うづらのたまご

2017年02月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2017年03月
TOP ≫ CATEGORY ≫ 佐藤嘉風くん
CATEGORY ≫ 佐藤嘉風くん
       次ページ ≫

『Music Harbor』 Kafu Satoh one-man live

前略
そちらはさみしくないですか。

今日のLIVEは初めての場所。
すこしの緊張と、それでもやっぱりわくわく。
何度も地図を見直して。
曲がり角にある信号の名前を覚えてさ。
そう。
方向音痴は相変わらず。

なかなかディープな通りを歩いて。
今回は迷わずに。
人生でたった一度、キオクをなくしてしまった。
仙台駅で待ち合わせて。
君と飲んだ3件目のお店。
あのあたりに少し似ていたよ、空気が。




佐藤嘉風くんLIVE『Music Harbor』
14892812330.jpeg
横浜 Yoshidamachi Lilyさん


いつもとすこし雰囲気が違うように感じたのは
初めてのお店であることと
フレッシュなお客さんたち
うたが広がっていることが
ただ、嬉しい

もしかしたらうたってくれるかも
そうおもって
この日のライブを待っていて
でも
もしそのうたが始まったらどうしたらいいのだろう
そうもおもっていたのだけれど

不意打ちをくらった『YOU & I』 なして毎回
そこからの流れで
ぐずぐずと鼻をすすりながら
聴きたかった『みんなで』といううたで
初めて3月11日に泣いた


14892811910.jpeg
今日もほんとにありがとう。

*徐々に今日はきてます。 あはは
*この反応がこわい。 あははー
*持ってるよ、具志堅くんは持ってる。 あははははー





あれは、何年生の時だっけ。
君のお兄さんが運転手、彼女さんが助手席に座っていて。
後部座席に3人で。
「邪魔しちゃわりーから」
車を降りて、空気の冷たさに身体を縮こめて。
3人で、まだ暗い松林を歩いて海のほうに。
あれは
ほんとにきれいな初日の出だったよね。

14899096950.jpeg

こちらは、さみしいけれどちゃんと笑っています。
草々
佐藤嘉風くん | Comments(1) | Trackbacks(-)

鎌倉Daisy's cafe Live 佐藤嘉風

長谷寺に用事があったのだけれど
門はもう閉まっていて
ああ、いつも訪れるのは午前中であった
そんなことに、今更ながら気づく

Daisy'sのオープンまで約1時間
由比ガ浜をうろうろうろ
マーチンのブーツに砂がついちゃうかな
ちょっとおもったけれど


14877781290.jpeg


鎌倉Daisy's cafe Live 佐藤嘉風くん
14877781480.jpeg
あ、少年っぽい


お楽しみは
14877781650.jpeg
『ジャスミンズライス』 どはまる味


今日のために準備してくれたのは
なんのうただろう
定番のうた、久しく歌っていないあのうた 勝手に脳内セットリスト作成
LIVE前のお楽しみ


はじまりは『Winter Days』
雪深いところに住んでいるファンの方
厳しい冬をすこしでも楽しく
肩が揺れるのはきっとそんなおもいが


「あ」
そうおもったのは『雨が歌いつづける』のとき
なんだろうシャツの模様
きいろい鳥、見える範囲に12羽乗っけて 


画家の亀山和明さんが描いた
青を基調とした『海に溶ける月』
その中に
まるで同化したような嘉風くんの影


大好きな声を聴きながら
きいろい鳥の数を数え
影が額縁からはみださないかが気にかかり
これも右脳と左脳のモンダイであったりするのだろうか


14877781830.jpeg


今回のゲスト『AURORA BOYS』の吉賀大史郎さん うたうまっ
こわしてはいけないものを
そっと真綿でで包み込むように
たいせつにうたうふたりのそのうたに

『明日が見えなくたっていい 今を生きてやろうじゃないの』
そうおもった
『愛されなくたっていい 誰かを愛してやろうじゃないの』*『myself』歌詞
強くおもった



今月退職Daisy'sの永井店長、たくさんの絵亀山和明さん、吉賀大史郎さん、嘉風くん。
そして、この夜を共有したみんな。
ありがとう。

*あ、お父さんが帰ってきた、みんな死んだフリをするんだ。  あははは。
*サイズ感で言わないで!  あははは。
佐藤嘉風くん | Comments(0) | Trackbacks(-)

『酉年生まれのチキンハート』

御成町をぶらぶらしーの
鎌倉駅で待ち合わせ
「なんだその女のような恰好は」by キョーコさん
あはは。寒いから重ね着したら、ジーンズぱつぱつガウチョにしましてん」一応 女だがな


寒いけど断然ビールなのさー
14846189090.jpeg



佐藤嘉風LIVE 『酉年生まれのチキンハート』 あはは 年男だっちゃ こっこっこっこっこけーっ
14846179930.jpeg
『COBAKABA』さん


初めて聴くうた『初詣』
季節限定感満載の贈り物
一緒に行けるのは
いつまでなのだろう
中1娘との元旦を思い出し

おそらく聴くのは二度目
『雪の中で』
どこまでも続く白い世界は寒いはずなのに
すこし先にある春の日差しの暖かさに
包まれているようで

「あ、ちょちょ、ちょっと待ってごにょごにょごにょ
そう言って椅子から立ち上がったのは
後ろにいるお客さんにも見えるように
そんな嘉風くんらしいやさしさが
いっそうココロをほかほかに

四月に決まったソロ活動10周年記念LIVE
『10年分のありがとう』と
今まさに紡いでいるというCD
何が入っているのかワカラナイ
箱を開ける前のわくわく

待っているのは得意だけれど
迎えに行きたい今は、
春を


お店の外から
14846180070.jpeg


14846180240.jpeg
すこしはやいプレゼントだったっちゃ
いつもほんとにありがとう
佐藤嘉風くん | Comments(0) | Trackbacks(-)

鎌倉Daisy's cafe Live 佐藤嘉風

帰宅した娘に晩ご飯の説明
「留守番ウケタマワッタ。今日は『傘』いらなそうだね」
そんな言葉に見送られ
駅に向かって坂を下る
イヤホンから聴こえるのは
やっぱり


Daisy'sのドアを開けたら
わわわわわー久しぶりの顔
話をしたら
瀧マヨさんはやっぱり瀧マヨさんで
ここ2年ほどの嘉風くんのLIVEにおける
お互い見事なまでのすれ違いっぷりに笑う


『佐藤嘉風 LIVE』
14822949440.jpeg
鎌倉Daisy's cafe


「はじめて聴くうたかな」から始まった
楽しみにしていたたいせつな時間は
「なくなってしまうのがカナシイの」
泣きながら大好物のアポロチョコを食べていた
まだちいさかった頃の娘を
ふいに思い出し


たくさんの時間が流れてきていて
何億というひとがいるこの世界で
『このひとのうたが好き』
その共通項で
時間・空間を共有するという
不思議


たくさんうたをうたうひとがいて
たくさんのうたもあるけれど
このひとの紡いだうたが
声が
ただただ好きで
このひとのうたでなければならなくて


どこかに紛れ込んでしまったのか
それとも失くしてしまったのか
探しても探しても見つからなかった
パズルのピースが
さくりとはめ込まれるような感触に
緑色のチェックのシャツが
滲んだ



サンタクロースが
14822949270.jpeg
大好きなうたをたくさん運んできてくれた





いつもほんとにありがとう
14822949660.jpeg
ココロほかほか すてんばいみーすてんばいみーすてんばいみー 歌いながら家までの上り坂







番外
*「これいただいたんですけど『くじらのカポ』いい仕事するんです」
ずいぶんスリムなくじらだなとおもったら名前『シャークくん』
あはは。

*「なんだその唐揚げを揚げてるような手拍子は」
あはははー。
佐藤嘉風くん | Comments(-) | Trackbacks(-)

『色なき風と雲の季節』

『ほかほか』をわけてもらえると
そんなふうに届いたので
『ほかほか』をいただきに


鎌倉『moln』さん
14799734880.jpeg
『ほかほか』くださいな


木が呼吸しているような空間
手のぬくもりが溢れそうな雑貨たち
その一画で
丁寧に生み出された『スプーン』
あたりがやわかくて
驚くほど軽く
後ろを刈り上げてるかなのショートカット
黒のワンピース
ころころ笑うスプーン作家miyazono spoonさん


opening live 佐藤嘉風さん
14799729730.jpeg


『無花果の頃』から始まったそれは
ひとつひとつが『ほかほか』してて
時折聞こえる電車の音も
うたたちの風景に
いつも聴いているけれど
いつ以来だろうか『独り言』
『ほかほか』したのは
HEARTLNDのせいではなく
言葉と音と声
そしてひと
すべてのあたたかさにくるまれて


14799730070.jpeg
写真があああ








healing rain
14799730210.jpeg
なんだ、きっと


いつもほんとにありがとう。
佐藤嘉風くん | Comments(-) | Trackbacks(-)