jpeg
サムカッタヨ

大楠山

電車がたたん。
バスぶぅぅぅぅん。
前田橋バス停下車、交差点を左。


『大楠山ハイキングコース』
14859498000.jpeg
そろそろり


わあ
14859498190.jpeg
『だるまちゃん』いたら喜びそう  *絵本『だるまちゃんとてんぐちゃん』

かさささささ
14859501470.jpeg
あ、りす どっかに隠れちゃった

およ
14859498790.jpeg
もちょい


やたっおかずは富士山
14859499200.jpeg
ぱくぱく今日は梅干し


ひゃー
14860044300.jpeg
気持ちいー


「うっわ、なにこれちょー気持ちくね?すげくね?」
展望台の階段を上りながら青年ふたりの弾む声。
自転車で来たんだね。
「こんちわー」
挨拶をして階下に。


『大楠山展望台』
14859499380.jpeg
どどーん


上まで行ってきたよ
14859499640.jpeg
道にトートツに咲く水仙 上るときびっくりしたのさー


枯葉しゃくしゃくしゃく下り道途中。
一列になった10人くらいのご高齢団体さん。

「あなた、さっきバス一緒だったよね。あと何分ぐらいですか ぜえぜえ
あと10分かからないとおもいます。

「俺たちで何分くらい?あはは、ぜえぜえ
あははは。

「着きますかね」
あはは、大丈夫かとー。


ぴちちちちち
14859499860.jpeg
いろんな鳥のうた

『けんけんぱ』くらいの間隔
14859500060.jpeg
よっよっよよっ


はー
14859500240.jpeg
水きれー



行きに道を尋ねた工事現場の警備のおじさんが
帰りも同じところに立っていて
「わかった?」
声をかけてくれた。

はいーありがとうございました。

武山初不動

電車とバスを乗り継いで。


どどーん
14860103520.jpeg


登山杖残り二本なりー
14860103730.jpeg
使わないで行ってみよー


あ、富士山
14860103980.jpeg
見えてたんだけどな


この赤
14860104190.jpeg
テンション上がるのさー


『不動明王御開帳』
14860104540.jpeg
手をつなぐ



あのね。
「今年も来ましたよ」
そんなふうにね、頭下げるんです。
あんまりね、お願いしちゃあイケナイんです。
ええ、毎年来てるんです。
「今年で最後かな」
ここんとこ、毎年そうおもうんですけど。
ええ、昔は山歩きよくやったんですよ。
どちらから?
ああ、そうですか。
機会があったら津久井からずーっと歩いてごらんなさい。
いいですよ。
今時分はいちご狩りもいいですよ。
今は、ここに来るのがやっとです。
足が悪くてね。
83年も使ってきたんだから、傷むのは当たり前なんですよ。
『最後』なんて言ってて、またお会いしちゃうかもしれませんね、来年。
あははは。
じゃあ私も初めて会ったようにしましょう。

杢グレーのハンチング、ストック一本、頭を垂れる所作のなんともウツクシイ紳士と
14860104360.jpeg
お接待の『甘酒』いただきつつ



ひゃー
14860104720.jpeg


漁師のお不動様ならでは
笹はつり竿、麩菓子は魚に見立てられ
名物笹についた麩菓子

欲しいけどー
帰りの電車とバス
ご迷惑になっちゃうよなー


坂を下りていたら
前を歩いていた女性と成人前くらいの息子さんか。
右肩に乗っけられゆらゆら揺れる麩菓子。
「あの、持って帰れないので写真撮らせていただけませんか」
「あはは、いいですよー」

わーい
14860104950.jpeg
ありがとうございますー 全くもって写真下手


帰りは『武山バス停方面』の矢印方向
14860105170.jpeg
すっころんでるひと続出 滑るのさー


ああ
14860105410.jpeg
まっすぐだ


手打ちうどん『さわ』さん
14860105590.jpeg
釜揚げうどん うましー




背筋を、伸ばさねば。

鷹取山

雨戸がらがらがら。
かっこーん、空が。

ぐっだいでぃあ

わちゃわちゃわちゃわちゃ 家仕事
ガスレンジOk
窓鍵OK
持ち物OK
玄関鍵OK




つやつやりんのお出迎え
14853446740.jpeg


しゃくしゃくしゃく枯葉たち
14853446930.jpeg


ちょいと間を失礼
14853447160.jpeg


ひー まぶしー
14853447480.jpeg


鎖しゃっこーい あはは
14853447690.jpeg


もちょい まだ左側向かない そこにいるのは知っている
14853447940.jpeg


踏みたいけど 今日は我慢
14853448240.jpeg


やたっ
14853448670.jpeg
音楽記号にするとなんだろか、富士山は


ぱくぱく こどもらのお弁当の残りよせあつめ
14853448890.jpeg
右耳だけイヤフォン装着 アルバム1枚


およ
14853448440.jpeg


ぴーろろろろろ
14853449140.jpeg


お邪魔しました
14853449350.jpeg



鷹取山で
『富士山・べんとー・♪Kafu Record♪』案。

『岡本肇 作品展』

わりかしゆるゆる勤務終了、コーヒー飲みつつ。


これ編んだ。ニット帽
「え、見して」 by いつでもどこでもだれにでも物申す年下女子

ほれ。
「かぶっていい?」

いーよ。
「え、どう?どう?」

あ、緑似合うね。
「まじ?まじ?」

うん、似合う。
「ちょちょ自撮りしてい?」

うん。
かしゃかしゃ あ、なに、かわいいじゃんあたし」

ぽんぽんでかいと顔ちっちゃく見えるな。


頭はたかれた。





『岡本肇さん 作品展』
14852330110.jpeg

『何もかもは出来なくても 何かひとつはきっとできる』
言葉をいただく。

七福神 お会いできて幸せなりー

『MARGE』

行ってみたかった鎌倉御成町の毛糸のお店


『MARGE』
14846178910.jpeg


色とりどりの毛糸が枷で並び
お店の奥ではオーナー男性が
くるくるくると毛糸を巻いて

あ、この毛糸
ニット帽を編みたいと伝えると
おおよその針の号数と
大き目ぽんぽんも計算に入れて


くるくるくるくる
14846178750.jpeg


「もっと高いかとおもって緊張しました」
そう言ったら
なんだか困ったように
口数の少ないオーナーさんが笑った


『キビヤベーカリー』
14846179110.jpeg
チョコパン一個 ちょとお行儀悪いけど もぐもぐ この固さがたまらない


およ
14846179540.jpeg
『Vespa』久しぶりに見た気がする 昔乗ってた『Bajaj 』はいいオーナーさんに巡り会えたかな


『髙崎屋本店』の前を通ったら
14846179350.jpeg
ここのところ駅前スーパーから忽然と姿を消した『甘酒』発見 甘酒たちはどごさいっただ


閉店間近の『100均』覗いたら
14846180430.jpeg
んなななな かわええ 98円


鶴岡八幡宮の段葛
14846191750.jpeg
きれー


信号待ちで隣を見たら
中1娘が以前お世話になったバレエの先生
お互い「あ」


息子センター試験の日に遊んでるのばれちった

藤沢市消防出初式

ブーツの謎は、一旦引き出しにしまっておいてだな。 
寒いのさ。
どう考えたって寒いのさ。
家の中がこんだけ寒いんだから。
外が寒くないわけがない。
けど、やっぱ行く。


『湘南台駅西口』からシャトルバスが出てるそうな。ふむふむ
↑西口
←西口
→西口
なして『西口』1個じゃないの ココロノ声ダダ漏れ寸前

←シャトルバスと書かれた看板を持っている、制服の方発見。

あの、出初式のシャトルバスは←でいいのでしょうか?
「あ、私今行きますので一緒にどうぞ」 by 消防署員の方
ひえー、ありがとうございます。

え、ちょちょちょ
あたし一番乗りかい
ひとりだから
ひとり用の座席のが何かと都合がよろしいよな
一人用の座席に
寒そうに腕時計をちらちら消防署員の方々を視界にぼんやり


「あ、では時間ですので、出発してください」

へ?まさかの貸し切り
14840541800.jpeg
どしぇー 見送られちゃったよ

てことは。

どしぇー お出迎えもされちゃったよ ひとりなのに

わー
14840541990.jpeg

『平成29年藤沢市消防出初式』
14840542530.jpeg
冷たい空気のなかずっと整列していた署員・団員の皆さん


第一部の式典終了。
第二部の公開演技。


楽しみにしていたのは
藤沢市無形文化財『藤沢とび職木遣』
14840542790.jpeg
先頭の方は纏くるくるしないんだ

木遣を歌いながら
14840543060.jpeg
列が進む

*木遣り=唱え言葉的要素(危険な作業が多いため神々に加護を祈る)のと掛声的要素(力を一時に集中発揮するための合図)があり、ふたつの要素が重なった唄。

梯子のり
14840543280.jpeg

受け取ったものを

14840543500.jpeg

繋いでいるひとびと

14840543700.jpeg

周りで支えているひとびとをおもう。

14840543870.jpeg






高3息子がちいさいときは毎年行っていたのだけれど
キオクに残っていたのは。
消防車を嬉しそうに見て回る息子の顔と

一斉放水
14840544000.jpeg

鶴岡八幡宮

鶴八さん、行かない?
「留守番してます(´・_・`)」 by 中1娘

もれなくホットケーキもついてくるよ。
「あ、行くー(´・_・`)」


イワタ珈琲名物
14837953440.jpeg
ホットケーキ ふわふわ


「半分こね(´・_・`)」
14837953600.jpeg
うん


「あ、ひこーき雲(´・_・`)」
14837954220.jpeg
きれー


『神代神楽』
14837953940.jpeg
「初めて見たね(´・_・`)」





「もっかいおみくじひいてもいいのかなあ(´・_・`)?」
いいんじゃない。

「かあさんもひく(´・_・`)?」
そだね。


14837954080.jpeg


「『七福神』巡ったからかい(´・_・`)」『凶』ひいちゃって絶賛涙目

あはは、さてどうでしょう。泣かんでもだいじょぶだよー


今年も同じ時間を過ごせたありがたさ。

よっしゃ、行ってこーい。

鶴見七福神

さむっ。
部屋の空気が冷たすぎる。
てこたあ、外は。
こんな日は。
ぬくぬくベッドの中でいつまでもまったり。
したい気がしないでもないようなあるようなないようなぐずぐずぐずぐず。


やっぱ行く
14837970140.jpeg
御朱印帳と首から下げるちゃっこいがま口×2
以前品川神社の『てづくり市』で出会ったがま口 中に『和布(wafu)』ってタグ 作家さん今いずこ

「七福神に頼んでおみくじの『凶』を『吉』くらいにしようって感じなのか(´・_・`)?」
あははは、宿題、頑張ってね。




『横浜熊野神社』
14837970310.jpeg
福禄寿

御朱印をいただくには事前連絡が必要で。
家を出るときに電話。
「神社に着いたら連絡してください」

電話をしたらご自宅への道順説明と服装を尋ねられ。
「全体的に紺色で、あ、紺色のニット帽かぶってます」 意外と目印ニット帽

あの方かな。
道路に出て大きく手を振っている細身の女性。
「寒かったでしょー、あったかいところでちょっと待っててね」

あの、次の『鶴見神社』へは、この道でいいんでしょうか。
「歩いて行くの?旧東海道をずっとまっすぐよ。気を付けてね」
寒いのに待っててくださって、ありがとうございますー。



杉山明神『鶴見神社』
14837970660.jpeg
寿老人



曹洞宗大本山『総持寺』
14837970830.jpeg
大黒尊天

大きいものを見ると笑いが止まらなくなるのは何故 あはははは おっきー。
坐禅をしたのは、何年前だろうか。
あのときと同じ。
若い修行僧は走り、ガラスと床は輝いて。

さて次は。
線路がこっちだから地図がこうでぶつぶつぶつぶつ。
買い物袋を提げた、黒ベレー帽の老紳士。
「あー、こっちだよ、ほら見えるでしょ。次は『安養寺』に行くといいよ。あとはどんどん遠くなるから」
わー、ありがとうございますー。



真言宗 子生山『東福寺』
14837971010.jpeg
毘沙門天


「次は『安養寺』」
言われたのだけれど、この地図ではわかりにくい。
から、目指せ『生泉寺』

だめ、道がわからない、交番覗いたら指導員の方。
「これ、いつまでなの」
あはは、ずいぶん道聞かれました?
「うん、何人目だろう。そこの道行くと旧東海道にでるからなんちゃらかんちゃら…
ありがとうございますー。かーらーのー、

完全に迷う

車に乗り込もうとしている60代(?)紳士発見。
「あー僕ねここのにんげんちがうんですわ」完全西方面の言葉
「地図見してみ、こっちが一号線やろ。てことは」
地図ぐるぐる一緒にぐるぐる
「お、わかった。ええとこまで来てます。ほしたらここまっすぐ行って、こう行ってこうや。気ぃつけてな」
ひー、ありがとうございますー。



南海山 瑠璃光院『生泉寺』
14837971390.jpeg
恵比寿神

いちごみるく
14837971220.jpeg
いただきます、うましー。



だいぶ通り過ぎてからやっと脳に到達、慌てて戻る。
『生麦事件発生現場』
14837972200.jpeg
わわわ。



浄土宗『安養寺』
14837972390.jpeg
福壽辨財天

「お急ぎでしたら準備してある御朱印、お時間ありましたら書きますよ」by ご住職
書いていただきたいです。

ヒーターあったかくて涙でそうな御朱印待ち。

次の『松陰寺』さんまで、30分くらいかかりますか?
「いえ、20分くらいですただ、坂道なので」

大丈夫です、ありがとうございますー。


『白幡』のバス停左折、坂道登っていたら背後から
「こっちであってます?」 by いきなり登場全身黒コーデ60代ご婦人
はい?

「地図持ってるからついてけばいいやと思って」
ひえー、あたしを信用するのは危険すぎます。無謀です。

「あら、じゃあスマホやってみるわ」
どこからついていらしてたんですか?

「さっきのお寺さんから」
どっしぇー、全然気づかなかったよ、名刑事になれるよ。

「あ、こっちでいいみたい」
よかったよー。

「門が閉まってる、開けていいのかしら」
大丈夫だと思います。

「そうね、2人で怒られたらあんまり怖くないもんね」
あははー、なして怒られるのー。



臨済宗仙鶴山『松陰寺』
14837972560.jpeg
布袋尊

禁止してるとこ多いけど
14837972750.jpeg
わりと好き


「帰りは任せて」
わーい。

「横浜商科大学がこっち向きってことはあっちが正面だから、たぶんこっちよ。あれ?こっち行ってみよー」

うろうろうろうろうろうろうろうろうろ×2人

あの、血液型伺ってもいいですか。
「B型よ」

あ、やっぱ。

うろうろうろうろうろうろうろうろうろ×2人



「またどちらかで」
ありがとうございます、また。



「こんぷりーとできたのか(´・_・`)?」
おかげさまで。

楽しかったー、お留守番ありがと。

何食べたい?
「パスタ」 by 高3息子

誕生日のリクエストは、いつものパスタ屋さん。


『シーザーサラダ』
14837995560.jpeg

高3息子 涼しい顔にてスルー。
なんで野菜食べないかなーおいしいのになー『宴』だからあたしビール 毎日飲んでるほんとはね

『ピザ』

わしわしわしわしわしわしわしわし。 中1娘(´・_・`)と半分こ

『ボンゴレロッソ』
14837995390.jpeg
これ以外のパスタ頼んだのミタコトナイ

わしわしわしわしわしわしわしわし。 けっ けものかっ

「ピザもう一枚頼んでいい?」
うん。

わしわしわしわしわしわしわしわし。写真撮る間もない 間違いなく けものだっ

結局一枚半ぺろり。



『焼肉』って言われなくてヨカッタヨ。 ハハココロノツブヤキ 諭吉さんさよおなら



帰宅して冷蔵庫ごそごそごそごそ。まっまだ足りないか



今日は君に特別なプレゼントがあります。
「ん?」

じゃじゃーん
14837995190.jpeg
にっこり見えるのは気のせいか

『鼻笛(ハハ)』と『カスタネット(´・_・`)』でお贈りいたします
『HAPPY BIRTHDAY』を君に。


「ふっ」

フェードアウトされた。

Bihotza

午前勤務終了一旦帰宅。
晩ご飯準備し。
職場の忘年会に。


『Bihotza 』
14830208740.jpeg
スペイン・バスク料理 初めてだっちゃ

14830209210.jpeg


14830209720.jpeg


15年ぶりの職場復帰。
「家のことを一番に考えたい」
そんな要望に
「そこ大切にしてください」
そんなふうに言ってくれた上司。

15年という時間の経過に。
浦島太郎の気分だった職場。
慣れないPC操作。
「わからないことは何でも聞いて。何回でも聞いて」
そう言ってくれた相方。

朝の更衣室で
顔を合わせればバカ話
それが
仕事に向ける気分の上げ方
お互いの微妙なココロノ動きを察知、いつでもどこでも誰にでも物申す年下女子。

いつも静かにもくもくと仕事
このひとと仕事の日は安心
さりげなくいつも
声をかけてくれる
職場で一番の古株さん。


このひとたちのお蔭でなんとかやってこられた。
今の目標は来年4月、4年目を迎えること。



ただいまー
14830209900.jpeg
「おかえり」できなくてごめんね 明日のお弁当ウケタマワッタ チョコありがとー
ちょっとそこまで | Comments(-) | Trackbacks(-)

『歌丸・円楽 二人会』

てんてこ舞い舞いの仕事を終え
右足出しても
左足出しても
前進してる感の薄い急坂を
それでも一歩一歩上る
いつかは辿りつくはず家に

ワンショルダーを定位置に
こたつに足を
そのまますとんと意識が途切れ
「ピーンポーン」
跳ね上がるように玄関に
部活がお休み中1娘の帰宅


「今日の場所はわかってるの(´・_・`)?」
うん

「「何時から(´・_・`)?」
何時だっけ

「チケット確認しなさい(´・_・`)」
7時だ

「何時何分の電車に乗るの(´・_・`)?」
来た電車に乗る

「どこの駅で降りるかわかる(´・_・`)?」
だいたい

「さらわれないようにしなさいよ(´・_・`)」
さらわれてみたい


ハハ・娘 完全逆転プレイ お願い寝起きは放置して





年末恒例 『歌丸・円楽 二人会』
14822827690.jpeg


笑点ばりの毒舌で
歌丸さんをいじる円楽さんを
やわらかにいなす歌丸さん
そこには
ゆるぎないふたりの空気
「お互いの演目を決めっこしようじゃねえか」
そんな歌丸さんの提案で


14822827930.jpeg

噺の中にすっぽり入った


中入りのとき右隣のひとが食べてたもなかアイスみたいのおいしそうだった
ちょっとそこまで | Comments(-) | Trackbacks(-)

『THE GLENN MILLER ORCHESTRA Japan Tour 2016』

ステッドファストに会いに行った8月26日。
「あ、そういえば」
思い出して覗いたチケット売り場。
二階にひとつの空席。
これはたぶん縁なのだ。
一枚のチケットをワンショルダーにしまい。
駅に向かった。

どうしようかな。
朝起きたときにおもったけれど。
「行ってきなよ(´・_・`)」  by 中1娘
そんな言葉に押されるように。




『THE GLENN MILLER ORCHESTRA Japan Tour 2016』
14818098060.jpeg
神奈川公演 『よこすか芸術劇場』


始まりは『MOONLIGHT SERENADE』

左隣の女性まではたしかに手拍子の気配
がしかし
右隣のご高齢紳士微動だにせず
この場合
手拍子するとご迷惑かな
右隣の方が気になり
しばしおとなしくしていたのだけれど
たしかにリズムを刻んでいる右隣のご高齢紳士左足を確認
だよね
楽しまないと


リズムを取る
頭、首、肩、肘、手、指、腰、膝、足、踵、つま先、歩き方

『いちいちサマになる』のはなんで

ニック・ヒルシャー氏

5サックス・4トランペット・4トロンボーン・3リズム編成。

パフォーマンスの度に楽器と一緒に動いちゃう我が首よなんで


15分休憩挟みーの
14819480860.jpeg
『UFO』はあの『UFO』 頭の後ろから手のひらにょきん


「ミナサーンタノシンデマスカ?モットキキタイデスカ?」
カタカナで話す日本語なのに。
完全な日本語で歌う『上を向いて歩こう』
そうだ。
上を向いて歩かなければ。
そんな力をたしかに注入され。


14818098260.jpeg






帰宅したら。
世帯主が雪国から帰っていて。
雪国で撮って来た写真の編集中。
「カメラ持って行ったんだ」
そうおもったけれど。
このひとらしいな。
そうもおもった。
お風呂の準備をしたら。
いつもよりずっと長く入っていたから。
いつものような晩ご飯を作った。
ちょっとそこまで | Comments(-) | Trackbacks(-)

元町

午前勤務終了
ひさしぶりにすこし歩こうか


14798190960.jpeg


大賑わいの中華街を通り抜け
生地屋さん『スワニー』が引っ越して
すっかりご無沙汰『元町』方面
思い出したこの先に
まだ手をつないで歩いてたころ
息子とふたりで映画館
あれは『ゴジラ』だったか
「映画の帰りに行こうね」
雑誌を眺めて約束
たしかこの先に


『下前商店』 
14798191360.jpeg
あったー


ベージュのハンチングに紺色Tシャツ
ひとりで大忙し
左利きの店主さん

床に届かない足を所在なさげにゆらゆらさせて
整然とした厨房で
ワンタンを包むのを
眺めていたっけ
あれはいったい何年前

ワンタン麺
14798191180.jpeg
ああ、そうだったこのワンタンの味 うましー


好きだった雑貨屋さんは
14798191600.jpeg
なくなっていて


さて
14798191820.jpeg
どっちに行こう あ、でももういい時間


空が青くて
14798192430.jpeg
葉っぱがキレイ





ただいまー
静かな玄関で呟いて
ワンショルダーを下ろしたら
さつまいもと目が合って
おーし

大学芋 みたび ぷ 
14798192680.jpeg
皮なししっとりばーじょん


ガラスのお皿に移していたら
ピンポーン
インターホンのモニター
妙な舞をしている娘を確認
大学芋をひとつ口に入れ
玄関に

『アルゼンチンタンゴとフォルクローレの響き』

通勤のときに見かけたポスター。
どうしようかな。
そんなとき
「1000円だったら、行くな」
そんな言葉に背中を押してもらい。
午前中の仕事を終え、会場に。


『アルゼンチンタンゴとフォルクローレの響き』 
14788612960.jpeg
ひまわりの郷ホール


【一部】
1.アルフォンシーナと海 
2.ノマド *『ノマド』=遊牧民
3.祈り *日本の『ふるさと』と『ボルメール(帰郷)』二曲のMIX
4.エルチョクロ *『エルチョクロ』=とうもろこしのひげ
5.首の差で *ちょっとの差でフラれた男性の曲
6.あなたの影になりたい
7.リベルタンゴ


7kgあるという『バンドネオン』を持って椅子に
思いがけずトートツに始まる演奏
ストラップがない『バンドネオン』
踵で、膝の上げ下げでのスタッカート
時には『バンドネオン』を叩いてリズム
悪魔が発明した楽器と呼ばれるほど習得の難しい『バンドネオン』
奏者は『ロコ』『ロカ』と言われるという
ふわりとした話し方とは対極的
小柄な身体全身で振り絞るように演奏

バンドネオン 小川紀美代さん


【二部】
1.カルアンチョケーラ(??) *題名聞き取れず
2.巡礼する石ころたち
3.命の光
4.コンドルは飛んで行く
5.サオの麦わら帽子 *舞曲
6.ラ・マリポーサ
7.人生は美しい *亡命・投獄されたニロ・ソルーソ牢獄の中で作った


3か月の予定でボリビアに
「空気が合っていたんでしょうね」
現地の方の蒙古斑やこどもをおんぶする姿に日本を思いながら
結局10年のときを
「25時間あれば行けます、皆さんもぜひ」
そう何度も繰り返し
初めて目にする『チャランゴ』という楽器
遥か遠くにまで届きそうな伸びやかな声

ギター・チャランゴ・歌 木下尊惇さん


【アンコール】
1.想いのとどく日(カルロス・ガルデル)
2.トゥリニダーからやって来た(ボリビア伝承曲)


帰り支度中
「価値のある1000円だったわね」
そう言って、隣のご婦人が席を立った。





この
14788613140.jpeg
ずっと奥にある国の音楽


一部・二部とも後半はおふたりで一緒に演奏
*部分 MCにて

『星野道夫の旅』

早く上がれた仕事帰りの電車の中
たまたま目に入った中吊り
「もしかしたら、このひとではないだろか」
そんなことを

そのうたをうたうとき
ときどき出てくる名前
キオク違いかもしれないけれど
「これは行くべきなのだ」
会場に向かう電車に乗り換えた


没後20年 特別展 『星野道夫の旅』
14777092920.jpeg



ずっと広がる白い風景
アザラシを求めて彷徨う二頭のホッキョクグマ
ふたつの生命がたしかにあって
吐きだす息の白さに
切り取られた瞬間のふたつの体温を
ファインダー越しに
無限ではなかったであろうフィルム
シャッターを切るそのひとの息
大きな写真の前で固まった



『目に見えるものに価値を置く社会と
目に見えないものに価値を置くことができる社会の違いをぼくは思った』

「仕事はなんでもしますのでどこかの家に置いてはもらえないでしょうか」
そんな星野さんの手紙に 73.12.18 消印
Your are welcome to stay with us.
応えたシシュマレブ村の村長さん

旅の始まりは
便箋を探すところか
それとも
アラスカの写真集に出会ったところか
いや、きっともっとずっと前



14777093140.jpeg



『自分達が生きている瞬間、もうひとつの時間が、確実に、ゆったりと流れている。
日々の暮らしの中で、心の片隅にそのことを意識できるかどうか。
それは天と地の差ほど大きい』

そんな言葉を思い出しながら
今夜は
『かたすみ』といううたをベランダで聴いた



どう生きるか。

『第58回関東ブロック 民族芸能大会』

なかなか遠くに行けないけれど。
地域に受け継がれてきた伝統文化。
その片鱗だけでも伺い知ることができたら。
そんなおもいで往復はがきを投函。


当たったー
14777092450.jpeg


◆大前神社の式三番 (新潟県)
『式三番』は能楽の「翁」のことで、千歳・翁・三番叟、次々に出て舞うめでたい曲。
三番叟の持つ鈴は神役の象徴であり、稲穂を表す。
稲は一粒の種から何十倍もの収穫を得ることから『五穀豊穣』『子孫繁栄』の祈りが込められている。
現在は、庶民に受け入れられやすい三番叟だけ残すところが多い。

◆内船歌舞伎 (山梨県)
江戸の旅芸人が、身延山参詣の帰路に寄畑近藤家に40日ほど滞在し、歌舞伎を伝授したのが始まりと言われている。
内船には三つの座があったが、後継者不足のため順次解散に。
しかし、郷土の伝統文化を保存しようとする青年団が、生存者の指導を受け復活公演を開催。
昨年は、町内唯一の中学校の前一年生が、学校文化祭などで熱演。
「かーちけねー」って聞こえた。

◆田宮ばやし (茨城県)
室町時代に始まった頃は単調なリズムだったが、楽器の発達や各地との交流で徐々に複雑に。
三切りばやし・大杉ばやし・かっころばやし・やぐるまばやし・門付けばやし・帰りばやし・疱瘡ばやしの7曲目で構成。
別名『疱瘡田宮ばやし』と言われ、疫病(天然痘)除けの意味合いを持つ曲目が含まれているのが特徴。
舞台向かって右のひとのやわらかい大太鼓好きだなー

◆天竜村の霜月神楽 (長野県)
天竜村の「坂部の冬祭り」「向方のお潔め祭り」「大河内の池大神社の例祭」を一括して『天竜村の霜月神楽』という。
いずれも冬(本来は旧暦霜月)の一夜を徹して湯立てと舞が繰り返され、神事色が極めて強い。
神子とも宮人とも呼ばれる人々が一生涯祭りに奉仕したこと、「お清め祭り」などと呼ばれた臨時祭りがあったことも特徴。
どちらも立願によるもので、人々が祭りによせた祈りの強さを物語る。

「このお祭りは『さむい・ねむい・けむい』んですが、現地で観てほしいですねえ」 解説の方

◆川名のひよんどり (静岡県)
堂内での舞の奉納前、大禰宜・小禰宜等祭りに関わる者一行が聖なる火を薬師如来へ献上する場面で、大松明と裸の若者達との揉み合いが豪壮で印象的であることから『ひよんどり』と名付けられたとされる。
大禰宜、小禰宜、松明献納者、団子積の役、僧の供、若連と役が分担され、若連以外は世襲。
長い間に一部の変遷はあったが、村の成立時の家の系譜に則っていると言われ、各々が祭事を進めるための道具作りにかかわる特殊な技能を受け継ぐ。
先祖代々引き継ぐことの責務と誇りが『ひよんどり』をゆるぎないものに。

◆ちゃっきらこ (神奈川県)
三浦半島の最先端三浦三崎の漁村に、江戸時代から伝わる女性だけの小正月の行事。
踊り手と音頭取りに別れ、踊り手は4・5歳から12歳までの少女たちが、扇を一本または二本持ち、また、チャッキラコ(綾竹)と呼ばれる道具を打ち鳴らしながら踊る。
小正月奉納後、家々を廻り、家内安全や商売繁盛などの願いを込めて踊る。

「こんな可愛い子が来たら年金全部出しちゃってもいいかなーなんて、もうおじいちゃん目線ですね」 解説の方  絶賛同感

◆箱根の湯立獅子舞 (神奈川県)
江戸時代中頃の安永5年、萱沼儀兵衛によって伝えられた。
地域に災厄を及ぼす悪魔を払い、家内安全、五穀豊穣願う神事として、舞い継がれる。
『獅子』が湯立ての行を行う珍しい神事。
『湯』には神聖な力がある。




現地に足を運び、話を聞き、生き方を学び、どういう思いで伝えてきたのかを知ること。
後継者不足が深刻であること。
未来につないでいくには、サポートする側の熱意とお金が必要であること。


「祭りに通って50年」と仰る、イシイさんの解説と共に
14777092710.jpeg

受け継いでいるひとびとの、汗と息遣いを。

プログラムからの抜粋とキオクの記録として

ひろみねーちゃん

サッシを右にカラカラカラ
陽当たりのいい窓際で
着物を仕立てる針先ちくちく
糸を噛み切るときのえくぼは
笑っているときのそれとはすこし違うかたち

そっとその部屋に侵入すると
部屋の右側に整列するのはコカ・コーラの空き瓶
壁にはLPレコード
狼カットと裾が広がったズボン
そんな仲間たちとの白黒写真

流れているのは拓郎で
陽が当たる窓際で
拓郎に合わせてちくちくちく
針先を見つめる目は真剣で
鼻歌交じりにちくちくちく

お嫁に行って
お姑さんを、おくり
こどもたちを育てながら
難病のお舅さんをぎりぎりまで介護し、おくり
母親の介護をし、おくり
仕事して、孫の世話をしながら父親の世話
息つく間もない日常に
娘夫婦からのプレゼント


『吉田拓郎LIVE』
14763435920.jpeg
約2年ぶりに上京

どこへ行こうとか
なにを食べよう
そんなことではなく
『好き』があるのは楽しいことだと教えてくれた
『好き』があるから頑張れると教えてくれた
『従姉妹』というにはすこし年の離れたひろみねーちゃんに
会えるのが嬉しくて
ただただ会えるのが待ち遠しくて




「みんなオラどご見んだでば」 みんなあたしを見るのよね

「それは立っている場所にモンダイが」

あははははー×2人

待ち合わせは東京駅
14763436250.jpeg
この前で待っててくれた



ねねね、昔のチケットとか取ってあるの?

「みな取ってだよ」 みんな取ってあるよ

これいつの?ひゃー、『立見』ってすごくね?
14763435770.jpeg
財布から出てくるわ出てくるわ




いろんな話を聞いて
いろんな話を聞いてくれて
あたしの分まで怒ったり、泣いたりしてくれて
いっぱい笑って
東京駅でコンサート会場に向かう電車の窓から
見えなくなるまで手を振ってくれて

それはやっぱり
いくつになっても
『好き』を大切にする
あのころと同じ
えくぼのかわいいひろみねーちゃんだった

次は一緒に行ってみたい拓郎LIVE

中華街

「今朝早く目が醒めちゃって、トイレ掃除までしちゃった」 by いつでもどこでも誰にでも物申す職場の年下女子

「それ以上美人になってどうするのさ」 とか言ってみる

年下女子見事な鼻穴の広がりっぷり ふ。




上司+いつでもどこでも誰にでも物申す年下女子+あたし、3人休日出勤

8:30〜12:30までの勤務時間。

カラカラカラ 開く扉

「何して遊ぶ?」 by 上司 10:00の段階

あははは、どんだけ暇なの





肉まんだ
コンビニのも好きだけど
今日はがっつり肉まんが食べたいから
ちょっと寄り道
のつもりが


『雙十節』
14769326850.jpeg
ひゃー

14769328300.jpeg
ひゃー

14769327530.jpeg
ひゃー

14769328040.jpeg
ひゃー

14769327740.jpeg
ひゃー


なんかずっと「ひゃーひゃー」言ってた気ガスル。


肉まんー  お店の名前 失念
14769327070.jpeg
ひゃー うましー







『浜の番長さん』じゃありゃーせんか
14769328710.jpeg
お疲れさまでした。