うづらのたまご

2015年07月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2015年09月
TOP ≫ ARCHIVE ≫ 2015年08月
ARCHIVE ≫ 2015年08月
       次ページ ≫
≪ 前月 |  2015年08月  | 翌月 ≫

力技

娘が修学旅行先の日光で体験した素焼きの絵付け。

学校に届いたそうで。

どれどれ。


14410662690.jpeg
あ、はいはい『日光』ね。





14410662460.jpeg
ねむって・・・?




14410662290.jpeg

ないネコ





「まちがえて、目開けて描いちゃったの (´・_・`) 」





うん、『眠り猫』描くつもりだったんだな。
そういうこともあらあな。

ま、あたしのこどもだしな。
ふ。
日記 | Comments(12) | Trackbacks(-)

若旦那?

アルミホイルの箱を持って、関取(世帯主)がうろうろうろ。

オーブントースターで何かを温める算段なのだな
何を食おうとしているのだ



蓋を開けて、ホイルをしゅっと引っ張ったら中の筒がころころりん。


あれまあ


重そうな身体を前屈みにし、筒を拾い、ながーく出てしまったアルミホイル両手で巻き戻す。


「『奥様、この反物などいかがでしょう』的な、呉服問屋の若旦那プレイか?」

「ちがう」



あ、そか老旦那? ココロノツブヤキ無限ナリ
日記 | Comments(8) | Trackbacks(-)

珈琲時間

月に一度、一つ隣の駅にある医院に漢方薬をいただきに。

帰りにいつも寄るコーヒー屋さん。

ふっくらとしたおかあさんと、よく似た息子さんのお店。

新聞を読んでいるひと。
本を読んでいるひと。
モーニングセットを食べているひと。
賑やかなグループ。
買い物した中身を整理しているひと。
たばこを吸っているひと。

たばこのうすいにおいもここではさほど気にならず。

ブレンドを受け取って、カウンター。

必要最低限の連絡
好きな音楽を聴くこと
万歩計
気が向いたとき用カメラ
SUIKA
移動中にブログを読むこと
スケジュール表
目覚まし

あまり活用していないであろうスマホ。

LINEにたまったたくさんの会話。

「ほうほう」などと読みすすむ。

『おめでた』の報告と4Dの写真が添えられた、元同僚のきむらちゃんにお祝いメール。

赤ん坊を授かることが『あたりまえ』と思っているひとびとの『何気ない言葉』に傷つき。

去年の年末、二人で日本橋を歩いたんだっけ。

祈りが届いてよかった。

言葉を探していて返信できずにいたメールもひとつひとつ。

メールやLINEをほとんどやらないひと、と周囲の人々には定着しており。

返信がえらくとんちんかんな時期になっても、どうこう言うひとはおらず。

諦められているのかもしれないけれど、それはそれで居心地がよかったりするわけで。

コーヒーを飲みながらメール、LINEの整理。

ここのお店のこの席だとさくさくさく。

そっか、ひと月経ったのか。

ここのお店のこの席で流れたひと月を。

照準

「あれ、髪切った?」

いや、先週切った。こないだ同じこと聞いたじゃん。 

「うっそー、なんか短く見える」

毎週切ってたら坊主になるわ。

「しっかしさあ、自分に似合う髪型知ってるよね」

そらどうも。

「あたしはねー、ショートはだめ。全然モテなくなる」

んなことないっしょ。楽ちんだぜ

「何度かやってみたけど全然だめ」

あそ。

「電車で何人の男が振り向くかが勝負なわけよ」


すんごい勝負してんだな、一度も考えたことないし



職場のなんでもはっきり物申す年下女子と自分の照準の違いに驚く。

なんか可愛いんだけど、こいつ
日記 | Comments(8) | Trackbacks(-)

ょおーーっしっっ

「あさっての大会見に来りゃいいじゃん」


弓道ってのはどやってやるのだ?
弓道部所属高二オラオラ息子に尋ねたら、そんな気軽な返事だったわけで。

だってさ。
一回くらい見せてくれたっていいじゃん。
『うちでのこづち』じゃあるまいし。
お金ばっかり請求しないでさ。
けっこう協力してると思うんだけど。
誰のだかわかんない袴だって洗ってあげてるしさ。
朝練のときだって起こしてあげてんじゃん。


口から出そうだったし。
てか、少し出かかってたし。
あぶなかったし。





どうしようかな、のときは取り敢えず行動。
なんで「どうしようかな」であるか。
それは。
時間を尋ねても

「ワカリマセン」と、来日したてのガイジンさんのようなジェスチャーで押し切られたからであり。

ま、いっか。
14405869990.jpeg





弓道場のある建物に潜入しておののく。

ものすごい数の弓道男子

し-かーも

みんな同じ格好 胴着+袴+足袋

そらそうだわな。
大会だもんな。
弓道の大会だもんな。
同じ格好に決まってるよな。


でも、同じすぎる ハハココロノツブヤキ(大)





みっしり弓道男子で埋まった観覧席で。

よそ様のご子息の弓道っぷり 見学。
14405717910.jpeg


観覧席では。
的に当たると、仲間が 「ょおーーっしっっ」

四本の矢を的に当てると、高校に関係なく 拍手。

へええ。
もっと勉強してから来ればよかった。
ま、雰囲気だけでも。




あれ?
もしかして?

息子じゃね?


まーさーかーのタイミング。
『真顔で(たぶん)弓道している息子』が。
これだけ遠目で「息子だ」とわかるものか。




みっしりと集まったペンギンの雛の中から我が子を見つける親ペンギン、ってのはこういうことなのか。妙な着地





ょおーーっしっっ

なんか頑張ってたから、晩ご飯は『とんかつ』にしといたる。