うづらのたまご

2015年09月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2015年11月
TOP ≫ ARCHIVE ≫ 2015年10月
ARCHIVE ≫ 2015年10月
       次ページ ≫
≪ 前月 |  2015年10月  | 翌月 ≫

商店街プロレス

「コイズミキョウコです。  シャレな
ダンミツ姉さんお元気ですか。  あくまでもシャレな
明日、商店街プロレスが開催されます。
2時に改札で♪
真っ赤な薔薇を口にくわえて待っています。
ビールを飲みながら観戦しましょう」

昨日、ウスイからメールが。




大日本プロレスなる団体の『キクタカズミ』選手に恋焦がれるウスイ。
実にさばさばしたウスイが『乙女』になる瞬間を見たく。
いや。
「ビール3杯おごるからさ」の言葉にのったわけで。



「いやさ、もう恋焦がれちゃって、ご飯が食べられなくてさ。3kg体重が減ったワケ」
あはは、すげー。

「そしたらさ、親戚がいいタイミングで『ゆめぴりか』の新米送ってくれちゃてさ。うまいのなんのって」
ほうほう。

「4kg増えちゃった」
増えてんじゃん。 あはは


そこを通りがかる『キクタカズミ』選手。

「あ、どーもー、チケットどーもあざーっす!」

いつも通りさばさばウスイの口調ではあるのだが。

にやけた口元と、真っ赤になった耳 目撃す。 

ウスイ完全乙女。




ごちになる 口止め料ともいう
14464742440.jpeg




せっかくだから、一番前の指定席で観たい。 1000円な
などと言ったばっかりに。

場外乱闘、場外すぎて

「あーーー」
「ぎゃーー」

誰もいないリングを前に、音声のみ楽しむ。

14464742920.jpeg




どの世界にも詳しいひとってのがいるもんで。
ウスイの顔見知り『やぎさん』 めええ いやそっちでなくてな 10歳ほど若いハスキーボイス男性。
商店街プロレスの魅力について実に面白く語り。
これまた実に絶妙なタイミングで選手に声援を。
ここまでくるとプロレスより『やぎさん』 めええ いやそっちでなくてな ガン見。

あたしすっかり『やぎさん』のファン


『キクタカズミ』選手、後ろ方向
14464744750.jpeg





ビールごちそうになり。
乙女のウスイを見。
『やぎさん』のファンになった。

着地チガウカ? まいっか

はろいん

仕事帰りにいつもの駅前スーパー。

カゴを持ち、買い物リストを見ながらぐんぐんぐん。

五つあるレジは、いつでも向かって一番左。

買い忘れがないかカゴをチェックしつつ、ずりずりとワタクシの番。

「ポイントカードお持ちですか?」

あ、はい、これ・・・と、レジのご婦人を見た瞬間


わあ、頭になんか乗ってますよ オレンジ色の耳がな 頭にな 
イイソウダッタヨ アブナカッタヨ ブジノミコンダヨ
  


『はろいん』こんなとこまで侵食中。

かーなーりーオドロク
日記 | Comments(8) | Trackbacks(-)

『ギャラクシー街道』

『振り返れば奴がいる』というテレビドラマで、脚本家『三谷幸喜』さんを知り。


当時、基本喜劇作家であることを知らずに、この作品を見たのだけれど。
それまで観ていた『テレビドラマ』とは全く違う印象を。


すでに舞台のチケットを入手することは難しく。
なんとか入手できたときは喜び勇んで。


テレビドラマ、映画、DVD、エッセイ、彼の作品をずっと。


エッセイで一番好きな『オンリー・ミー私だけを』
いつでもすぐに読める場所に。
何度読んでも、同じところで笑う。


舞台作品は断然『笑の大学』『12人の優しい日本人』
決して派手さはないけれど、このふたつ。




ああ、三谷幸喜さんは、今賑やかに幸せなんだろうな
14464693040.jpeg

そんなことをふと。

ああ古い作品のDVD観たくなった
えーがをみる | Comments(0) | Trackbacks(-)

野生か

父から届いた宅配便の段ボールを開けたらば。

みっっっしり と大根が。 ありがたいっす

ご近所さんにおすそ分け。

それでも残った7本の大根。

5本ばかし『切り干し大根』にしてしまえ。

スライサーでしゃくしゃくしゃく。

しゃくしゃくしゃしゃく。




「かあさん、肝油食べる (´・_・`)?」 娘、いいことに気が付きました

あ、食べる。今、手離せないから、あーん。


肝油をふたつワタクシの口に入れつつ

「はい『餌付け』(´・_・`)」



どの口が言う。この口か。こうしてくれるわ。
日記 | Comments(22) | Trackbacks(-)

BIKE

信号のない、どこまでも真っ直ぐな道を走ってみたい。
そんな理由だった。
若いころ、バイクの中型免許を取ったのは。




「あのさ、バイクの免許取りたいんだけど。オレの貯金っていくらあんの?」

家内限定オラオラ高2息子『とうとうきたか』発言。


まあね。
いつかは言ってくるだろうなあとは思ってたわけで。
ハハも高校のときに原付の免許とったし。 校則違反だ 時効だ よいこはまねをしてはいけません
社会人になって、教官に呆れられながらも中型取ったし。
ずーっと、バイクは身近な乗り物として家にあって。
君を後ろに乗っけて走ったことも。
乗りたい気持ち、ヒジョーによくわかる。
乗りたいよね。

を要約して。

それは言えねえなあ。ハンコは秘密の場所だぜ。 着地点若干チガウナ






我が家から70歩ほど坂の下の住人、ゆみちゃんちに大根・キャベツのおすそ分け。
ピンポーンをしたならば。


我が家のオラオラ息子と同級生の息子くん。
校則で禁止されているにもかかわらず。 ああ、耳が痛いっす
誰にも内緒で原付免許取得。 コガネモチだな
一ヶ月ほど前、スクーターで見事に自爆。 ひゃー
変な方向に曲がった腕と、血だらけになった足をひきずり自力で帰宅。 いたたた

ベッドで「うんうん」唸っている息子を横目で見たご主人。

「明日病院連れてけ」  うげ、まじか

その言葉にブチ切れたゆみちゃん。 キレるイメージゼロなのになのに

「今でしょーー!!」

全治一カ月の骨折で、なんちゃらかんちゃらなんちゃらかんちゃら・・・小一時間






『生きてりゃいい』と思ってきたオラオラ息子にだ。

「やりたいことはなんでもやってごらん」

言えるか?
言えるのか、ハハの自分。

でも、バイクっていいんだよな。
君がどんな道を走ってみたいのかはわからないのだけれど。
あの、どこまでも真っ直ぐに続く道を、君にも走ってほしかったりする。


それからなんも言ってこないから絶賛放置中
日記 | Comments(12) | Trackbacks(-)