うづらのたまご

2016年02月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2016年04月
TOP ≫ ARCHIVE ≫ 2016年03月
ARCHIVE ≫ 2016年03月
       次ページ ≫
≪ 前月 |  2016年03月  | 翌月 ≫

忽然

『むかしばなし』してけっから、聞がいんね。   『むかしばなし』してあげるから、聞きなさいね   byじい



むかしむかしあるところにおじいさんとおばあさんが住んでいました

おじいさんは山に芝刈りに

おばあさんは川に洗濯に

川のかーみ

かーみのほうから

どんぶらこー どんぶらこー

『ももたろう』が流れてきました

「ずいぶんはしょったな。溺れないのか (´・_・`)」
日記 | Comments(4) | Trackbacks(-)

恒例

父『糖尿病手帳』持って、うろうろ。

どれ、怒んないから見して。

ななななな、体重一年で10kg増えてんじゃん ムスメココロのツブヤキ

ひっさしぶりに会ったら
なーんか、顔丸くなってるし
後姿の尻感っつーの?
着太り(股引なんて何枚も重ね着してっから)かなっておもってたらあーた




母、事情聴取。

「んだっーってさ  だってさ
だれー、がりがりって  ガリガリに痩せてしまって(食事制限な)
かじっこ吹いだら飛ばされるようだったんだおん  風吹いたら飛ばされそうだったから  
おら、一生懸命かしだっちゃ  私、一生懸命食べさせたわよ
ほれけ、やれけ ってかしだっちゃ  「ほら食べて、やれ食べて」って食べさせたわよ
おら、なんにもかしでねようだっちゃ  私がなんにも食べさせてないみたいじゃない
なにー、死んだらもうかいねのだがら  別に、死んじゃったらもう食べられないんだから
すぎなもの食ったほうがいっちゃ」  好きなもの食べたほうがいいじゃない

んだね。
そういう考え方もあるね。
原因あっての結果な訳で。
ああ、こんな至近距離に伏兵が。
あたし外野的ポジションだもんでね。



父がお世話になっているクリニック、主治医に挨拶。

「いづきたのっしゃ?  いつ来たの?
ああ、昨日、え?明日帰るのわ?  ああ、昨日来たの。え?もう明日帰るの?
こどもさん何年生になったのわ?  お子さんもう何年生?
こんだ高3と、中学すかわ、はえねー  今度はもう高3と中学になるのか、早いねー  
運動会見さいぐの楽しみにしてんだっけよ  (お父さん)運動会見に行くの楽しみにしてるんだよ
『おやじ』もさ、いい年だっちゃ  『おやじ(父のこと『おやじ』と呼んでくれる)』もいい年だから
あんまり厳密な制限はねー
このままでいげればいいんだげっと  このままの状態でいければいいんだけど

さすがにこごんどご体重増えすぎだどな」  さすがにここのところ体重増えすぎだよね

んだでば  そうなんだってばー

なんちゃらかんちゃらなんちゃらかんちゃら  作戦会議
14594280390.jpeg
んで、そういう感じでお願いします。



ちゃりで高校・中学・小学校ふーらふら  さくらはまだだ



『鳥っこ屋』で『手羽先』ゲット 晩ご飯大人気惣菜
14594280790.jpeg



ども
14594280970.jpeg



ちゃり乗りながら『ガリガリくん』 チャンス到来  平地でないとな  コレハ『恒例』デハナイ
14594281200.jpeg
*よいこはまねをしてはいけません



晩ごはん前 『花札』  
14594281380.jpeg
「花見で一杯」ってか



父、絶賛最下位。
「なんでじいそんなに弱い?(´・_・`)」
勝負 弱い 男 健在。




ビール飲んで、落ちる。
帰省のたんび。
日記 | Comments(6) | Trackbacks(-)

北上

やっぱり行こう じいとばあには内緒だよ

14593410640.jpeg


14616419690.jpeg


一年ぶりだね

14593412180.jpeg

「あ、山が見える(´・_・`)

14593412640.jpeg

「あ、かあさん、手あったかい(´・_・`)」 パン食べちゃったから

14593413090.jpeg

『こども』の切符、最後だね

14593414060.jpeg

「じい、びっくりするかなあ(´・_・`)」 内緒だからな

14593414730.jpeg





「お嬢ちゃんが食べたいなら300円引きのシールにすっから」
あたしなら?
「おかあさんなら100円引きっさー」
なしてー。

14593446760.jpeg




ここまで大きくなったのは
たくさんのひとの力があったから

あなたの誕生を喜んで
成長を見守ってくれたひとに
中学生になる報告と
感謝を伝えるには
顔を見せるのがたぶん




「じーい(´・_・`)」
びっくりした、きたのが?
おっきぐなったんでねえが?
ほれ、寒いがらはやぐ入れ。
日記 | Comments(12) | Trackbacks(-)

まなざし

娘(小6)の部屋、中学生仕様に改装。
仕分け中、思い出に浸るのは定番なわけで。
いや、あたしでなくてな。
娘がな。



小学校三年生のときの担任の先生は
小柄で短髪、物静かな若い男の先生で

授業前、賑やかなこどもたちを静かにさせるときも
決して大きな声を出すわけでなく
こどもたちの前で、こどもたちを見回しながら笑っているだけで
こどもたちが気づくまで笑っているだけで、教室は緩やかに静かに
休み時間は、こどもたちと校庭で
こどもたちは、そんな先生が大好きで




「あのね、『お嫁さん』見てみたいの(´・_・`)」

空がきれいな二月
初めて見る『お嫁さん』は、大好きな先生の
いつもよりすこしだけおしゃれをして
髪の毛はふたつのおだんごに
丸襟のブラウスに、はしたいろのジャンパースカート。
白いカーディガン、フリルのついた白い靴下に、黒いストラップ靴

式を終えた先生が出てきたとき
「わあ」と、こどもたち


大好きな先生と『お嫁さん』 クラスのみんなで写真
14605181130.jpeg







部屋を改装中にひらひらりん
14605143680.jpeg
面談のとき「字が下手で」と、汗かきながら言ってたけれど

こんなところをちゃんと。




これは『だいじなもの箱』にしまっておくから。
日記 | Comments(0) | Trackbacks(-)

文字

「名前が読めればいいですよ」

小学校の入学説明会で。

『えほん』と『お絵かき』が大好きなあなたに

あえて入学前に『ひらがな』を練習させることはしなかった。

たくさんの『はじめて』を楽しんでほしかったから




入学してすぐ
14605062330.jpeg



六年生
14605480000.jpeg




いっぱい覚えたね。
日記 | Comments(0) | Trackbacks(-)

ランドセル

「『フィットちゃん』のチェリーピンクがいい」

あなたが選んだランドセル。

ランドセルが歩いているようだった一年生のときから。



14596060660.jpeg




六年間、最後の日まで大切に使ったね。
日記 | Comments(2) | Trackbacks(-)

うわて

「かあさん、大河ドラマの録画がだいぶ溜まっておりますが(´・_・`)」

娘さん、チャレンジ『小学生』部門、だいぶ溜まっているようですが。

「えーんえん(´・_・`)」 絶賛うそ泣き

どーるどる

「ゆーろゆーろ(´・_・`)」


なんか最近手強くなってきたな。
日記 | Comments(2) | Trackbacks(-)

恩人

「今日で先生最後だからさ、時間あったら顔出して」
息子(高2)にそう言って、娘(小6)と病院へ。



小柄で白髪頭、いつもこざっぱり。
白衣のボタンはいつもきちんととめて。
東京下町生まれのせいなのか、落語が好きなせいなのか。
歯切れのいい話し方。

幼稚園児だった息子と、娘が生後間もなくから12年。
三年ほど前、県外にクリニックを開業されても月に二回。
車で二時間かけて診察に。
病院の関係で先生の診察がなくなると聞いたのは、昨年の夏頃だったか。
今日で最後。




「ぼくたち病院スタッフがしっかり息子さんを預かるから。おかあさん、すこし休みなさい。大丈夫だから」

覚悟はしていたものの、いざ『検査・入院』と言われ涙が。
産まれたばかりの娘の世話をしつつ、高熱と嘔吐を繰り返す息子の看病で疲労がピークに。
小児科病棟は、12歳以下のこどもを連れての面会は禁止されており。
面会時間中、母乳しか飲まない娘を托せるひともなく。
息子を入院させる決断ができずにいたときに。



「病気も怪我も、周りからは母親のせいにされちゃうんだよな。一生懸命頑張ってんのにな。外野、気にすることないぞ」

心配してかけてくれる周囲からの言葉を飲み込めずにいるときに。



「そろそろ、自分のやりたいことに目を向けてみたらいいんじゃない?仕事でも趣味でもさ」

専業主婦歴15年から職場復帰したのも。
オソラクそんな先生の言葉があったから。




分厚い娘のカルテを見ながら、思い出話。

『おっぱいを飲まなくなったら入院』そう言われ、せっせと授乳。
診察の予約日
「なんだか鏡餅みたいになっちゃったね」などと言われ。
よく見てみたらまあ確かに鏡餅感たっぷり。

顔がぽっちゃりとしてきた娘に
「『まりもまんじゅう』みたいだね」などと。
こないだ娘ぐぐってショック受けてましたよー
「やっちゃったなー、でも『まりもまんじゅう』かわいいと思うんだけどなあ」
飄々と。

「ぼくはね、今まで三度しか嘘をついたことがないんです。っていうのがそもそも嘘だから、四回になっちゃうワケっていうのも嘘だから、五回になっちゃうねーどうしよう」

バカ話中、息子顔出す。
「あ、先生最後だっていうんで、ちょっと寄りました。お世話になりました」
「おー、なんだかずいぶんがっしりしたじゃないか。頑張ってるか?」



「こどもってさ、同じときがないじゃない。成長が見られるのって、すごく面白いんだよね。小児科選んでよかったと思うよ」

じゃあ、記念に。
14588229860.jpeg


はい先生 (´・_・`)
14588230020.jpeg


「え、なにラブレター?どうしよメルアド書いてあったら」

書きませんから(´・_・`)



こどもだけでなく、私自身も支えていただいた先生にはただただ『感謝』という言葉しかなく。

「あのね、『まりもまんじゅうより』って書いたから、先生間違えないと思う(´・_・`)」

柳家小三治師匠の『ま・く・ら』教えてくれたのも先生だったな
日記 | Comments(0) | Trackbacks(-)

給食衣

ちいさなちいさな一年生。
はじめての給食当番。
ぶかぶかの給食衣に帽子がかわいくて。

『おてつだい』のおかあさんたちが「あわわわわ」してしまうほど。
その手つきは危なっかしくて。
でも、顔は真剣に配膳。

大きな給食衣にかわったのは、何年生のときだったのだろう。
ボランティアで給食衣の修理。
ボタンつけ、予備のボタンつけ、穴の修理 えとせとら

献立に『トマトソース』と『カレー』がある週の給食当番は要注意。
気を付けていても、飛びはねてしまうんだよね。
頑張ってお当番してきたんだもんね。
しみ抜きとアイロンがけは、かあさんにまかせなさい。


次は誰が着るんだろう  最後のアイロンがけ
14596061000.jpeg
お世話になりました。
日記 | Comments(0) | Trackbacks(-)

袋物

卒業式の朝。
黒のワンピースに似合うてさげを準備していたのだけれど。
「これがいい」
あなたが選んだのは。

入学前に手芸店。
どれにしようか、ふたりで生地を選んで。
てさげと、体操着袋、上靴入れを作ったっけ。
中はベージュの水玉模様。

14596060820.jpeg

最後の登校に使ってくれて
六年間、たいせつに使ってくれてありがとう。
つくる | Comments(2) | Trackbacks(-)