うづらのたまご

2015年01月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728 ≫ 2015年03月
TOP ≫ ARCHIVE ≫ 2015年02月
ARCHIVE ≫ 2015年02月
       次ページ ≫
≪ 前月 |  2015年02月  | 翌月 ≫

ブログ

ぬるっとブログを始めた。


過去の日記を読み返して、妙なブログだなと。


『ヨクワカラナイジブン』を認識。


まあ、それでもいいかと。



ブログの掟みたいなこともわからず。
なんだかずかずかと訪問などしてみたけれど、気の利いたコメントなども残せず。


そんなときに、あたたかいコメントを頂いて。
『今日も書いてみよう』の繰り返しで。
なんとなく三か月。




訪問させていただいている皆様に感謝。

そして、今更感たっぷりですが(汗)訪問してくださる皆様に感謝を。
いつもありがとうございます_(._.)_。
日記 | Comments(12) | Trackbacks(-)

『海自オタがうっかり「中の人」と結婚した件』

本日仕事。
多少の体調の不具合くらいでは、休んだりしない(できない)性質で。
まして、激しく忙しい金曜日。
鎮痛剤と湿布でなんとかこなす。
ああ、今日の痛みがMAXでありますよう。






帰宅してすぐ、実家からの宅配便が届く。


なんでもかんでも力技で自分の意思を遂行する母からの宅配便。
毎度のことながら、開けるのに若干の気合が必要。


それは、みっっっっっっっしりと整列した干し柿であったり(ワタクシは干し柿が苦手だ)。
段ボールの中に、何箱も入った温麺だったり。
何年かかって飲んだらいいのか見当もつかない大量の梅酒だったり。


母の現在の流行が何であるか、わかりやすいっちゃわかりやすいのだが。


とりあえず、開けた瞬間のダメージを予測しつつ。

14250417740.jpeg

今回は、カレー各種。
こんなに(@_@)。
アリガタイノデスガゴニョゴニョゴニョ。








自衛隊員の同級生がおり。
特別詳しいわけではないのだれど、制服や、装備などを見ているのが好きで。

中学時代に一度も話したことがなく。
中学卒業以来の飲み会で、初めて会話をした彼にそのことを言ったら非常に喜んでくれ。
ワタクシも自衛隊の話が聞けて非常に嬉しく(いや、元気で活躍している同級生に会えたのが嬉しく)。
やたらめったら盛り上がった。


「制服着た写真、写メしてくんね?顔はいらないから」と、つい本音だだもれ。

「おめー、それはどういう意味だーー」と、頭を叩かれた感じが、制服を着ていた頃を思い出させた。



東日本大震災の時、彼はどこにいたのだろうか。
写メは送ってくれなかったけれど(当たり前だ)、元気でいてほしい。








海上自衛隊は、洋上で曜日感覚を忘れないように金曜日にカレーを食べるそうで。
我が家も金曜日はカレーにすればいいか。


『海自オタがうっかり「中の人」と結婚した件。』
著者  たいらさおり
ほんをよむ | Comments(6) | Trackbacks(-)

うずくまる

本日仕事。
呼吸はできるだけ浅く。
笑みは絶やさず、大笑い厳禁。





昨晩、入浴後風呂掃除。

14249478860.jpeg



いつもの、こういう体勢で挑む。

14249478700.jpeg

床の乾拭きがあまかったらしく、ずるっと後ろに足を滑らせ。

14249478580.jpeg

胸部を強打しただけかと思ったら。



あっちゃこっちゃ

14249580740.jpeg




ええ、息が詰まりました。

日記 | Comments(8) | Trackbacks(-)

『アメリカン・スナイパー』

大好きな伯父がおり。



私が小学三年生の時、母が突然車の免許を取ると言い出し。


なんでもかんでも力技で自分の決意を遂行する母は、
東北にある母の実家近くにある伯母(母の姉)の家に居候し、
小学校の夏休み中に免許を取得するという無謀な計画を立てた。



当時、米軍基地が隣の市にある、都会のはずれ、まだ田舎のようなところに住んでおり。


宅地開発途中の自宅周辺の山で遊んだり
本を読んだり
何かを作ったり
一人で飽きることなく遊ぶ子供であったけれど。

夏休み中留守番をさせるのが嫌だったのか
教習所が近くになかったのか
なんだかよくわからないままにぐいぐいと伯母の家に連れていかれた。





伯母の家は、見渡す限り田んぼの中に。
大勢の人が住んでいる、大きな家。
『おほとけさま』がいる部屋には、軍服を着た若者たちの写真が壁に並んでいた。




母は、まさにぐいぐいと朝から夜まで教習所。
おっぴさん、伯父、伯母、そして私よりも母に年が近い従兄弟たち四人。

おっぴさんと、伯母は野菜売り。
従兄弟たちはそれぞれ仕事。
農作業をする伯父と、放し飼いにされた犬のように夏休みを過ごした。




大きな声を出すことなど決してしない伯父は、私の名前を『クン』付けで呼び。
男の子と思われてもおかしくない名前に、それはとてもぴったりとしており。


とても器用な人で、ロープでブランコを作ってくれたり、鳥かごを作ってくれたり。
冷麦を二把茹で、しょうゆをかけただけのお昼御飯も、伯父が作ってくれるとしみじみと美味しく。


『センソウ』のことを、いつもと変わらない静かな声で話してくれ。
私はその話になるとなぜかいつも背中がピンとした。


『ショウシュウレイジョウ』がきたときのこと。
『シュッセイ』するときのこと。
『エライヒト』から受けた、暴力のこと。
仲間のこと。
目の前で仲間が死んだ時のこと
『テッポウノタマ』が、腕に当たった時のこと。
『センソウ』が終わったときのこと。
『ホリョ』になったときのこと。



おそらく事実のみを、淡々と、まだ幼かった私にわかりやすく。
「ひとがひとを傷つけることはイケナイこと」だということだけは何度も繰り返し。




戦争のことを自分の中でどのように受けとめ、
来る日も来る日も丁寧に農作業をし、
静かに日常を送り、
日本酒コップ一杯のみの晩酌を嗜んでいたのだろうか。



「おやじに戦争の話なんてされたことないなあ」と、最近従兄弟たちに聞いた。






14248384430.jpeg


あの夏休みは緩くも濃厚な時間であった。
「伯父に会いにいかなければ」
そんなことを思った映画だった。
えーがをみる | Comments(8) | Trackbacks(-)

続・旅支度

関取(世帯主)が着ている、シャツがはちきれんばかり。
ボタンが苦しそうにシャツにしがみつく。
必死の様相(ボタンが)。
てことはだ、ボタン穴だって必死なわけで。
生地の頑張りときたら、想像を絶す。



「もう少し、ゆとりのあるシャツがあるといいですね」

中身だけで飲んじゃったほうが楽じゃね?的、幾重ものオブラートに包んでご進言。






関取が三歩前に。
後ろに娘・ワタクシと並んで、某量販店衣料品売り場を歩く様は、横綱土俵入りの如く。
若干、番付がおかしいことに。



サイズの一番大きなシャツを手に取り、すぐさまレジに。

「入るの?」
「入るでしょう?」

質問に質問で答えるのは止めていただきたい。


「だって、店で一番大きなサイズだよ」

ええ、だから心配。




帰宅して、シャツを着て関取が言う。

「このシャツ、旅行まで洗濯しないで」







ああ、洗濯した場合の若干の縮みの猶予もないんすね。
日記 | Comments(2) | Trackbacks(-)

できるなら

本日仕事。



ヘトヘトに疲れ、空腹のまま駅に向かう。
鼻腔に危険な香りが。
ああ、ラーメン。



ヨロヨロと、初めて入るラーメン店に。



カウンターのみのお店。
ラーメンを食べていると、右隣にサラリーマンが座った。
間髪入れず、水を飲み干す。
まだ口つけてないけど、それ、ワタクシの。


カウンターの中にいる店員と目が合う。
左側に新しい水を置いてくれる。
その瞬間に左隣に座ったサラリーマンが水を飲み干す。
それもワタクシの。







店員の立ち位置で、この状況に参加したかった。
参加て。
日記 | Comments(6) | Trackbacks(-)

旅支度

関取(世帯主)、巡業(旅行)の支度。




気楽な一人旅、というコンセプトだったはずなのだが。
重々しい(外見含む)一人旅的ニュアンス半端なく。
『ああ面倒くさい』感が、大きな大きな全身から漂う。






街中を歩く時のカバンがないそうで。
リュックサックは防犯上よくないと関取譲らず。


斜めがけのカバンがベストであると言うけれど。
どうにもこうにもベルト部分が短く(ふくよかな体型ゆえ)。
予想以上に大きくなってしまった、幼稚園の年長さん男児の如く。



ネット検索で「見つけた!」と言うので、どれどれと大きな背後から覗けば

「どこのパンク野郎ですか」と、ワタクシ心の声だだ漏れ状態。




「じゃ、これは?」と、見せられたカバンは、

「どちらのスタイリッシュ野郎ですか」と、ワタクシ不覚にも心の声止められず。




しゃあねえ、と店に同行。

カバンコーナーで「これはどうだろう」と関取が指差した品物は

「お友達とおランチにきた奥さま感半端ねえ(どんなの選んでんだ)」と、ワタクシまたも心の声垂れ流し状態。







結局、背中部分に開閉部が隠される『リュックサック』に決定。
『リュックサック』に、決定。
………『リュックサック』。







時計の針をぐるぐる回してみても、出発の日は早く来そうにない。
日記 | Comments(4) | Trackbacks(-)

『CROSS STREET』

気になっていた『CROSS STREET 土日ライブ』。

14245167220.jpeg

200円以上を土日ライブ運営協力金として支払うのだけれど。
『以上』とか、『投げ銭』と言われるとちょっと考えてしまうのは、ワタクシだけか。
前に入場する方の様子を見つつ。
………200円でいいようだ。




四組のミュージシャンが出演。
目当ては一人。




ジェネレーションギャップを感じずにはいられない、もがいていたり・怒っていたり・恋していたりする詞。
よく考えると、随分とわがままな詞だったりするのだけれど。
完成されていない感じが心地よく。
なんだか面白い歌を歌う男の子だ。



いわゆる『おじさん』世代の客が多い。
昔、ギター抱えていたのだろうか。
今も、ギターを弾いているのだろうか。
ほんの少し膝が動いていたり、足や指でリズムをとっている空気を感じるのが好きだったりする。








真ん前には『伊勢佐木町ブルース』の歌碑と、看板が
14245167370.jpeg

以前、黄金町のライブハウスで、佐藤嘉風くんがカバーした『伊勢佐木町ブルース』は最強。
もう一度聴いてみたいけど、無理だろうな。











帰宅すると、関取(世帯主)と息子が、先日の焼きおにぎりについて語り合っており。


「この間の焼きおにぎり、きっちり握られていたね」
「そうそう、噛みごたえ半端なかった」

「食べてる途中で、顎が痛くなったし」
「そうそう、でもちゃんと噛まないと喉に詰まりそうだよね」

「きっちり握ってある上に、焼いてあるから」




ああ……( ̄▽ ̄)

おにぎりを握る時は、細心の注意を払って力を抜かなければいけないことを忘れていた。






未だ、おにぎりの力加減がイマイチつかめないのは、44kgの握力のせいなのか。
違うな。

自己暗示

本日仕事。
息つく間もないとは、このことで。



ゴールが見えたあたりで、相方と妙なテンションになる。


「うおおおー、うちら絶対前世が極悪人だったんだーー」

「うおおおー、現世これなら来世期待大だぜーー」



後ろ向き・前向きの性格はこんな時に如実にアラワレル。
ああ、本当に素敵な相方だ。








口から抜け出しそうな魂を飲み込みつつ、とどめの急坂(我が家は急坂の途中にある)を登り、帰宅。


ああ、そうでした。
娘、喉が痛いと学校欠席でしたね。
まだ『とどめ』ではなかったのですね。

もう一度、この急坂を下り、病院に行かねば。
坂を下りるということは、もう一度この急坂を登るということで。
おおおおお。








耳鼻科の医師は、娘に対してもどこまでも優しく。
壁ドン的シチュエーションを、横から眺める。

おおおお。
娘の鼻穴を見つめる、真剣な眼差し横からバージョン。
萌えます。
いただきます(見ていただけ)。
ごちそうさまです(見ていただけ)。






ほら、力もらったし。
足をね、右、左、右、左ってするだけ。
見上げちゃうから駄目なの。
足下を見てればいいの。
ちょっとずつで大丈夫。
いつか着くから、家に。









『とどめのとどめ』をさす。
日記 | Comments(4) | Trackbacks(-)

称名寺

金沢文庫から称名寺までの住宅街には、ワタクシ好みの平屋建てがちらほら。
昭和の頃に建てられたと思われる懐かしい家。
さっぱりと掃除された家の周りと、イスを低くした小さめのママチャリ。
かわいらしいご婦人が住んでいるのかな、と想像。
表札には、えらく長い立派なお名前が。
かわいらしいご夫婦が住んでいるといいな、と訂正。
いや、かわいらしくなくても何ら問題はないけど。





称名寺。
14243166020.jpeg


朱塗りというにはいささか色がさみしいけれど、反橋と平橋がかかる浄土式庭園はそのまま感あふれ。
これはこれでいいのだと思う。
ウォーキングする人、絵を描く人、写真を撮る人、ぼんやりする人、車いすの人。
それぞれの、思い思いの時間。
わさわさせずにいられるのは、観光客の少なさだけではないのかもしれない。



「こんにちはーこんにちはー」と、保育士さんの真似をして挨拶する、帽子をかぶった子供たち。
おりこうさんだね。



御朱印を頂戴して、裏手の山のハイキングコースへ。



若干ぬかるんでいるところもあるけれど。
14243165720.jpeg
ころんと落ちている花にハッとする。



何も考えず、さくさくさくさくと歩いているのが楽しく。
「何が楽しいんだろう」と以前は思っていたのに。
そういうお年頃になったということか。
足を踏み入れる気になったということか。
ま、いいか。



随分と真剣に耳を澄まし、空を見上げる方が。
ああ、こうやって鳥の写真を撮影しているのですね。
すごい。




金沢山てっぺんの八角堂広場で。
14243165840.jpeg
やっぱり写真へた。シーパラダイスがあああ(/ω\)。






下り道、なんだか大勢のリスがわしゃわしゃと忙しそうにしており。
トートツに『ロッキーチャック』の歌を口ずさむ(古いな)。






紹介してくださっていた、切り口の全く違うお二方のブロガーさんに感謝を。