うづらのたまご

2015年10月 ≪  123456789101112131415161718192021222324252627282930 ≫ 2015年12月
TOP ≫ ARCHIVE ≫ 2015年11月
ARCHIVE ≫ 2015年11月
      
≪ 前月 |  2015年11月  | 翌月 ≫

ブルータス

晩ご飯を終え、こたつの天板拭き拭き。

こたつに入ってサラダせんべいぱりぱり、高二息子。

ワタクシの目の前に、サラダせんべい一枚ゆらゆらゆら。


ぱく

「はい 『餌付け』」


おまえもか


どの口が言う、この口か、こうしてくれるわ
日記 | Comments(4) | Trackbacks(-)

YOSHINORI SATOH LIVE AT CAFE TSUKIKOYA

「たくあんををかじる音がいいひとは、口蓋垂が高いから管楽器でいい音が出る」

映画 『マエストロ!』 でそんなセリフがあったと思うのだけれど。

うたをうたう嘉風くんも、たくあんをかじる音がいいのではないか。

ぼんやりとそんなことを。


cafe tukikoya
14489741630.jpeg


『若きあの頃』 のルーツ。

『YOU & I』 に不意打ちくらう。



ひりひりと元気もらう。
応援してるよ。



サポート 岡崎恵美さん
佐藤嘉風くん | Comments(0) | Trackbacks(-)

夜茶

一日の家事終了後ほけー。

「暇なら夜茶どう?」
我が家から70歩くらい坂の下の住人、息子の同級生ハハゆみちゃんにLINE。
わーいとふたりで。


ここのところタイミングが合わなくて遊べず。
あーでもなーこーでもなーと近況報告。



かーらーの


【東】 ゆみちゃんち
前ね、子供たちが熱出してて買い物に行けない時があってね。
パパに「会社の帰りにトイレットペーパー買ってきてくれないかな」って言ったらさ

「オレ、家では 『大』 しねーから」 って言われたの。 にっこり


あはははは、殴りてえ。

「あはははは、でしょー」




【西】 あたしんち
前ね、インフルエンザに罹ったときさ、どろどろになりながら洗濯物干したの。
でね、ベッドでしばらく寝たの。
目が醒めてベランダに干してある洗濯物見てたら、雨が降ってきたんだわ。
どうにも身体が動かないから、階下にいる関取(世帯主)にケータイで電話したの。

雨降ってきたから洗濯物取り込んでくれない?って言ったらさ、

「インフルエンザが治ったらやればいいよ」 って言われた。 にっこり


「あはははは、殴りてえ」

あはははは、でしょー







夜のお茶
14489741400.jpeg


軍配はどっち。
なんの軍配。

こんな日に限って

「頭、刈った?」 更衣室に入った瞬間にいつでもどこでも誰にでも物申す年下女子のたまう。

あたしゃ犬か?
はい、朝のウォーミングアップ終了


タイムカードを押した瞬間から、息つく間もない仕事を終え帰宅。

朝、やり残した家事などぐいぐいと片づけ。

ああ、コーヒー飲みてえなどと座 ろうか と思った瞬間に娘帰宅。

コーヒー飲みつつ晩ご飯の準備。 えとせとら

娘を習い事に送り届け、近くのスーパー に行かなければよかったのだな


『蕗』発見 色んな意味で おーまいがー
14489740560.jpeg


筋取りもくもく。

自ら仕事増やす。
日記 | Comments(0) | Trackbacks(-)

髪を切る

「前髪をがちゃがちゃな感じで」

これを一発で理解してくれた美容師カトーさんのもとへ。

やっぱりがちゃがちゃな前髪に。

たくさん話してくれるミュージシャンの名前は、半分は家に着くまでに忘れてしまうのだけれど。 
絶対言えないけど書いちゃった

スカパラ情報だけはしっかりと。

次の新曲PVにエキストラで『三瞬』くらい映っているとかで。

髪を切ったあとで、PV確認。

「お、いたいた」 笑えるのはなにゆえ



さて帰ろ。

ワタクシのダウンを広げて着せてくれようとするけれど、辞退。

「遠慮しなくていいのに、別料金なんだから」

なおさら自分で着るし


冬場毎度の別れのあいさつ。

なんだ別料金ってな
日記 | Comments(2) | Trackbacks(-)

こたつ掛け

こんこんこん
娘の咳を聞きながら




10年前にヒトメボレ
ごわごわごわな麻の生地
だだだだだだだ
ミシンがはしる

14484384970.jpeg



5年使えばしみだって
わかって選んだものだから
ちくちくちくちく
刺し子の糸でお化粧を

14484385130.jpeg


せっかくくてっといい感じ
7年使えば縁だって
だだだだだだだ
囲んでみよう赤い生地

14483674450.jpeg



うっかり踏んで大きな穴が
新しいのにしようかな
思ったときに
「まだ使えるよ」娘に言われ


ねていた布を
ちょきちょきちょき
赤と麻で
だだだだだだだ

14484385430.jpeg



ふわりとこたつにかけたとき
「あ、こたつになった」
こんこんこん
咳をしながら娘が言った


今冬で終わりかなー
つくる | Comments(14) | Trackbacks(-)

第56回 明治大学マンドリンコンサート

コンマスの手の動きが見えやすい座席を探す。


全席自由な場合。
席の後方から空いている席を探すのはヒジョーに面倒。
若干の勇気はいるけれど、前方から。


えっと、どのへんに・・・

「あ、あなた、ここ隣空いてるから。ひとりでしょ。どうぞ。」 
ご婦人三人組に手招かれる

あ、はい。 親切は素直にいただく、わりと



【第一部】 古典音楽

演奏中、なんとなく視界に入っていた『親切なご婦人』
けっこう『ななめ』感はあったのだけれど。
一部終了の拍手とともに起床。  寝てたんかーい



【休憩】

「アンケート用紙にご記入お願いいたします。ペンがない方、近くの学生に声をかけてください」司会の方が。

学生さん、こっち見てくんないか・・・

「あなた、ペン持ってないのね。これ、どうぞ使って」

あ、ありがとうございます。 すっかり『親切なご婦人』のお世話になる




【第二部】 時代を彩る日本のうた

横須賀ストーリ〜ALWAYS三丁目の夕日〜東京VICTORY

かーらーの 『古賀メロディー』 じゃじゃん

『ななめってたご婦人』ご起床の気配。 寝てたんかーい

サーカスの唄〜影を慕いて〜丘を越えて 

えとせとら



【休憩】

「初めてきたんだけど、とってもいいわねー。前はゲストが来てたって言ってたけど、誰?」親切なご婦人が。

えっと、『太田裕美さん』とか、『島谷ひとみ』さんとか・・・

「あらそー、いいわねー、すごくいいわねー」

はいー。  ななめになって聴いてたんだねー、きっとそうなんだねー




【第三部】 マンドリンで奏でる世界一周の旅

「おトイレに行きたくなっちゃった」
「行きなさいよ」
「いいかしら」
なんちゃらかんちゃらなんちゃらかんちゃら
「ごーめーんーなーさーいーねー」 『親切なご婦人たち』前横切る。

あ、はい。 まね『出物腫物ところ選ばず』っすからね

ま、今日はそんな『ご縁』だったわけで。






一番楽しみにしていた『津軽組曲』より『夏』

甲斐靖文氏により津軽地方の四季をひとつの組曲に。
『津軽じょんがらPart1』として編曲された『夏』。

厳しく長い冬を越え。
短い夏、身体の芯から湧き上がるような燃え盛る一瞬の情熱。

マンドリンとマンドラの見事なソロに釘づけ。 チキンスキン 頭までブツブツ


『ALWAYS三丁目の夕日』 『丘を越えて』 『エル・クンバンチェロ』 定番はやっぱり安心感が。


14483673700.jpeg
全25曲 (含・アンコール)たぶん
指揮棒に全神経を集中させる若者たちに元気いただく。


明治大学マンドリン倶楽部・明治大学校友会横須賀地域支部・明治大学横須賀会の皆さんに、こころより感謝。

とんがる

感じのいいセーネンが給油してくれていたガソリンスタンドがまた閉店。

立ちはだかるセルフ給油の壁。

やなんだよな
なんかとんちんかんなことしちゃいそうで
機械苦手だし
つい深追いギリギリ狙いたくなるし
そうすると「あっ」って残念な結果になるし
ぐずぐずぐずぐず


してたって、スクーターは空腹になるわけで。

ままま、みんな涼しい顔してやってんだから。

『できない』と思うからいかんので。

『できる』と思えばなんとかなるわけだ、オソラク。

できたんだけど。

給油してる間じゅう 『口がとんがってる』 ことに気づく。

やだやだ。






軽く跳ねてくれるじゃねえか黒一点。 ええ、写真が下手なのはこの腕のせい
14483673470.jpeg


また 『口がとんがる』

なにこれ。
日記 | Comments(6) | Trackbacks(-)

DREAM

娘(小学六年生)の『生活総合発表会』


こどもたちひとりひとりが、模造紙に12歳現在の『DREAM』についてまとめ上げたものを発表。


自分の好きなこと
自分のよいところ
なおすともっとよくなるところ

分析

自分の得意なこと
なぜ得意なのか
その秘訣

分析

憧れているひと
そのひとのすごいところ
自分にも取り入れたいところ

かーらーの

12歳の今の『DREAM』


気象予報士、幼稚園の先生、バスケットボールの選手、機械設計士・・・ こどもそれぞれ

娘の『DREAM』 初めて知る。


12歳って、こんなこと考えられるんだ。
こんなこと考えたことあっただろうか。 ナイナ
ほけーっとしたてたな。 イマモダナ







「あのさ、お兄ちゃんの『DREAM』ってなんだった(´・_・`)?」

聞きたい?

「うん、教えて(´・_・`)」

あのね 『お金持ち』

「あはは、いんじゃね(´・_・`)」

でもね、次に発表したノブは 『大金持ち』 だった。
なんかうっすらと負けた気がした。

「あはは(´・_・`)」




ま、とりあえず

『年末ジャンボ宝くじでも買おうかね』 という着地。



アッテル?
まいっか。
日記 | Comments(6) | Trackbacks(-)

年相応

「今日はどうしたのかな」

えっとですね、右目に若干違和感がありまして。年も年なんで、検査を受けとこうかと思いまして。

眼科医、カルテに目を落とし 「そうだね」 即答かい ココロノツブヤキ



検査。



「あのね 年相応 の変化。異常ない」

仕事んときだけ『遠中近メガネ』使ってるんですけど。

「あのね、そもそもそんな難しい眼鏡使うのが無理なわけ。『遠中』と『中近』のふたつを使い分けんだよ。
あーたの場合、近眼も乱視も強くて 年相応 の変化もきてるわけ。
オレなんてさ、あーたくらいんときは半年に一回はメガネ作り変えてたよ。なんちゃらかんちゃら・・・

はい。 

「だからね、職場で不便を感じたら 若手 にまかせちゃうのさ」

あ、すいませんワタクシ仕事上 若手 なもんで。 相方いっこ上だしな


「あははは、あのね 若手ってーのはね。
『無理がきくひとびと』のこというわけ。
徹夜で酒飲んでさ、そのまま仕事行っちゃうようなね。あーたも経験あるでしょ」

ないです。 ウソだが

「え、ないの?」

ええ、一度もないです。 ウソだがな

「夜どうし酒飲んでさ、ぐでぐでで仕事したことないの?」

そもそも、酒飲めませんし。
お酒なんて一度も飲んだことありません。
そんなことするひとびと信じられません。
  真っ赤なウソだがな

「ま、近眼相当強いから眼底検査もしとく?今日は目が眩しくて見えにくくなるけど、これから仕事?」

ま、休みだからお伺いしたわけで。



点眼〜眼底検査。



「あのね、なんも異常ない。 年相応 の調節機能の 老化

わかりました。

「あははは、頑張れ」

あははは、受け入れましょう。


精算終了。
かまぼこの板みたいな形をした部分を『押す』って書いてある、横開きの自動ドアのタイミングが合わなくて右顔面ぶつける。
年相応 の点眼のせい。
いや、あまりのまぶしさにメガネかけ忘れ





『年相応』 に真顔でウソをつけるようになっていた自分もついでに受け入れる。

こういう医師は苦手ではない
まどろっこしいよりいい
日記 | Comments(10) | Trackbacks(-)

『起終点駅 ターミナル』

親子でなくても

兄弟でなくても

夫婦でなくても

恋人でなくても

仲間でなくても

友達でなくても

たとえ、ひとときのつながりであっても

顔すら知らなくても

ひとの心を解かす『えにし』はきっとある

『くくり』はいらない




映画 『起終点駅 ターミナル』
14478298740.jpeg



『おわり』は『はじまり』につながっている

生きていてくれればいい



監督  篠原哲雄さん
出演  佐藤浩一さん、 本田翼さん  他
原作  桜木紫乃さん
えーがをみる | Comments(-) | Trackbacks(-)

赤いランドセルと一緒におともだちとの待ち合わせ場所に

事故の多い道路をみんなで渡って

「いってらっしゃい」

急坂を上って家に



上がり框で眠たそうにしているのは

きっとかあさんに似てしまったから

黒いランドセルが振り返る

「いってらっしゃい」



六年生になった君は写真を撮ることをちょっといやがったのだけれど

一年生になったあなたのくちびるは少し濃い紅で



たからものなんだ

14479105260.jpeg
2010年





「あのね、おにいちゃん学校で会うと『しらんかお』するんだよ(´・_・`)」

ん、そっか、きっと恥ずかしいんだよ。

「ふーん『オトシゴロ』なの(´・_・`)?」

あはは、どうだろうねー。




まるで、昨日のことのよう。

年とるわけだよな
あずきバー食べよっと
日記 | Comments(6) | Trackbacks(-)

「『マツロギちゃん』がいいと思う」

お腹の中にいる『赤ちゃん』の名前、何がいいかな?

君に聞いたら、そう答えたんだ。
その突拍子もない名前に、安静のためベッドに横になっていたかあさんは吹き出してしまった。



せっかくの夏休み、どこにもでかけられず。

ベッドにいるかあさんの横で『トミカ』と『レゴ』
『トイストーリー』のDVDを飽きることなく何回も。
『ウッディ』(主人公)が指笛で『ブルズアイ』(ウマ)を呼ぶシーンが大好きで。
君が指笛でとうさんを呼んだとき、不覚にもかあさんは笑ってしまった。 良い子はマネをしてはいけません

夏休みのあいだ。
ううん、妹が生まれるまで。
いや、妹が生まれて外出がままならなくても。
君は一度も言わなかった。
「つまんない」って。


思いがけず『おにいちゃん』になってしまった君だけれど。
まだ加減のわからない小さな妹に、何をされても怒ったことは一度も。
家に帰る上り坂が嫌だとむずかる妹を、そっとおんぶしてくれたことも。





五歳になった君の写真を撮りに写真館へ。
初めて見る『足袋』の形が可笑しいと、こちらに顔を。
「くくくっ」と笑って、自分で足袋を履いて。

14478272700.jpeg
2004年


弓道部で頑張っている君の、右の足袋ばかり持ち帰る『足袋事情』に首をかしげつつ。
まだけえってこねーな、どこさ行っただ
日記 | Comments(6) | Trackbacks(-)

「おけちょーするの?」
うん。

「おけちょーするの?」
うん、そうだよ。

とうさんと、おにいちゃん、かあさんとあなたの四人で二度目の写真館。





一週間前の日曜日。

三歳を少し過ぎたあなたの記念写真を撮ろうと写真館へ。
機嫌よく写真館に入ったのだけれど。
美容師さんが、髪の毛をセットし始めたころから大粒の涙が。

ずっと病気がちで。
かあさんとふたり、家の中で過ごすことが多くって。
静かに遊ぶことが多くって。
すっかり『ヒトミシリ』の女の子に。

美容師さんはとっても優しいひとだったのだけれど。
いつもと違う状況に困ってしまったのだよね。
みんなであなたを笑わせようとなだめたり、すかしたり。
おにいちゃんは袴姿で、涙が止まらないあなたのそばに。

どんどん赤く腫れ上がるまぶたを見て
「今日はやめておきましょう、こちらはいつでも大丈夫ですから」
写真館のひとが。

みんなへとへとで家に。
途中で買った『フライドポテト』を渡したら。
あなたはやっと笑顔になったんだ。
それを見て、みんなで笑ったんだった。





二度目の写真館はもう大丈夫。
『おけちょー』してもらうときは。
目をつぶって「んー」って顔を出して。
美容師さんが動かす紅筆を面白そうに。

14477650100.jpeg
2007年

薄紅色のくちびるになったあなたは、すこしだけ『おねえちゃん』に。
日記 | Comments(10) | Trackbacks(-)

そこ・それ

あはは。


笑ってしまうほどメンバー全員集中力のない、ひと月ぶりの和太鼓練習日。

まね。
本番で燃え尽きたってのはあるわな。
ま、「燃え尽きるほどの演奏か」って言われるとビミョーではあるけれど。
本番のビデオ観る勇気ないし。
そこまでドМじゃないし。
ひと月ぶりってのは、メンバーそれぞれ話したいことがてんこ盛りなわけでだな。
まま、話したいひとびとはどぞどぞ。
練習したいひとはテンツクやってりゃいいわけで。
お、ちょうど面白いの見つけた


メンバーの息子に締め太鼓仕込む。

テン・ツ・ク・ツッ・テン、 テン・ツ・ク・ツッ・テン、テンツクツッテン、テンツクツッテン・・・永遠デハナイ
右・右・左・右・左

メンバーの息子 できなくて暴れる。

あはは。




帰宅。

吉田拓郎氏の 『人生を語らず』 延々リピート。

越えて行け そこを
越えて行け それを

ははーん、『そこ』だったわけだな。
『越えて行く』のだな、などと着地。

おしゃ、次いこ次
14476805930.jpeg







我が家の日曜晩ごはん恒例 『サザエさん』

エンディングにて。
ミニスカ、網タイツ、鏡の前でポーズをキメる 『フネさん』 を見た 『波平さん』 が気絶しているシーン。
どうにも解せず。


なんで波平さんは気絶してんのかね。フネさんミニスカ履いてはいかんのかね。 関取(世帯主)に問う

「そりゃフネさんのイメージとは程遠いからでしょ」

ふーん、じゃさ、関取帰ってきたときにあたしがミニスカ・網タイツでポーズキメてたら・・・・・

「あ、そらものすごい勢いで気絶するわ」 即答。 
『ものすごい』つけやがったな。歌丸シショーか?



吉田拓郎氏の『人生を語らず』 延々リピート。

越えて行け そこを
越えて行け それを


ミニスカ、網タイツねえ。
ははーん『それ』なわけだ。

『それ』は越えないけどね、越える意味ないしね という着地。




いろんな意味で、吉田拓郎氏に元気もらう。
日記 | Comments(4) | Trackbacks(-)

ガーベラ

夏がいこうとしてるころ

お花屋さんのすみっこに

『処分品』と書かれた花ふたつ

所在なさげに見えたのは

きっとさみしい文字のせい

『猫の額』は半日蔭

さんさんさんとはいかないけれど

我が家なりの特等席

14474797300.jpeg

『ぱかん』と笑った

オレンジ・きいろ
日記 | Comments(13) | Trackbacks(-)

「はい、書いておいたよー (´・_・`) 」

ほーい、と駅前スーパー。
明日は娘もお弁当。

からあげの準備  ふ、またからあげかい
アルミホイル
キッチンペーパー
ほうれん草

ん?
14473287430.jpeg

さくらん『ぽ』


あはは
『ぽ』ってどうよ
なんかかわいいな
こう
さくらんぼのほっぺが『ぽ』ってなってる感じ?
あはは
いいねえ、さくらん『ぽ』
あはは




なんて考えてたら『のり』買い忘れたわけで。
もしかしたら、風邪のせい いやきっとそう
日記 | Comments(18) | Trackbacks(-)

腰パン

塾からご帰還、家内限定オラオラ高2息子のカーゴパンツが若干下がっており。



腰パンするなら、下着のパンツカッコいいのにしなよ。

「いや、ベルト忘れたんだわ」

ふーん。



それを聞いていた関取(世帯主)

「オレはパンツが腰パンなことになってる」

そりゃずいぶんと遅咲きデビューだな   ココロノコエだだ漏れる



25kg減量されたら、パンツもどーしていいかわかんなかっただろうな。

『パンツ事情』まで頭が回らなかった サスペンダー使うか? ごめんよこんなヨメで、あはは
日記 | Comments(2) | Trackbacks(-)

たい焼き

仕事帰りに台所用洗剤を買い忘れ。  風邪で頭がぼーっと、っていつものことかー あは

娘におつかい頼んだら。

「はい、おみやげ (´・_・`) 」

14471568860.jpeg

まるで自分の小遣いで買ってきたような物言いだな、まあいいか。 ハハココロノツブヤキ



「カスタードは二個しかなかったの (´・_・`) 」

お兄ちゃんも食べたいんじゃない?じゃあ、かあさんにしっぽのとこ、ちょっこっとだけちょうだい。

「 尻だけ でいいの (´・_・`)? 」


たい焼きの『尻』って、どうよ。どこなのよー。  
日記 | Comments(14) | Trackbacks(-)

アンカー

とんとんとんとん  かちゃ  娘が顔を
「大丈夫(´・_・`)?」
うん

きょるんきょりんきょりん  シルバニアファミリーの小物で遊ぶ 娘
ごーうごーう  キャスターつきの椅子で水平移動 娘


がじゃ がじゃ がじゃ がががが がちゃん 玄関の鍵 息子
どんどんどんどん  かちゃ 息子が顔を
「オレ(が、うつした)?」
いや


タララン タララン タララララン 電子レンジ


とろとろとろ  ベッドにしずむ


ごん  仰向けで見ていたタブレット顔に

とろとろとろ  ベッドにしずむ


ぺらん  文庫本のページを。

とろとろとろ  しずむ


ブルーインパルスは飛ん……

とろとろとろ

とろとろとろ とろとろとろ


第一走者・娘

第二走者・関取(世帯主)

第三走者・息子

アンカー・あたし

バトンワーク完璧   我が家の風邪、これにてゴール  毎回アンカー
日記 | Comments(14) | Trackbacks(-)

主張、あたし的

沖縄出身のひとに『パイナップルの実りかた』を教えてもらったと。

職場の相方(先輩ともいう)が、絵を描いてくれたのだけれど。

どう考えても、その絵はパイナップルが逆さであり。

が、しかし。

「沖縄のひとに教えてもらったんだから間違いない」

相方譲らず。

まね。
職場では先輩なわけで。
年もひとつ上だしね。
いつもちゃきちゃき的確判断。
100人のひとに「相方とあたしどっちの言うことが信憑性が高いか」と聞いたら。
100人のひとが相方を指さすと思われ。


でもさ。

そのパイナップルのなりかたはおかしいって。

沖縄のひとちょっと勘違いしたんじゃね?

いやいやいや、逆だって、葉っぱが上。

その絵はありえないと思う。

おかしい。


『黒』を『白』と言えってか?
いやいや、そんなたいそうな問題ではないのだ。
仕事中にパイナップル論争っつーのもね。


わかった、じゃあ

あたしが見たパイナップルはそうではなかった

これでどうだ。



休憩時間にググって倒れる相方  だからずっと言ってるのに
日記 | Comments(8) | Trackbacks(-)

二度見

買い物帰りに葬祭場の前を通ったら。
え?
息子が一昨年まで通っていた中学校のコーチョー先生の名が。



PTAの役員会では、冗談交じりでこどもの様子を。
平和教育に力を入れたいから、修学旅行は『ヒロシマ』に変えたいと。
体育祭ではスウェーデンリレーのスタートで。
学校で会うと、いつも気さくに。
息子が卒業しても、道で会えば「高校はどうですか?」と、声を。



いい先生だったのにな。
いっぱいお世話になったしな。
お通夜行こうかな。
考えながら歩いていたら。



道路を挟んだ向こう側の歩道をコーチョー先生が歩いていたわけで。

いるもんすね、同姓同名って
日記 | Comments(10) | Trackbacks(-)

『JACK』

こどもは親を『選んで』産まれてくると。

どんなに未熟な親であっても。

家庭がどんな状況であっても。

自らの魂を磨くために『選んで』くるのだと。



ゆっくりおとなになればいい。

君たちが『らしく』『そのまま』になれる居場所でありたい。








映画   邦題 『ぼくらの家路』
14466151360.jpeg


監督 エドワード・ベルガー   脚本 エドワード・ベルガー、ネル・ミュラー
出演 イヴォ・ピッツカー、ゲオルグ・アームズ、ルイーズ・ヘイヤー
えーがをみる | Comments(8) | Trackbacks(-)

ワックスがけ

かこーんと青い空。
こんな日はきっとブルーインパルスが。
楽しみにしていたけれど。
久しぶりの休日は寝倒したいよね、息子。
熱が下がった娘は炬燵でみかん。


さて、何をしよう。
そうだ。



二階の娘の部屋は日差しが さんさんさん。
【材木屋とハチミツ職人が作った】『未晒し蜜ロウワックス』
を ことり とそこに。

床をずいずいと雑巾がけ。
落ちてしまった消しゴムのカス。
椅子で踏まれて てんてんてん。

『一年生』のころより少ない てんてんてん。
スポンジで丁寧に。
きつく絞った雑巾で、もう一度。

さんさんさん に ことり と置いたワックスは。
ちょうどいい柔らかさ。
さあ、窓の近くから。

乾いたスポンジで くるくるくる。
フローリングの板三枚分 くるくるくる。
好きな曲を聴きながら くるくるくる。

乾いた布で板目に沿って こしこしこし。
板三枚分を こしこしこし。
この曲も好きなんだ こしこしこし。

フローリングのこの傷は。
いつできたものだったっけ。
三枚分ずつ くるくるくる こしこしこし。

自分の陣地がだんだん狭く。
顔をそっと床に近づけると。
さっきよりも明るく さんさんさん。





「かあさーん、お腹が空いたー」階下から。

ほーい、何食べよっか。
日記 | Comments(10) | Trackbacks(-)

あ、つい

日曜日の晩ごはんはみんなで『サザエさん』


「ああ、オレも『波平さん』を追い越すときがくるんだろうな」

関取(世帯主)がつぶやいた。


どこが?

『部位』じゃなくて『年』な」

あ、はーい。
ロープ、ロープ
日記 | Comments(10) | Trackbacks(-)