うづらのたまご

2015年12月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2016年02月
TOP ≫ ARCHIVE ≫ 2016年01月
ARCHIVE ≫ 2016年01月
       次ページ ≫
≪ 前月 |  2016年01月  | 翌月 ≫

ふゆのしごと

陽当たりのいい二階の部屋で。
パーカーのポケットに入れたスマホからは、お気に入りの曲。
洗濯物がひらひらする空を見ながら。


毛玉取り器をくるくるくる。


冷たい空気の季節でも。
快適に過ごさせてくれる小物たち。
気に入って手に入れたものだから。


今の息子と同じころ、制服で学校帰りに買ったんだっけミトン くるくるくるくる  
14544710000.jpeg



不思議な舞をしかけてくる娘を見ながら、くるくるくるくる。


10年選手のニット帽 くるくるくるくる
14544710180.jpeg



キョーコさんが誕生日にくれた靴下は。
なかなかあたたかくならなかった足をほかりとつつんでくれて。
穴があいては繕って。
一年に一足買い足して。

くるくるくるくる
14544710380.jpeg


何年履いたか。
ずるずるさがってくるオレンジは、お風呂上り用にしよう。
そうしよう。


「かあさん、くるくる止められなくなってるでしょ (´・_・`) 」


ばれてたか。
日記 | Comments(4) | Trackbacks(-)

佐藤嘉風 LIVE AT SONG BE CAFE

鎌倉駅西口からほど近く。
寒い外で受付をしてくれたのは、ぱつんとした前髪がかわいらしいお嬢さん。
あったかいものにしようかな。


やっぱり
14542246160.jpeg


今年は、ライブでその日の特別ポストカードを。

パンフやグッズを購入することはないけれど。
映画やチケットの半券、新聞の切り抜き えとせとら
スケジュール帖にぺたぺたと。

これまで、ライブのチケットがなかったので実に嬉しく。 ポストカードは貼れないけれど
今回は、嘉風くんが好きだという風景。
岐阜にあるご実家近く、木曽川の写真。


がたたん 電車の音も
14542224890.jpeg


歌が始まり。
どうにも寒くマフラーぐるぐる。

「手がかじかんで」

嘉風くんの一言で、店長宇治さんとかわいらしいスタッフさん、外に走る。

何すんのかな。
うそ。
嘉風くんの後ろでで葦簀立てかけるふたり。
まさかの葦簀。
窓の外に葦簀。

がしかし。
葦簀効果抜群。
いきなりあたたまる。 すげーな、葦簀って




『コオロギのシンフォニー』
成田空港に向かう電車をを見ながら、ぼんやり。

カバー曲
宮沢賢治『星めぐりのうた』 久しぶりな気がする
グレン・フライ『The Heat Is On』
イーグルス『Take it easy』 ちょっと ほんとは全部聞きたかった


なにかがほどけてきたのだろうか。
ご両親の話をする嘉風くんの顔がやさしくなったとおもう。
ここのところ、そうおもう。






『YOU&I』を聴いていたら。
ふいにはらはらはらと涙が、どうにも止まらなくなり。
なんだかなーと思ったけれど。
まあ、そんなこともあるわけで。

ありがとう。



まさかの葦簀効果
14542225070.jpeg

いつも何かが起こるSONG BE CAFE。
店長宇治さんの鼻笛ちょっと期待してたんだけど
佐藤嘉風くん | Comments(2) | Trackbacks(-)

三つ巴

仕事を終え、急坂を上って我が家に到着。

玄関先で高二息子が鍵をがちゃがちゃ。

「ただいま」と言おうとしたら

「ただいま」と言われたので

「おかえり」と言ったら

「ああ、おかえり」と言われ

「ただいま」と言った。

ふたりで首を傾げていたら。

そこに急坂を上って娘が帰ってきて

「あ、おかえり (´・_・`) 」と言われたので、

「ただいま」息子とふたりでと言い

「おかえり」息子とふたりで娘に言ったら

「ただいま (´・_・`) 」娘が言った。



なんかわかんなくなっちゃったけど、だいたいアッテル??
日記 | Comments(8) | Trackbacks(-)

若気

髪を切りに、カトーさんとこ。
カトーさんの『若気の至り話』あれこれ、ふんふんほうほう。




そんな短気に見えないけどなあ。

「オレ、瞬間湯沸かし器なんで」

ふーん『T-fal』のさ、ものすごく早くお湯が沸くケトルとどっちが早いかね。

「あ、オレだね。『T-fal』はオレを原料に使うべきだ」

あはは、なんだ原料って。

「あんま、怒んないっしょ?」

怒んないワケではなくて。頭の回転がゆっくりしてるもんで、しばらくたってから怒ってたりする。
あ、でもすんごい昔、絡んでる酔っ払いに「やめなよ」って言って、胸ぐらつかまれたことある。

「うそ、女の子助けたの?」

ううん、
べえべえ言って嫌がってるのにしつこいから。
別段、感謝もされなかったけど。
酔っ払いの一味が、引き剥がしてくれた。
まさかの『うららかな牧場事件』と命名してる。





何やってんだ、我ながら。
あたし、至っちゃってたのか。 もう若くないから至ったりはしないしできないけど
てか、なんであのひと羊に絡んでたんだ。 とか、今ごろ思ったりするんだなこれが



ニット帽が必要だな 頭がさみい
日記 | Comments(10) | Trackbacks(-)

『死刑台のエレベーター』

映画館をめざし、つんのめるように急坂を。
曲がり角でナガイと遭遇。
「映画かい?」聞かれ。
そそそ、などと答える。


映画館に到着。
観ようと思っていた映画が上映されておらず。
映画館を間違えたことに気づく。
上映中の作品名を前にしばしぼー然。
ここは趣をかえ『手裏剣ジャー』といきますか。
いや、ちょっと待てよ。





『死刑台のエレベーター』
14539396410.jpeg

フランス映画を観るのはおそらく初めて。

マイルス・デイビスの気だるいトランペット。
小物たちの美しさ。
見えない糸に縛られているような、小さな機械のない世界。
その機械がある今では、この物語は成立しないのかも。
便利さを手に入れ。
何を手離してしまったのか。


DVDを借りればよかった。
そうも思ったけれど。
たぶん、これが私の居心地のいい時間。
シートに身体を預ける。






ベランダで洗濯物を取り込んでいたら。
パーカーのポケットに入れたスマホから、嘉風くんが歌うカバー曲が流れ。
「きみは空をみてるか」
そんな言葉にはっとして空を。


14539396580.jpeg


もう少し早く空を見上げていれば、飛行機が見えたのかも。
一瞬そう思ったけれど。
きっと、これはこれでいいのだ。
と。


晩のおかずは鶏の照り焼きだな。
飛行機が置いていった雲を見ていたら、ふいに。
名案だ、たぶん。
えーがをみる | Comments(4) | Trackbacks(-)