うづらのたまご

2015年06月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2015年08月
TOP ≫ ARCHIVE ≫ 2015年07月
ARCHIVE ≫ 2015年07月
       次ページ ≫
≪ 前月 |  2015年07月  | 翌月 ≫

ダブル?

朝、職場の更衣室。


「あ、なんかおかしいと思ったらブラ2枚してきてもーた」


とのたまう同僚。


あーね。


夏だからな。


朝からとろけそうだもんな。


そういうこともあるかもしれんよな。








いや。

ないだろーーー( ̄▽ ̄)。
日記 | Comments(10) | Trackbacks(-)

いたずら

気がついたら

14381565170.jpeg

こうなっており。 ゴジラっす





こんなことするヤツは、ひとりしかいない訳で。





返礼として、ヤツのベッドに

14381578040.jpeg


こうしておいた。 ミニラっす







まだ7月 夏休み長え
日記 | Comments(12) | Trackbacks(-)

元気のないにときに、寄り添ってくれたひとが。

それは

いっしょに居てくれたり

いっしょにご飯だったり。




いっしょにはいないけれど

想いであったり

祈りであったり

うたをうたうひとの歌であったり

PCの画面に並ぶ文字であったり。



たくさんの力を。






元気のないひとがすこし元気に。

立ち止まっていたひとがゆっくり歩き。

もう少し生きてみようと思い。

下を向いていたひとが少し顔を上げ。

泣けなかったひとが泣き。

笑わなかったひとが笑う。






見えない糸でたしかにつながって

ありがてーな、などと。

これはなかなか

わるくはないな、などと。





ベランダでニッカやりやり、「ああ、嘉風くんのLIVE行きてー」などと呟きつつ。
日記 | Comments(12) | Trackbacks(-)

トマト

の、『にゅるん』が苦手と言ったら。




もったいない
種を取り巻く部分だから
種を赤ちゃんに例えれば
にゅるんは
栄養たっぷりのゆりかご
たべなきゃ損

と、教えてくれたひとがいて。



ああ。
そうやって教えてもらえたら。
もっと早く。
トマトの『にゅるん』を食べられるひとに。


ああでも。
もしかしたら。
『今』だから。
食べてみようと思ったのかも。
などと。







トマトを食べていたら。

息子が

「お、その『じゅるん』食えるようになったのか」

と言った。




トマトを食べていたら。

関取(世帯主)が

「お、その『えれえれ』食べられるようになったんだ」

と言った。




『えれえれ』………( ̄▽ ̄)?

と思ったけれど。

まあいいか、とトマトを口に入れた。
日記 | Comments(16) | Trackbacks(-)

『群青色の、とおり道』

進学で家を離れる前夜。



あまり外食などしなかった我が家。
父、母、私の三人で小さな和食のお店へ。
小洒落たお店などない田舎町。
家族でなくなるわけではないけれど。
父は、ラガーを。
誰も、何も話すことなく、黙々とご飯を。





その日の朝。



いつもと全く変わらない様子で母はパートに。
父は会社を休んで。
駅までの道を二人で歩いた。
何も話すこともなく、ただただ並んで二人で歩いた。


ホームに新幹線が近づいてきたとき。
父がそっとサングラスをかけた。
歯を食いしばり新幹線に。
閉まるドアの向こうにいる父に手を振った。









映画 『群青色の、とおり道』
14379753960.jpeg




なにがあっても。
どんな状況でも。
帰ってきたひとには。
「おかえり」と言えるひとでありたい。
未完成でいい。





監督 佐々部清さん 
出演 桐山漣さん 升 毅さん 井上順さん 宮崎美子さん  他。




主題歌 『電車の窓から』 back number めっちゃいいっす
えーがをみる | Comments(2) | Trackbacks(-)