うづらのたまご

2015年03月 ≪  123456789101112131415161718192021222324252627282930 ≫ 2015年05月
TOP ≫ ARCHIVE ≫ 2015年04月
ARCHIVE ≫ 2015年04月
       次ページ ≫
≪ 前月 |  2015年04月  | 翌月 ≫

『バガボンド』

「資源ごみを出してきてはもらえないだろうか」と関取(世帯主)に頼んでみる。

「わかった、じゃあその前に腹ごしらえ」

…………はい( ̄▽ ̄)?


目の前の坂を、ほんの100歩ほど下るのに腹ごしらえとな。

ははーん、その100歩の間に全力で闘わねばならない猛獣でも待ち構えているのだな。
いや違うな、坂の途中で行き倒れている旅人を背負って救出するのか。
そもそもこんなところを旅人が通ったりするのか。
まさかこの坂の途中で、いきなり全米オープンテニスの試合をしかけられるとか。
そら、炭水化物必要ですわな。
なるほど、関取廃業なんすね。


わしわしわしとおにぎりを食す関取を見つつ考える。






「かあさんまだ具合悪いんだから、とうさん晩御飯当番ね」娘が言う。

「あ、モコズキッチンみたいに、塩高いところから振ってみるとか( ´▽`)?」関取のたまう。

…………はい( ̄▽ ̄)?


「速水もこみちくんに謝らんかい」心の声だだ漏れる。






上京してから、米は定期的に実家から。

関取の長期休暇で、どんどん減る米( ̄▽ ̄)。


「米なくなったら電話よこさいんね(よこしてね)」という母の言葉に一度だけ甘えてみた。


「あの、米がそろそろなくなりそうなのですが」

「あら、今回早くない?なんか飼ってるの?


…………( ̄▽ ̄)。
飼ってるつうか、なんつうか。



電話はそれ一度きり。








黄金週間始まったばかり。
ワタクシの怒りメーターが、何度振り切れるのか数えてみるもよし。
いざ。






昨日、ライブに行けず。
ゆらゆらする天井をみながら「なーにやってるかねえ」と呟く。
なーにやってるんだろうねえ。








なぜか、体調を崩すと読みたくなるマンガ。

「会う人、出会うもの、全て我が師なり」と書いてあったのは、原作であったか。
別の書籍であったか。
見つからず。


原作 吉川英治さん『宮本武蔵』より 井上雄彦さん 『バガボンド 1〜37』 再読



なーにやってるかねえ
ほんをよむ | Comments(6) | Trackbacks(-)

あるものがない

「今、どこにいるの?小児科から電話がきて、予約時間が過ぎてるけどまだ来てないって言われたんだけど」



駅前のスーパーで買い物をしており。
関取(世帯主)からの電話で、病院の予約日だったことを思い出す。



近くにある総合病院の小児科。
子供たちがずっとお世話になっており。
月に一度、薬をいただきに。



あまり丈夫な性質ではなかった子供たち。
入院すること数度。
へとへとになっているワタクシに、その医師はいつも優しく。
県外に開院するために病院を辞めたあとも、月に二日、受け持ち患者の診察を継続してくださっており。



慌てて病院に電話、謝罪。
受付の女性から、その医師に電話が替わる。


「あのねえ、桜新町にサザエさんの銅像あるの知ってる?」

いえ。

「波平さんのね、毛が抜かれるわけですよ。誰かにね」

はあ。

「非常に気持ちが悪いんです『あるものがない』ということは」

はあ。

「いつも一番に来て待ってるでしょ」

はあ。

「いつも、カルテが一番上にあるんですよ」

はあ。

「仕事がまだ終わらないのかな、とも思ったんだけどね」

いえ、今日は仕事ではないのです。

「気持ちわるいんですよ『あるものがない』というのは非常に」






字はひどいけれど、折れそうであった子育てを暖かく支えてくださった、落語好きの医師。


「あはは」と笑いながら、バイクで病院に。
帰宅し、カレンダーにいつもより大きな字で『病院』と書いた。
明後日は、ちゃんと一番に。
日記 | Comments(6) | Trackbacks(-)

想定外

にぎにぎにぎと、キャッチャーミットのような手で巨大なおにぎりを。
朝、リビングに入った瞬間に目に飛び込んでくる関取(世帯主)。
ハンドボールかと思った……( ̄▽ ̄)ココロノツブヤキ






小田原にトランプを見に行くはずだったのにだったのに。

「かあさん、今日は四時間授業だから『おかえり』してね」
……うぐ( ̄▽ ̄)





気持ちを切り替えてな。
きりっとな。



誰もいなくなった家で、朝仕事。




ああそうか。
薬がなくなるころだ、ちょうどよかった。
いつもお世話になっている医院に。



世間話しつつ。

「じゃあ、いつもの薬ねー。あ、そうそう調子どう?」などと言われ。

今朝からすこーし喉が痛いような気が

「はい、あーんして…うわっ思ったよりひどいよ」

あれまあ。

「熱あるじゃん」

あれまあ。

「点滴してって。しんどかったでしょ」

あれまあ。









そんなヤサシイコト言われたらぐにゃぐにゃになってしまう(立ち上がれなくなるの意・念の為)ではないかあ。.









ぐにゃぐにゃでブログを書いていて、別記事の下書きを投稿してしまいました。
拍手・コメントをくださった皆様、申し訳ありませんでした。
平に平に。
日記 | Comments(12) | Trackbacks(-)

鯉のぼり

職場の相方が広島に。
サザンオールスターズのコンサート。

心を鷲掴みにされて(勝手に掴まれているだけ)早三年強、ミュージシャン『佐藤嘉風』くん。
昨晩、相方からLINE。
ツアーパンフに『コーラスサポート』として名が。
おおおおお(*ノωノ)。


ごろごろごろと転がってみる。

「かあさん、おばかなの(*'▽')?」

「そそ、でも一回ぶっていい( ̄▽ ̄)?」

うきゃうきゃと逃げる娘を追い回す。






珍しく、目覚ましにしている曲ががかかる前に目を開ける。
おお、奇跡的な朝。
緊張からくる、早朝覚醒であるかもしれないけれど。
老人性の早起きなのかもしれないけれど。
ぼんやりしていない朝を楽しむ。目、開けているだけ






本日仕事。
いつも頑張っている相方にコンサートを楽しんできてもらいたく。
めったにない一人勤務。

本日の通勤テーマ曲は『水口囃子』。
顔はきりっとな(・ω・)。
朝だしな。
頭の中は『テンツクツッテンツクツクテンツクテンツクツッテンツクツクテンツク』。
でも、顔はきりっとな(・ω・)。

わちゃわちゃと、走り回っても走り回っても、どんどんたまる仕事。
ああ相方はいつも、一人でこのような状態と闘っているのだ。
弱音を吐かず、頑張っているのだ……と思いつつ、ゴール。
一気にくる虚脱感と闘う。







職場近くのスーパー。
思考回路完全ショートの頭で買い物。
豆乳3パック、ビール6本、一リットルジュース2本、酒、缶詰、サラダ油……etc。
ナニユエオモイモノバカリ( ̄▽ ̄)
毎度のことながら、自分の限界値がイマヒトツわかっていないニンゲンであることに、精算が終わった時点で気づく。






ああ、でも川では鯉のぼりが泳いでおり
14301411470.jpeg





まあ筋トレと思えばいっか、などと思い。
ずっしりと重たい荷物をダンベルの如く。
片腕ずつおりゃおりゃと持ち上げながら。





大きな口を開けた鯉のぼりが、わっふぁわっふぁわっふぁわっふぁと泳ぐ川沿いの道を3駅歩いた。

そうか、もう5月なのだ。
日記 | Comments(4) | Trackbacks(-)

入撥

喋ってはいかんのだ。

娘が習っているモダンバレエのリハーサル。

ソロの女の子が一生懸命に舞う。

肩が出ているピンクのふわりとしたドレスを着て、くるくると舞う。

舞っている間、喋ってはいかんのだ、保護者は。


が、しかし。

ひそひそひそひそからの、ざわざわざわざわ。

真っ直ぐに女の子を見ているワタクシに、母親たちが声をかける。

「あんなかわいいピンクのドレス、私たちはもう着ることないんだろうなあ」

「うっそ、ワタクシ普段着あんな感じ」←うそ。常にジーパンTシャツ。

大爆笑。ハイワラッタミナサマout( ̄▽ ̄)

講師のお叱りをいただき、ようやく静かに。







バイクで和太鼓の練習に。
ああ、ガソリン入れないと。

……んぐ( ̄▽ ̄)。
給油してくれるガソリンスタンド忽然と姿を消す。

あの爽やかなセーネンにガソリンを入れてほしかたのにほしかったのに。

というよりは、セルフ給油が実に苦手であり。
苦手というよりは。
どこまで入れられるのか、ギリギリを狙いたくなる自分がおり。
たいてい「あっ」という残念な結末。


仕方あるめえと、セルフ給油のスタンドに。

「本日給油してくださったお客様に、ティッシュ三箱プレゼントしております」などと囁かれ。


俄然やる気。
やればできる。
少な目に給油すればよいのだ。
欲張るからいかんのだ。


おしとやかに入れた結果、ティッシュをいただくのが申し訳ねえ請求額。
すまんすまんと退場。







和太鼓の練習。

入撥いたす  篠笛で酸欠、外のベンチで休むの図
14300526480.jpeg






一日が非常に長いのに、一年はあっという間、これ如何に。
得をしているのか、損をしているのか。








夜のベランダで、ビールを飲もう。
お中元にいただいた、お気に入りの作品を読みながら。
それがいい。
日記 | Comments(10) | Trackbacks(-)

ワスレラレナイコト

「明日の朝ごはんは『自由』でよろしく」と、宣言し、ベッドに。


いいですね『自由』。
自分の好きなものを食す『自由』。
自分の好きなものを作って食す『自由』。
実にいいですね。


それはやっと巡ってきた休日に、惰眠を貪るハハの作戦。
ミナミナガタノケントウヲイノル( ̄▽ ̄)








午後から、庭の手入れ。

「ああもうあっちゃこっちゃに伸びてますが」的アイビーをちょきちょきっちょき。
「なんだかワタクシ重心がおかしくなっておりますの」的ローズマリーもちょきちょきちょき。
「株分けしてもらって、ポンポンこんな感じですのん」的アルメリアよしよしよし。
「空中ならセーフっすよね」的お隣のお宅に若干侵略、ツルニチニチソウもちょきちょきっちょき。

垣根はさみで、木の床屋さん。
ニンゲンとしてありえない体勢になりつつ、しゃきんしゃきんしゃきん。

お次は草取り。
せっかく明るい世界に飛び出てきた葉っぱを抜くのは、少し申し訳ないのだけれど。
すまんすまんと、名前のわからない草を抜く。


ああ、すっきり。









北海道をバイクで走ってみたく、免許を。

竹刀を持った教官に

「もう少しメリハリをつけるわけにはいかんのかね?」などど困り顔で言われ。

いや、いかんということではないのだけれど。
元来こんなニンゲンで。
「壊しちゃいけねえ」と、そっとシフトチェンジ。
ああ『シフトチェンジ』とは、きりっとするものなのだと学ぶ。
きりっとな。
メリハリな。








まだ相撲界に入門する前の(今より40㎏ほど体重が少なかった頃)世帯主と、バイク二台で海を目指す。
公道を走る稽古。
景色を楽しむ余裕などなく、ひたすら世帯主の背中を追った。




海に到着。

磯場の海に、生まれて初めて見る生物が。
なんだこれ。
もにょもにょふわふわ動く生物。



「これ、何?」と聞いたら「ウミウシ」と世帯主が答えた。

「とって」と指をさす。

「ちょっと無理」真顔・即答。






あの顔は一生忘れない、たぶん。
日記 | Comments(14) | Trackbacks(-)

年下の女の子

窓の外に、ゆらゆらゆらとオレンジ色の花が。




職場で仕事の準備をしていると、誰にでもなんでもはっきりと物申す一回り以上年下の女子が寄ってくる。

「あの花、なんて言うの?」
「ひなげし」

「へー、やっぱ年寄りって花の名前とか詳しいよね」

……トシヨリ( ̄▽ ̄)?






思考能力が停止しそうなほどてんてこ舞いの午前の仕事を終え。
もはや、家にたどり着く自信がないほどの空腹で。
コンビニでサラダとおにぎりなど買ってみる。

職場に戻り、スタッフと昼食。
サラダを開けたら、ドレッシングが入っていなく。
まあいいやと、もそもそ食す。

目の前で食べていた女子が気づき。
「なんでドレッシング入ってるか確認しないで買ってくるのさ」

コンビニでサラダ買うの初めてだし。

「マジか、化石だね」

……カセキ( ̄▽ ̄)?







頂き物のお菓子の包装紙を破き、女子がのたまう。

「わーい 『やべし』だって o(≧▽≦)o 」

『北斗の拳』かw?
『ヤバい』の何チャラ活用かw?

いや、それ『ゆべし』だから。

Winner ( ̄▽ ̄)。







誰よりも早く出勤。
スタッフが気持ちよく仕事を始められるように準備。
辛くても、いつもカラカラと笑う。
ワタクシが男だったら付き合ってあげてもいいよなどとのたまう、生意気な女子。

はい( ̄▽ ̄)?
そもそもワタクシ女だし
こっちだって選ぶ権利あるし









『困った人』の仕事の尻拭いをしている女子の頭をポンポンしてやる。
涙をためて抱きついてくる。
ワタクシは、こいつが頑張っているのを知っている。
日記 | Comments(14) | Trackbacks(-)

おみやげ

朝、ぼんやりした頭で階段を降り、着地したところで足を滑らす。
最後の一歩で大開脚&イナバウワー。
一気に覚醒。


ああ、そういえば。
昨晩息子が玄関から廊下まで占領し、ガチャガチャと自転車の修理をしており。
何やらシューシューとスプレーの音。
その潤滑油が廊下に残っていたと思われ。
二階に戻り、眠っている息子に軽めの ボストンクラブお見舞いさせていただく。







リビングに入った瞬間、そこは常夏。

関取(世帯主)がファンヒーターをつけたまま座礁。
「ミートテック(自家製ヒートテック)標準装備してるんだから寒くないでしょ」と言ったら
「少し寒い」

………ウソヲツケ( ̄▽ ̄)。






「いてて」と、朝痛めた腰を押さえつつ仕事。
忙しさ半端なく。
空腹をキャラメルでしのぐ。







娘が小学校から修学旅行の説明会なるものの手紙を持ち帰り。
「ああそうか、もう六年生だもんな」などと思う。



息子の小学校の修学旅行は日光。
クラス替えで見事に仲良したちと離れてしまい、乗り気でない様子であったのだけれど。
寝起きの悪い息子を起こさなくてもいいという、夢のような朝が待ち遠しく。


「よし」と気合を入れて家を出る息子を、心の中でガッツポーズをしながら見送る。


……が。

ああ、今ごろサービスエリアかな。
お、東照宮に着いた頃だな。
夕食ちゃんと食べてるかな。

ずっと時計を見ている自分。





『荷物が多いので、できる限り保護者は迎えにきてください』という学校からの手紙がなくても、きっと迎えに。




同じく迎えに来ていた母親たちとバスの到着を待つ。

バスから子供たちが降りてくる。
あ、いたいた。
嬉しそうに、こちらに向かって走ってくる。


「はい、かあさんにおみやげ」


手渡されたのは、立派な黒い木刀。

……コレ( ̄▽ ̄)?
……ワタクシ二( ̄▽ ̄)?


「こみちゃんたちと遊ぶから、帰るね」と息子走って帰宅。
……ハハ放置( ̄▽ ̄)?







隠しようのない黒い木刀を片手に、早足に家を目指した。
日記 | Comments(12) | Trackbacks(-)

『セッション』

「これ、やってみて」と渡されたバンドスコア。
ドラムのところに赤い文字で私の名前が書いてあり。






中学校の部活動で、三年間来る日も来る日もマンドリン合奏の練習に明け暮れ。
コンクールが終了した時点で完全燃焼。
いい意味でマンドリンに対する思いが切れた。

高校入学と同時に軽音部に。
誰もいない教室でギターの練習。
団体行動が苦手というよりは、団体行動を乱す人々に混乱してしまう自分がおり。
実に気楽な軽音ライフを送っていたのだけれど。

年に一度、秋、片田舎にある市民会館で、三つの高校で軽音部合同コンサート。
それはいわゆる三年生だけの引退コンサート。
どこのバンドに属するでもなく。
ゆらゆらゆらと空いた教室を探して、ギターの練習をする私に顧問が与えたミッション。






部室にあるドラムを模して、自分の部屋にドラムを作る。
それは庭のバケツであったり、使わなくなった鍋であったり、その蓋であったり。
ドラムスティックだけは、町の小さな楽器店で購入。

スコアを読んで、まずは8ビートから。
バケツや鍋でできたインチキドラムであっても、基本の練習はできるもので。
手探りで、来る日も来る日も練習。






当時、日曜日だけ学校では禁止されているバイトを。
スプーンを磨きながら、なんとなくインチキドラムのことを喫茶店の御主人に話した。

「家の人がいいって言ってくれたら、夜ドラムが叩けるところに連れて行ってあげるよ」

よくよく聞いたら、その御主人は若いころトーキョーでバンドマンをしており。
車で一時間ほどのところに、『昔の仲間』がドラムを所有しているらしく。
なんだか事態をうまく飲み込めないまま、本物のドラムで練習ができることに。


「スコア見せて」と『昔の仲間』が言い、初見で見事なスティックさばき。
『おかず』のないインチキドラムで練習していた私に手取り足取りの指導。
夕方、喫茶店を奥さんにバトンタッチし、私を車に乗せ一時間の道のり。
週に二回、それはコンサートの前日まで続いた。


『なんちゃってメンバー』の私は、バンドのことはよく覚えていないのだけれど。
本番で、うまく叩けたのかも覚えていないのだけれど。


あの、暑く、熱いドラムの練習のこと。
コンサートの日、最前列に座って笑っていた御主人と『昔の仲間』のことは忘れられない。






最高に面白い映画であった(私的に)
14296776210.jpeg


身体からすこんと何かが抜け、駅の階段を一段飛ばしで駆け上がった。








私は、人に恵まれている。
周りのみんな、いつもありがとう。
ブログのみなさまにも、心から感謝を。

たんぽぽ

お寺さんに行こう……と思っていたのだけれど。




娘にダンスを仕掛けられ、朝っぱらから不思議な舞を。






「かあさん、制服のズボンのファスナー壊れた」息子に言われ。

……んぐ( ̄▽ ̄)。



制服を作った百貨店に電話。

「ファスナーの交換ですと、中五日ほどお時間をいただいております。ええ、その間はですね、皆さん夏のズボンをお召しになるようです」

うーん、中五日かあ。




バイクで手芸店を目指す。

少しひんやりした風が心地よく。
ふわりふわりと咲いているハナミズキ。
御主人に大切に手入れされている平屋の家。
時々並走したり、すれ違うワタクシの大好きな私鉄。
幼稚園の制服を着た男の子とおかあさん、病院かな。
景色が流れる。







なんとなく尻込みしてしまう制服の修理は、特別感があるからなのか。
傷をつけてはイケナイ感じがいかんのだ、恐らく。

こんな日は。
佐藤嘉風くんがカバーした『星めぐりのうた』をエンドレスで聴きながら。

ベルト部分の縫い目を外し、壊れたファスナーを取り、汚れを取り、しつけ。
ミシンで、だだだだだだだだ。

炬燵カバーの麻布が傷み。
でも気に入っていて捨てられず、生成りの糸でちくちくちくちく刺し子をして数年。

周辺の傷みも、直してしまえ。
ごくごく小さな不揃いの水玉模様が気に入って買った赤い布。
炬燵カバーの周りを一周ぐるり、だだだだだだだだ。
あ、いいかも。








インターホンが鳴ったので、玄関を開ける。

「ただいま」と言ったら、娘がびっくりした顔をしたのだけれど。

「おかえり、かあさん」と言ってたんぽぽをくれた。








「うづら」

ひゃー(*ノωノ)できただよ。
日記 | Comments(14) | Trackbacks(-)