うづらのたまご

2016年08月 ≪  123456789101112131415161718192021222324252627282930 ≫ 2016年10月
TOP ≫ ARCHIVE ≫ 2016年09月
ARCHIVE ≫ 2016年09月
       次ページ ≫
≪ 前月 |  2016年09月  | 翌月 ≫

すりすり

「ただいまー (´・_・`)」

おかえりー。

晩ご飯のサラダ準備中。

「今日の晩ご飯なあに (´・_・`)?」

『生姜焼き丼』だよ。

「わーい(´・_・`)」 あたしの左腕に顔すりすり (´・_・`)

なついてるのか?

「ううん、汗拭いてんの(´・_・`)」

ぐーで殴っていいか?
日記 | Comments(2) | Trackbacks(-)

ノコリモノニハ

あれ?とおもったワケ(´・_・`) by 中1娘

一回ふた閉めて、考えて、もっかいふた開けて見たんだけどさ(´・_・`) 

隣の席のひとに聞いてみたワケ

「ごま塩少なくね(´・_・`)?」

「少ないね」

あれはどうかとおもうのさね(´・_・`)。




いやね
昨日の夕方までは確かにあったんだよね
夜中にごま塩舐める妖怪がいるんじゃないかなと
お弁当箱に炊き立てごはん入れて
ごま塩の瓶持ってふりかけたら


しゃらしゃらしゃらー

瓶の底で粉々になったごま塩が申し訳程度にふりかかってしまってだな
そっから『たらこ』に方向転換っつーのもどうかとおもい
そのままふた閉めちゃったんだけど
あれさ、きっと福が…



「買ってきてくれる(´・_・`)?」

あ、はい。
日記 | Comments(2) | Trackbacks(-)

ばあや

昨日植え替えした玄関先。
植物たちの配置がどうにも納得できず。
どうしたものか。

しゃがんで
これをこっちにやって
これとこれをもすこしくっつけて
ぶつぶつぶつ…



あひゃあひゃあひゃ。

14751092350.jpeg

いきなりくりちゃん登場。 ご近所のキャバリアちゃん



くりちゃーん、お散歩行ってきたのー。
「いえ、これからなんです」 by 飼い主さん

くりちゃん、元気ー。
「いえ、実は胃腸の調子が悪くて、ずっと病院通いしていました」

あれ大変、お腹痛かったの。
「もう大丈夫です。今日で病院は終わりました」

くりちゃん、なんか頭が赤いけど、どした。
「私の口紅です。コーフンして私の顔にぶつかったんです」

あはは『キスマーク』かいな


くりちゃんしゃがんだあたしの脚の間にすっぽり頭を入れ、動かず。


「もー、どうして飼い主のあたしにしないことこちらでするのー」

あはは。

「この子どうやら お隣の御主人のこと飼い主 とおもってるみたいで。
散歩から帰ると、まっすぐお隣の玄関に直行するんです。
お隣の御主人に『ただいま』をしているように見えるんです、どう考えても。
私のこと『散歩に連れてってくれるばあやくらいにしかおもってない気がしてきました、最近」

あはははは。


そーんなことないよねー、くりちゃん。
はい、お散歩行ってらっさい。
日記 | Comments(2) | Trackbacks(-)

土いじり

滴ぱらぱら
くわえたアイス 棒の向こう
あ、止んだ
突然うなだれた植物
きっとお客さんが


ロンTにジーンズ
お気に入りの麦わら帽子
長靴にしようか
いや
今日はスニーカー


シャベルで土をほっくりかえす
しゃくしゃくしゃくと
ほっくりかえす
ふるふるふる
ふるいをかける


いたいた
14751185330.jpeg
お客さん、ささ、こちらの部屋に


しゃくしゃくしゃく
ふるふるふる
ひんやりつめたいそれを
しゃくしゃくしゃく
ふるふるふる


しゃくしゃくしゃく
ふるふるふる
ひくひくひく
今日はそーっと
ちょーたんが ご近所のミニチュアダックスフントくん

14751185540.jpeg
手が泥だらけでごめんにょ


「元気ー…そうだね」
車から顔を出したヨシコさん
下った坂をUターン
「これ食べて、ちょうどよかった」
それはあおい枝豆で

14751185100.jpeg


冷えたビールが楽しみだ
麦茶ごくごく
枝豆見ながらごくごくごく
もうちょっと
指先のひんやりを




風の元に足が向く
14751096260.jpeg
いつのまにやらきんもくせい

「あ、あまいにおいがする」 by 中1娘(´・_・`)
日記 | Comments(2) | Trackbacks(-)

まふらあ

8月31日
14726905390.jpeg
毛糸買い足し4玉


9月1日
14732966520.jpeg
「なに作ってるの(´・_・`)?」
うーん、なににしようか考えながら編んでる。


9月5日
14732969200.jpeg
「なにつくるか決まった(´・_・`)?」
うーん考え中。


9月6日
14732969390.jpeg
もすこし大きな箱ないかな。 ごそごそごそ


9月7日
14732969970.jpeg
小学校時代のお道具箱発見。

「ずいぶんたまったな(´・_・`)」
うん。お道具箱貸して。
「いいよ(´・_・`)」
あはは ペンギンさんとしろくまさん、引っ越してきたもよう


9月8日
14739131250.jpeg
わわわ、きっちり並べたね。
「ふかふかして気持ちよさそうでしょ(´・_・`)」
「縁起わるそうだな」 by 高3息子
あはは


9月13日
14739135390.jpeg
「ねえ、マフラーにすればいいんじゃない(´・_・`)?」
ぷぷぷ




風邪ですっかり集中力切れる。 とか言い訳してみる




9月21日
14751129630.jpeg
「お、復活したな(´・_・`)」
へえ


9月25日
14751129900.jpeg
ちくちくちく ちくちくちく


9月27日
14756694450.jpeg
モデル ペンギンさん

誕生日のプレゼント。
遅くなっちゃったけど。
あなた(´・_・`)に。







番外編
14756695500.jpeg
真知子巻き
つくる | Comments(-) | Trackbacks(-)

やらかされる

「あれ?」

職場のドアを開けたとき思ったワケで。

相方休暇のため、本日シフトを組む新人の姿見当たらず。

いつも早め出勤の新人ではあるけれど。

たまにゃあ、こんなこともあるさね。

かーらーのー。

嵐のような午前業務の峠をすっかり越えきったころ。

「事故ではないか」と

新人にLINE、電話連絡を入れてくれていた、いつでもどこでも誰にでも物申す年下女子が

完全燃え尽き状態のあたしに持ってきた受話器。

「すんません やらかしましたby 新人

「あずきバーおごってもらってもいいかなあ」






あずきバー化ける 年下女子と一本ずつ
14751098810.jpeg

「ほんとにすんません。『午後から勤務』と勘違いしてました」 出来うる限りちっこくなってる新人約1名
日記 | Comments(4) | Trackbacks(-)

三色餅

あたしのはまきぞえを食わないように寝室に置いてあるワケだけれど。
リビングでいつも高3息子&中1娘(´・_・`)にこねくりまわされ。
だいぶいい感じに使用感が増した(汚れたとも言う)クッション。
結構な大きさであり。
これをだ。
我が家の『歩くドラム式洗濯機』なんかで洗おうなんて考えちゃったら。
『歩く』どころかだな。
『どしちゃったんだおめえさん的ダンシングなドラム式洗濯』になるのは容易に想像がつき。
仕方あるめえ。
浴槽で踏み洗いするしかあるめえ。
重いんだ、実に。
この水分を含んでしまった布団やらクッションってのは。
やたらめったら重いんだ。
『全重力をあなたにお任せします』的、ねむってしまったこどものやうに。
ずっしりと重いんだ。
けど



上から 『きなこ』『くるみ』『ずんだ』
14751102550.jpeg

洗った。
正確に言うとあたしのは干しただけ
日記 | Comments(4) | Trackbacks(-)

ジュズサンゴ

「おだいじにね」
漢方の先生のところから
ほけらとあるく商店街

古い棚の上の方
つやつやつやの赤い実が
こっちをたしかに向いていて

「かわいいですよね」
店員さんの
そんな言葉にうなづいて

この子の好きな明るさは
この子の好きな湿り気は
この子の好きないろいろを

丁寧に答えてくれる
店員さんは
この子のようにやわかくて








連れてきちゃった『数珠サンゴ』
14751109400.jpeg

「あ、かあさん好きそう(´・_・`)」by 中1娘
どストライクだよう しくしく
日記 | Comments(0) | Trackbacks(-)

目的

午前業務終了後。


で、どこに行くの?

「『信玄餅の詰め放題』だよ」 by 職場の相方

うん、場所さ。

「だから、『信玄餅の詰め放題』だって」

うーん、目的地はどこなの?

「だから、『信玄餅の詰め放題』が目的で探したバスツアーなんだって」

最終的に目指す場所はどこなの?

「んーなんか 静岡とか山梨とかあっちのほう だとおもう。

『ほうとう食べて』

『ワイン工場見学』 もあって

『信玄餅詰め放題』 やるの。

今ね、ビニール袋伸ばす練習 してんの」


あはははは。



こんな職場の相方が実にかわいいと。




後日 「18個詰めたー」 
14754196470.jpeg
た、縦に 詰め放題っちゃうんすね
日記 | Comments(2) | Trackbacks(-)

『永い言い訳』

雨の日は嫌いではない
目が醒めきらないベッドの中
ざあざあざあを耳に
あの本を読もう
そう
ベッドの中で

うろうろうろ本屋さん
題名をただぼんやり眺めながら
うろうろうろ
あ、これだ
そう
出会いはいつも直感

慌ただしい朝の時間と
雨の日仕様の家仕事
冷蔵庫を開けて、さて
夕食の献立はこれでいこう
そう
没頭できるよう

いまさっき整えたベットに寝転んで
出会ってしまった本のページををめくる






「人生は、他者だ」

『永い言い訳』  著者 西川美和さん
ほんをよむ | Comments(0) | Trackbacks(-)